1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】代表格は千葉雄大。うわさのヌクメン、誰が好き?

【Vote】代表格は千葉雄大。うわさのヌクメン、誰が好き?

【Vote】代表格は千葉雄大。うわさのヌクメン、誰が好き?

いろいろなイケメンが流行るこの国。

ブームが起こっては去り、起こっては去り。「ロールキャベツ男子」とか、どこにいったんでしょう!

でも懲りずにチェックしてしまうのがわたしたち。なんでもいまは「ヌクメン」がトレンドなのだとか。その意は、温もりと癒しを与えてくれてメンズ。温もり......。

いよいよ近づく秋、肌寒くなってくるころに、ヌクメンがそばにいてくれたら、きっと、うん、癒される。

そこでVote! 巷を賑わすヌクメンで、あなたは誰がお気に入り?

もしぬくもり系男子が部下だったら、職場でなごみそう。いや、彼らのまとうふわふわオーラに、ビジネスモード全開のあなたはイライラしちゃうかも!?

大人の女とヌクメン、相入れるのか微妙ですが、飲み仲間にひとりいると愚痴を聞いてもらえそう。吐き出しすぎると逃げられそうだけど!

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

【Vote】肉への愛が止まらない。じゃ、どうやって食べます?

【Vote】『相棒』の右京さんの相棒は誰がよかった?

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    【Vote】代表格は千葉雄大。うわさのヌクメン、誰が好き?

    FBからも最新情報をお届けします。