「いまの働き方に不満」「外の世界でスキルを上げたい」そんな風に思っていても、年齢を考えてなかなか転職に踏み切れない人も多いのでは......?

ところが、キャリアカウンセラーの中谷(なかや)充宏さんは「人材不足のいまはチャンス」と言う。

アラフォー女性が転職に成功するためのポイントを教えてもらった。

161005_career_change_1.jpg

「何のための転職か」を明確にする

転職成功の秘訣は、「何のために転職するか」を間違えないことだと中谷さんは言う。

「マクロ的には完全に人材不足。求人はたくさんあります。企業側が35歳までと募集要項に掲げていても、条件に合う人の応募がなく、年齢を上げざるを得ない状況です。ただ、どんなに能力の高い人でも、理想郷はありません。年収アップなのか、ワーク・ライフ・バランスの改善なのか、転職する目的を明確にすべきでしょう。

外資系はジョブディスクリプションが決まっており、比較的やることが明確ですが、日系企業は入ってみないとわからない部分もあります。ときにはその曖昧さを受け入れる必要もあるでしょう」(中谷さん)

また、「転職の成功」をゴールとするのは危険なのだとか。

「転職後の働き方を長期的に見ることが大切です。転職時に年収がアップしても、年俸制なら翌年に下がる可能性もありますから。

また、年収がアップするにもかかわらず、前の企業にあった小さな手当や福利厚生にこだわりすぎて、踏み切れない人もよく目にします。木を見るだけでなく、しっかりと森も見てもらいたいですね」(中谷さん)

「キャリアゴール」を設定する

20161006_career_02.jpg

2つめのポイントは、築きたいキャリアを明確にすることだ。

「安泰と思える会社に入れても、会社が傾いたときに立ちゆかなくなるのはリスクです。

従って、スキルを磨く方向でキャリアを築いていくのがおすすめです。自分が積み上げたいスキルを設定しておくとよいでしょう。逆に、ハードワーク過ぎる状況から脱却し、ワーク・ライフ・バランスを改善しながらスキルを磨くのもひとつの選択です。

『最後の転職にしたい』『自分に合った会社を探したい』という人も多い年齢。いまはかなり精度の高いクチコミサイトなどもありますから、社風やブラック企業の度合いなども事前に測れます」(中谷さん)

傷つくのを怖がらず、みずからアプローチする

20161006_career_03.jpg

3つめのポイントは、みずからアプローチしていくこと

「求人があるのに、アプローチせずに諦めてしまう女性は多い。例えば、『40歳くらい』と書かれているから43歳の私はダメだ、と思ってしまうんです。会社の人事は、完璧な求人情報を出しているわけではない。いい人がいれば、多少条件に合わなくても採りたいと思っています」(中谷さん)

ただ、アプローチしてNGだったら傷ついてしまう。それが怖いのでは?

「傷つくのが怖い気持ちはわかります。その場合にはキャリアカウンセラーなど、第三者の専門家を活用するのもひとつ。『このスキルで、この条件の求人を探すのは戦略として間違っていない』とお墨付きをもらうこと。

実現する手応えが得られたら、あとは数をこなすだけです。何十社も落ちてから、最後に数社まとめて受かる場合もありますから」(中谷さん)

また、子育て中の人は、会社に与える影響も気がかりだ。

「制度が充実していない中小企業では、子どもが小さいことに抵抗をもたれる可能性もあります。そこでは、『病気のときには実家や病児保育に預けられる』など、対策をしっかり伝えておくべきでしょう」(中谷さん)

別のアプローチが必要な「事務職」と「超ハイキャリア」

20161006_career_04.jpg

少し別のアプローチが必要な人たちもいる。事務職と超ハイキャリアの女性だ。

「今後もしばらくは売り手市場が続くでしょう。ただし例外もあり、事務職の人にはやや厳しい状況。倍率は4倍といわれています」(中谷さん)

事務職しか経験のないアラフォー女性が転職をするためには、数年間の収入を犠牲にしてでも資格を取得するなどの「武装」が必要だという。おすすめは、語学力は必要だが公認会計士よりは易しいUSCPAだとか。

「また、超ハイキャリアの女性にも、求人はそうそうない。そこで、人事へ直接連絡をして、採用を勝ち取った方がいました。女性活躍推進法により、大手企業は女性管理職を増やしたいと考えています。そのため、キャリアも実力もある女性はウェルカムなのです」(中谷さん)

中谷さんいわく、内定だけを目的として、書類や面接スキルを磨くのは難しくないのだとか。ところが、それでは入社してからの苦労が目に見えており、幸せなキャリアは築けない。

幸いにも、年齢は障壁になりづらくなっている。進みたい方向が今の会社にないなら、「何のために転職するか」「キャリアゴールはどこか」を考え、傷つくのを恐れずにチャレンジしてみては?

中谷(なかや)充宏

キャリアカウンセラー
同志社大学法学部法律学科卒。NTT(日本電信電話株式会社)勤務後、キャリアカウンセラーとして独立。マンツーマンで転職支援を行い、日本トップクラスの「転職のパーソナルコーチ」として活躍。一流企業社員や米国MBAホルダーからハンデ層まで、幅広い年代や属性の方々の転職を支援し、社会保険労務士としての経験から企業側の採用心理や実情も熟知している。

あわせて読みたい

ぐっと背中を押してくれる。挑むことをやめない女性たち【まとめ】

流されて転々としたキャリア。自分が主体になれる生き方へ舵を切る【エグゼクティブ・コーチ和気香子さん】

胸のすくような潔さ。フランス元文化相フラール・ペルランの転身

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。