1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自分を変える、カラダを変える。女40歳、ランイベントデビュー #ラン部

自分を変える、カラダを変える。女40歳、ランイベントデビュー #ラン部

自分を変える、カラダを変える。女40歳、ランイベントデビュー #ラン部

走る喜びを知ったあの日から、ライフスタイルの変化を実感する日々。走るために早起きをする、休日は距離を延ばして川沿いをランニング......。

忙しいことを理由に、これまで運動らしい運動をしてこなかった自分が嘘のよう。編集長みずからが走るcafeglobeラン部。いよいよランイベントデビューです!

モチベーションアップの秘訣は大会エントリー

20161016_run_02.JPG

ランニングを長続きさせるためには、モチベーションを保つことが大切。距離を少しずつ延ばす、目標タイムを設定するなど、ひとつずつクリアすることで走る楽しさを実感することができるから。

走りに少し自信が持てるようになったら、大会にエントリーをしてみよう。

とはいえ、初心者がいきなりフルマラソンやプロのアスリートが参加する公式大会にエントリーするのは自虐行為。5キロ、10キロなどレベルに合わせた距離を選びたい。今回cafeglobeラン部がエントリーしたのは、「なぜ女たちは走るのか? ランの向こう側を見に行こう」でお話を伺った宇田川佳子さんが実行委員長を務める「ランガール★ナイト」。東京、お台場にある潮風公園・太陽の広場をメイン会場に、5km/10kmランと、さまざまなアクティビティを体験することができるとか。

女性による、女性のためのランガール★ナイト

20161016_run_03.JPG

約1200名の女性ジョガーたちがエントリーするランガール★ナイト。女性による、女性のためのイベントというだけあり、会場は華々しい雰囲気。汗をかいても崩れにくいメイク講座や、ヘアアレンジ講座などが行われていた「Kirei Tent by @cosme」では、すでにヘルシーコンシャスな女性たちで賑わっています。

20161016_run_04.jpg

ヨガや体幹トレーニングなど話題のエクササイズが体験できる「Exercise Tent」では、楽しみながらエクササイズを堪能。さまざまなイベントに参加することで自然にウォーミングアップができるのもうれしいところ。

20161016_run_05.JPG会場にはキッチンカーも多数登場。初ランでも、会場にいるだけで楽しめる雰囲気です。

達成感と充実感に満たされて

cafeglobeラン部がエントリーしたのは5キロラン。レインボウブリッジや東京湾の美しい景色を眺めながらフラットなコースを走ります。

16時30分、いよいよ5キロランがにスタート。いつものジョギングとは異なり、沿道の声援が耳に心地よく響きます。

20161016_run_06.jpg20161016_run_07.JPG

ここでの共通点は女性であること、走る喜びを知っていることだけ。戦うべき相手は自分自身。気がつくといつも頭の片隅にあった悩みは消え、ランを心から楽しんでいる自分がいました。

そして不思議なことがもうひとつ。一人、練習で走っているときはつらいのに、沿道の声援が背中を押してくれるのです。「人って、誰かの応援でこんなにも励まされるんだ」と初めて体験して感動。

20161016_run_08.jpgゴールのテープを切った瞬間、からだを満たしたのは達成感と充実感。疲労困憊のはずなのに、編集長が口にした言葉は「走るって楽しい!」

20161016_run_09.JPG

20161016_run_10.jpg

走ることに理由を求めていたけれど、答えはとてもシンプルなのかもしれない。

走ることが好きだから―。

そこから得られる美しいボディラインやポジティブな思考は、美しく、しなやかに、たくましく生きるためのエッセンス。走る喜びを知ったわたしは、去年の自分より輝いているはず。

10年後のわたしへ―。今日も走っていますか?

ランガール★ナイト

あわせて読みたい

緊急提言:痩せたいと願う40代のあなたへ【エリカ・アンギャル愛の言葉】

ヒールからランニングシューズに履き替えて。女40歳、皇居を走る #ラン部

女40歳、走ると決めた。ランニングシューズの選び方 #ラン部

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

ねこ りょうこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    自分を変える、カラダを変える。女40歳、ランイベントデビュー #ラン部

    FBからも最新情報をお届けします。