しとやかな女性らしい姿からは想像もつかない、芯の通った仕事観。クラウドサービスを提供するセールスフォース・ドットコムで中小企業向けの営業を担当する大竹葉月さんは、初めての外資系企業ながら物怖じせず仕事に取り組んでいる。
目をキラキラと輝かせながら、仕事や顧客、製品への想いを語る。

プリセールスエンジニアから人材会社へ

大学時代から理数系。農学部でバイオサイエンスを学んでいた。富士通へ入社し、技術者として営業の支援をするプリセールスへ。技術者ながらSEではなく、より顧客に近いコンサルティングのような仕事に魅力を感じた。

4年ほど働いた後に転職を考え、転職エージェント会社へ登録。そこで対応してくれたキャリアカウンセラーに魅力を感じ、同社に入社する。まずは企業の考え方を知るために営業を担当したものの、転職エージェントのビジネスモデルに多少の疑問を感じる。
つい、転職の件数を追ってしまう傾向がなきにしもあらずだったのだ。そこでキャリアを考え直した。

161019_salesforce_1.jpg

「じつは富士通で働いていたころから、セールスフォース・ドットコムは気になっていました。知り合いが勤めていて、評価制度の公平性や、やりがいなども聞いていました。もともと、自分にはとうてい届かないと思っていましたが、営業を経験したいまなら、チャレンジできるかもしれないと」(大竹さん)

ちょうど募集があり、縁あってセールスフォース・ドットコムへの入社が叶う。現在は、中小企業を顧客とする営業担当で、業種を問わず対応している。

「製品に合わせてお客様を変えるのではなく、お客様のニーズに合わせて製品を組み合わせられます。要望とズレがないので、自信を持って営業できるのが喜びです」(大竹さん)

過去のノウハウを参考にでき、わからないことも聞きやすい環境

入りたかった会社とはいえ、初めての外資系企業。カルチャーのギャップなどに戸惑いはなかったのだろうか。

入る前に『みずから動かなくてはならない』という気負いはありましたが、入ってみると辛さはあまりなかったですね。社内で使っているシステム内にドキュメントが蓄積されていて、いつでも参考にできますし、質問するとたくさんの方が回答してくれます。
また、先輩方に質問をして『忙しいからあとにして』と言われたことは一度もないくらい、ていねいに教えてくれます」(大竹さん)

161019_salesforce_2.jpg

エントランスにはハワイの香りが漂い、リラックスできる空間

コアタイムがないスーパーフレックス制で、週2日の在宅勤務もできる。成果を上げてさえいれば自由に働ける環境だが、逆に成果がなかなか上がらない人にとって辛い場合もあるのでは?

成果が上がらない人には、上司がトレーニングプランを考えてくれます。成績がよいとき、よくないときを分析して、弱いところを補うようなプログラムを提供してくれるのです。ちゃんとこなして、飛躍的に活躍できるようになった人も知っています」(大竹さん)

また、長時間働く人ばかりが活躍しているわけでもない。子育てをしながら働き、毎日午後4時に帰っているマネージャーもいるのだとか。

会社に貢献したいから、将来はマネージャーに

インタビュー中も、仕事に熱中しているようすが見て取れる大竹さん。むしろ、仕事ばかりになっている、なんてことはないのだろうか。

「会社でボランティアを推奨していて、先日は、日本語の絵本にタイ語のシールを貼って現地に送るお手伝いをしました。また、自分の家からプレゼントになりそうなものを持ち寄り、クリスマスシーズンに発展途上国の子ども達へギフトとして贈ることも。
忙しいなかでも社会貢献ができる上、ボランティアによってどんな効果があったかフィードバックがもらえるのはありがたいです」(大竹さん)

161019_salesforce_3.jpg

応接スペースは丸の内を一望できる開放的な雰囲気

161019_salesforce_4.jpg

自社のソーシャルメディアの動きが瞬時に把握できるセンター。外資系ならではのスタイリッシュなオフィスも、社員のモチベーションにつながっている。

ほかにも、土日はしっかり休んでリフレッシュしている。

「休みの日には、夫とふたりでバーベキューに行くのが好きです。ちょっと遠出して山へ行き、自然に触れるようにしています」(大竹さん)

今後は、マネージャーとして活躍する道も見据えているという。現在、マネジメントの勉強もしているのだとか。

「自分のキャリアを考えていくなかで、みずから走りきるだけでは会社に還元できません。マネジメントのメソッドをしっかり学び、人を育てていきたいです。外勤の女性はまだまだ少ないので、自分の持つノウハウを伝えることで、女性が増えて会社が活性化してくれれば」(大竹さん)

「仕事が大好き」という大竹さん。イキイキと働く女性のロールモデルとして、同じように活力のある女性をたくさん育成していくのだろう。

大竹葉月

セールスフォース・ドットコム コマーシャル営業本部 アカウントエグゼクティブ。大学卒業後、富士通に4年間勤務。その後人材サービス会社で営業を1年経験し、セールスフォース・ドットコムへ入社。現在は、業種を問わず、中小企業向けの営業を担当している。

Salesforce - セールスフォース・ドットコム

撮影/土佐麻理子