1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 脚の細見えキレイは40デニール。機能搭載型のちょい透けストッキング

脚の細見えキレイは40デニール。機能搭載型のちょい透けストッキング

2,076

脚の細見えキレイは40デニール。機能搭載型のちょい透けストッキング

こんにちは、カフェグローブ編集部なりきりファッションバイヤーのアヤコです。本日は「ちょっぴり透ける40デニール以下の美脚黒ストッキング」をご紹介します。

90年代に起きた生脚ブームの後、タイツやレギンス、トレンカが人気となり、ストッキング業界は長らく不遇を迎えていました。

が、昨今(2010年ころと言われています)、ストッキングの存在を知らなかった若い世代によって、ストッキング熱は再燃させられました。ストッキングとは通常30デニール以下を指しますが、近年ではもう少し厚手の40デニールの需要も高まっています。

さらに、発熱効果や伝線しにくいなど、美脚効果にプラスαの機能を搭載させたタイプが多数登場しています。仕事ファッションの必需品、ちょっぴり透けて脚が美しく見える機能派を5つセレクトしました。

寒い季節もあったか

アツギ

アツギ / 2,268円(3足/税込)

足首に12hPaの圧をかけ、むくみにくくする<圧>シリーズ。さらにLASER HEATという光発熱素材を使用し、寒い季節でも暖かい設計に。

>>この商品が欲しい

擦れても毛玉ができにくい

グンゼ

グンゼ / 1,296円(2足/税込)

毛玉は、摩擦により繊維の先端が毛羽立つことでできる。この毛羽立ちをおさえたのが『サブリナ』。椿オイル配合で保湿性に優れ、デオドラント効果もあり。

>>この商品が欲しい

伝線も怖くない

re_161020_stocking_1.jpg

グンゼ / 1,620円(3足/税込)

穴が開いた時、伝線が広がりにくいタイプ。足首にもっとも強い13hPaの圧をかけ、膝、太ももにかけて圧を弱めるグラデーション着圧でむくみを撃退。

>>この商品が欲しい

視覚効果で美脚を狙う

re_161020_stocking_2.jpg

フクスケ / 1,620円(3足/税込)

脚の両サイドに陰影ができるオリジナルのシャドウ編みを採用した、美脚見え効果の高いストッキング。足首に12hPaの圧がかかる。

>>この商品が欲しい

ヒップアップで足長に見せる

re_161020_stocking_3.jpg

トゥシェ / 1,944円(3足/税込)

テクニカルアイテムを多数揃える『トゥシェ』。こちらはヒップアップ仕様になった小尻効果の高いタイプ。横縞がないゾッキサポートなので伸縮性も抜群。

>>この商品が欲しい

私自身、ストッキングは伝線しちゃいそうで......という理由でタイツ派だったのですが、ストッキングの進化に驚きました。

ストッキングの透け感から生まれるニュアンスを生かしたコーディネートを考えると、ファッションの楽しみの幅も広がりそうですね。

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    脚の細見えキレイは40デニール。機能搭載型のちょい透けストッキング

    FBからも最新情報をお届けします。