1. Home
  2. キャリア
  3. 【Vote】もっと高みを目指すべく。誰のアドバイスなら聞きたい?

【Vote】もっと高みを目指すべく。誰のアドバイスなら聞きたい?

【Vote】もっと高みを目指すべく。誰のアドバイスなら聞きたい?

コミュニケーションを円滑にするための心理学モデルに「ジョハリの窓」があります。

ジョセフ・ルフトとハリー・インガムという2人の心理学者が提唱したもので、自分自身を"開放の窓(公開された自己)"、"盲点の窓(自分では気づいていないけれど他人は知っている自己)"、"秘密の窓(隠している自己)"、"未知の窓(自分も他人も知らない自己)"と4分類し、開放と盲点の2つの窓を中心に自己分析を進め、自身の成長を促すための考え方です。

ここで着目したいのは、自己発展には他人の目=アドバイスが必要であると定義づけられていること。

自分なりの思考が形成されつつあるカフェグローブ世代。女性の先輩を頼りにするとしたら、著名人でいえば例えばどんな人からの助言を受けてみたいですか?

アドバイスを直接もらわずとも、その人の生き方やスタイルをお手本にすることで自分が磨かれることもありそう。

忙しさに振り回されがちですが、ふとしたときに自分を振り返ってみつつ、素敵だと感じる人に近づけるよう、思い巡らせる時間を持つのも大事かもしれません。

こちらもおすすめです

【Vote】東京オリンピック、ぶっちゃけどう思います?
【Vote】今宵の大事な一杯め、何を飲む?

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    【Vote】もっと高みを目指すべく。誰のアドバイスなら聞きたい?

    FBからも最新情報をお届けします。