1. Home
  2. キャリア
  3. 【Vote】勝手に期日前投票! ヒラリーとトランプ、どちらを選ぶ?

【Vote】勝手に期日前投票! ヒラリーとトランプ、どちらを選ぶ?

【Vote】勝手に期日前投票! ヒラリーとトランプ、どちらを選ぶ?

いよいよ迫ったアメリカ大統領選。

テレビ討論会を経て、一時はヒラリー・クリントンが優勢、いやもう決まりじゃない? などという声も出ていましたが、ここへきてドナルド・トランプ逆転の説も。こんなにも直前まで、しかも僅差で戦う大統領選はいまだかつてあったでしょうか。

本国アメリカでの投票は2016年11月8日で、開票は日本の9日の朝から。その前に、アメリカでの選挙権はない身ではありますが、勝手に"期日前投票"をしちゃいましょう!

両者のいずれが大統領に決まっても、経済、軍事などあらゆる面で日本への影響は大。

投票日ギリギリまで情勢は読めないので、しっかりウォッチを。

こちらもおすすめです

【Vote】東京オリンピック、ぶっちゃけどう思います?
【Vote】今宵の大事な一杯め、何を飲む?

文/カフェグローブ編集部

photo by Getty images

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    【Vote】勝手に期日前投票! ヒラリーとトランプ、どちらを選ぶ?

    FBからも最新情報をお届けします。