ハロウィンも終わり、ついにクリスマスシーズン到来!

そこのあなた、「まだ2ヶ月もあるじゃない」と思っていませんか? そんな油断をしていると、あっという間にクリスマスはやってきてしまいます。

食の経験豊かな大人の女性なら、もうありきたりでは嫌。スタイリッシュさ、ラグジュアリー感のある素敵なクリスマスにしたくなってしまうもの。であるならば、もういまから動かなければなりません。

ということで、2016年カフェグローブでお届けしたクリスマスケーキの記事を一気にご紹介。こちらを参考に、さっそく予約を!

THEクリスマスな定番が勢ぞろい

20161106_matome_01.jpg

大人のクリスマス、準備はもう始まってる。ザ・リッツ・カールトン東京のクリスマスケーキ

ザ・リッツ・カールトン東京のケーキは「キャラメルマロン ブッシュドノエル」や、サンタのソリを模した「ピスターシュ ラズベリーオレンジ」、「ブッシュドノエル」など全部で6種類。さらに『ザ・バー』でクリスマス限定カクテルが登場するなどイベントも盛りだくさんです。

カラーが目を引くスタイリッシュさ

20161106_matome_02.jpg

聖夜は飽きるほどぜいたくがいい。東京マリオットホテルのクリスマスケーキ

ニューヨークからインスパイアされたスタイリッシュさが魅力の東京マリオットホテルのケーキ。繊細に飾り付けられ、その見た目はまるでモダンアートのよう。ラグジュアリー感あふれるうえに、もちろん味も極上なので、大人のクリスマスにうってつけ。

まさかの豹柄。ほかにはない個性派ケーキ

20161106_matome_03.jpg

愛らしい見た目、でも大人味。豹柄クリスマスケーキってありかもしれない

今年はなんだか弾けたい気分ならこれ! ANAインターコンチネンタルホテル東京のケーキはなんと豹柄。それもそのはず。このケーキをプロデュースしたのは、"厨房のピカソ"と名高いピエール・ガニェール氏。味も見た目も意外性をもって楽しませてくれます。

ショートケーキ好きならこれ一択

20161011_mandarin_02.jpg
プレミアム フレーズ ド ラックス リミテッド エディション 18cm、20,000円

2016年クリスマスは週末。そろそろ気合い入れて本命ケーキを決める

やはりケーキの定番といえば、いちごのショートケーキ。しかもそれが2段ときたら最高に気分良し。そんなショートケーキがマンダリン オリエンタル 東京から登場。このほかに「フレーズ ド ノエル」も用意されているのでショートケーキ好きは要チェックです。

ラグジュアリーの極み。玉手箱です

20161106_matome_05.jpg

これが究極かも。まるごと食べられる玉手箱のクリスマスケーキ3万円也

「とにかくラグジュアリーなものを!」という方にはこちら。目黒雅叙園内にある『メゾン・ジェ・トウキョウ』が発売するのは「玉手箱 de Noel」。お値段も別格ではありますが、重厚感、高級感、特別感などは、数あるクリスマスケーキのなかでも随一。

いかがでしたか? どのケーキにもそれぞれ魅力があって迷ってしまいます。2016年のクリスマスを素敵なものにするためには、いまの時期から準備に動きだす必要があります。

キャリア女性たるものプライベートにおいても"仕事の早さ"をがっつり発揮していきましょう!

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock