1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

1,251

「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

ニューヨークやパリ、ロンドンと世界の大都市を訪ね、おもな美術館は網羅してきたわたしたち。でも、地方都市にもあるすばらしい美術館だって見逃せません。

ルイス・カーンの代表作品が本館

アメリカ屈指の珠玉が、キンベル美術館。ダラスの西、車で1時間ほどのフォートワースにあります。この街は、むかし家畜取引所があったので、「cowtown(牛の街)」と呼ばれているんです。

20161128_northview.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas; constructed 1969-72 View from the northwest corner Louis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

1972年、地元の富豪、キンベル夫妻のプライベートコレクションを展示するために開館しました。

キンベル夫妻の設立した基金が運営しているというのも、驚きです。特別展は有料ですが、入館とコレクション常備展は無料なのもうれしい。

20161128_kam_gallery2.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas; constructed 1969-72South galleriesLouis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

コレクションもすばらしいのですが、なんといっても注目してほしいのは、建物そのもの。世界的な建築家、ルイス・カーン設計。かまぼこ型の天井はうちっぱなしのコンクリートなのに自然光がたっぷり入って明るい。そして、光はアートには直接当たることはないという、目をみはる秀逸な構造になっています。

そのすばらしさは、ぜひこの空間に身をおいて実感してほしいところ。清々しい雰囲気にリラックスしていると、あっという間に数時間は過ぎてしまいます。

レンゾ・ピアノによる別館も必見

20161128_kimbell_laprelle_9992.jpg
South view, Renzo Piano Pavilion, October 2013Kimbell Art Museum, Fort Worth, TexasPhoto by Robert LaPrelle

長年、ルイス・カーンの本館のみだったのですが、増えるコレクションを展示するために、3年前に別館が完成しました。本館と庭に美しく調和した別館は、イタリアの建築家、レンゾ・ピアノによるものです。

いまでは「レンゾ・ピアノ・パビリオン」の名称で、すっかりおなじみ。本館とともに、アート愛好家に愛される建築の仲間入りを果たしました。

ミケランジェロ最古の作品はここで観る

20161128_2009michelangelo.jpg
Michelangelo Buonarroti, Italian (1475-1564) The Torment of Saint Anthony, c. 1487-88Tempera and oil on panel181⁄2 x 131⁄4 in. (47 x 34.9 cm)Kimbell Art Museum, Fort Worth

コレクションの目玉は、なんといっても、ミケランジェロの『The Torment of Saint Anthony』。彼が12、13歳のときの作品で、確認されているものでは最古のものと言われています。

遠くの背景や、細かい筆使いもわかるほど間近で見られるこの作品。テクニックはもちろん、わずか12、3歳でこんなテーマを取り上げるなんて、目をみはらずにはいられません。

この作品を前に、ルネッサンス時代とミケランジェロにゆっくり思いをはせることができます。

訪問する価値あり

コレクションだけではなく、特別展示もエジプトやアジアアートから印象派まで、さまざま。現在は、モネの初期の作品にフォーカスした「Monet: The Early Years」が開催中です。

20161128_buffet.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth,texas; constructed 1969-72 The Buffet Restaurant's dining area, with Syrian mosaics and the Maya Stela with a RulerLouis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

本館の中にあるカフェでは、アートに囲まれながら、ゆっくりと軽食やデザートのひとときを。金曜日の夜には、カクテルと音楽が楽しめるイベントもあります。

別館が建てられる以前、広々とした庭は一面の芝生でした。いまでは庭は狭くなってしまったけれど、建物と緑の芝生の美しいコントラストは、1991年に初めて訪ねたときからずっと変わっていません。

テキサスのダラス地区を訪ねることがあったら、ぜひフォートワースまで足を伸ばしてみてください。キンベル美術館、いちおしです。

Kimbell Art Museum, U.S.News and World Report

Photos courtesy of Kimbell Art Museum

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

    FBからも最新情報をお届けします。