1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

ニューヨークやパリ、ロンドンと世界の大都市を訪ね、おもな美術館は網羅してきたわたしたち。でも、地方都市にもあるすばらしい美術館だって見逃せません。

ルイス・カーンの代表作品が本館

アメリカ屈指の珠玉が、キンベル美術館。ダラスの西、車で1時間ほどのフォートワースにあります。この街は、むかし家畜取引所があったので、「cowtown(牛の街)」と呼ばれているんです。

20161128_northview.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas; constructed 1969-72 View from the northwest corner Louis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

1972年、地元の富豪、キンベル夫妻のプライベートコレクションを展示するために開館しました。

キンベル夫妻の設立した基金が運営しているというのも、驚きです。特別展は有料ですが、入館とコレクション常備展は無料なのもうれしい。

20161128_kam_gallery2.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth, Texas; constructed 1969-72South galleriesLouis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

コレクションもすばらしいのですが、なんといっても注目してほしいのは、建物そのもの。世界的な建築家、ルイス・カーン設計。かまぼこ型の天井はうちっぱなしのコンクリートなのに自然光がたっぷり入って明るい。そして、光はアートには直接当たることはないという、目をみはる秀逸な構造になっています。

そのすばらしさは、ぜひこの空間に身をおいて実感してほしいところ。清々しい雰囲気にリラックスしていると、あっという間に数時間は過ぎてしまいます。

レンゾ・ピアノによる別館も必見

20161128_kimbell_laprelle_9992.jpg
South view, Renzo Piano Pavilion, October 2013Kimbell Art Museum, Fort Worth, TexasPhoto by Robert LaPrelle

長年、ルイス・カーンの本館のみだったのですが、増えるコレクションを展示するために、3年前に別館が完成しました。本館と庭に美しく調和した別館は、イタリアの建築家、レンゾ・ピアノによるものです。

いまでは「レンゾ・ピアノ・パビリオン」の名称で、すっかりおなじみ。本館とともに、アート愛好家に愛される建築の仲間入りを果たしました。

ミケランジェロ最古の作品はここで観る

20161128_2009michelangelo.jpg
Michelangelo Buonarroti, Italian (1475-1564) The Torment of Saint Anthony, c. 1487-88Tempera and oil on panel181⁄2 x 131⁄4 in. (47 x 34.9 cm)Kimbell Art Museum, Fort Worth

コレクションの目玉は、なんといっても、ミケランジェロの『The Torment of Saint Anthony』。彼が12、13歳のときの作品で、確認されているものでは最古のものと言われています。

遠くの背景や、細かい筆使いもわかるほど間近で見られるこの作品。テクニックはもちろん、わずか12、3歳でこんなテーマを取り上げるなんて、目をみはらずにはいられません。

この作品を前に、ルネッサンス時代とミケランジェロにゆっくり思いをはせることができます。

訪問する価値あり

コレクションだけではなく、特別展示もエジプトやアジアアートから印象派まで、さまざま。現在は、モネの初期の作品にフォーカスした「Monet: The Early Years」が開催中です。

20161128_buffet.jpg
Kimbell Art Museum, Fort Worth,texas; constructed 1969-72 The Buffet Restaurant's dining area, with Syrian mosaics and the Maya Stela with a RulerLouis I. Kahn (1901-1974), architectPhotograph: Robert LaPrelle © 2013 Kimbell Art Museum, Fort Worth

本館の中にあるカフェでは、アートに囲まれながら、ゆっくりと軽食やデザートのひとときを。金曜日の夜には、カクテルと音楽が楽しめるイベントもあります。

別館が建てられる以前、広々とした庭は一面の芝生でした。いまでは庭は狭くなってしまったけれど、建物と緑の芝生の美しいコントラストは、1991年に初めて訪ねたときからずっと変わっていません。

テキサスのダラス地区を訪ねることがあったら、ぜひフォートワースまで足を伸ばしてみてください。キンベル美術館、いちおしです。

Kimbell Art Museum, U.S.News and World Report

Photos courtesy of Kimbell Art Museum

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    「牛の街」が誇る世界レベルのミュージアム(前編):キンベル美術館

    FBからも最新情報をお届けします。