【ビジネス手土産 #11】優しい甘さは思いやり。世界最高峰のはちみつギフト

【ビジネス手土産 #11】優しい甘さは思いやり。世界最高峰のはちみつギフト

食欲の秋が過ぎ去り、寒さが本格化してくると、手土産を選ぶ際にも"ぬくもり"や体への"気遣い"などが、キーワードとして上位に上がってきます。

年末進行に追われ、誰もが心身の酷使を余儀なくされているこの時期こそ、打てば響く、ビジネス手土産のベストシーズン。形だけになりがちなビジネスシーンでのお歳暮も、実は先方との距離をぐっと縮めてくれる可能性を秘めているのです。

わたしの個人的な好みや思い出などに基き、厳選した手土産をご紹介しているこの連載。12月の初回となる今回は、自分が辛かったときにいただいてうれしかった記憶から。優しさに溢れ、年末のホームパーティーへの手土産や、お歳暮にもぴったりのギフトをご紹介します。

自分がもらってうれしいものを、贈る

161205_gift_1.jpg
専用の瓶に詰められたギリシャ産はちみつのセット。「ギリシャからの贈り物」4,250円(税別※ギフトボックス150円)

荻窪に本店を構えるはちみつ専門店『ラベイユ』のはちみつが、脳内手土産リスト内に定位置を確保することになったのは、およそ5年前。わたしの身体が人生でいちばんズタボロだったとき。

人間、弱っているときの優しさは、いつも以上に沁みるもの。その時期に友人たちから受け取ったギフトは、いまでもすべて記憶に残っています。そして、そんななかでも、ひときわ深いところまでじんわりと沁みたのが、『ラベイユ』のはちみつと「はちみつドリンク」のセットでした。

優しい甘さに癒され、生姜入りの「はちみつドリンク」で身体を温めるたびに、友人の優しさを感じ、さすがのセンスに感服。以来、はちみつという存在が、わたしのなかでギフトとして艶やかに輝く存在となりました。

もちろん、購入するなら『ラベイユ』です。

世界最高峰のはちみつは、ギリシャからの贈り物

161205_gift_2.jpg

『ラベイユ』には、世界中から集められた約80種ものはちみつが並んでいます。そのどれもが、選び抜かれた上質なもの。

なかでも世界最高峰と謳われるのが、ギリシャ産のはちみつ。たとえば、ギリシャの雨が降らない地域に生息する野生のタイムは、根を30mも伸ばすほど生命力に溢れているのだとか。だからこそ、その花から採れるはちみつも、濃厚な味わいになるのだそうです。

そして、この最高峰のはちみつには、それにふさわしい特別なパッケージが用意されています。ギリシャ産のものだけは、瓶が左右に小さな耳のある壺型なんです。

高級感のあるヒンジ型のブラックボックスに納められたその姿からは、自分で買うものとは違う"贈り物として選ばれた特別なはちみつ"であるということが、お渡ししたときからしっかりと伝わるはずです。

161205_gift_4.jpg

高級感のある包装紙やショッパーもビジネスシーンにフィット。

同店で現在取り扱うギリシャ産はちみつは、5〜6種類。そのなかから今回セットにしたのは、濃厚な味わいで「はちみつの王様」とも呼ばれる「タイム」と、爽やかでマーマレードのような味わいの「オレンジ」。

161205_gift_1-2.jpg

濃厚でコクのある「ギリシャ タイム」2,300円(税別)、爽やかな「ギリシャ オレンジ」1,800円(税別)。

「タイム」はフレッシュチーズやいちごと好相性。紅茶に入れれば味わいを深め、茶葉の香りをいっそう華やかにしてくれます。フルーティーな「オレンジ」は、ヨーグルトやバゲットにはもちろん、白カビのチーズや肉料理にも。

どちらも、朝から晩まで活躍させるシーンには事欠きませんが、シャンパンやワインが好きな方なら、夜の出番が多くなるかもしれませんね。

豊富な選択肢と、頼れるソムリエ

うれしいことに、なんと『ラベイユ』では、80種すべてのはちみつがテイスティング可能です。贈るお相手を想像しながら、ぜひ自身で味わい、選んでみてください。それぞれに合う食べ方なども丁寧に説明してくれますよ。

瞬間でピンとくるかもしれませんし、あっちかこっちかと悩みに悩むかもしれません。どちらにせよ、実体験が伴うものを選ぶことほど、手土産に説得力を生み、思いを込めることができる手段はないと、わたしは思います。

そのほか、はちみつを使用したコンフィチュールやドリンク、店舗によってはスイーツなども揃っており、渋谷・銀座・丸の内などの主要ターミナルに店舗があるので、急に手土産を調達しなければならないときにも心強い存在です。

それともうひとつ。この時期のプチギフトに重宝するのが、はちみつ入りキャンディ。電話口から喉の荒れや疲れを感じたら、「プロポリスキャンディ」や、アクティブマヌカをぜいたくに使用した「マヌカキャンディ」をさりげなく渡してキュンとさせちゃいましょう。(わたしなら、きっと好きになってしまう......)

161205_gift_6.jpg

はちみつとプロポリス抽出液に、カリン、ハーブ、梅のエキスも配合された「プロポリスキャンディ」450円(税別)

そう、師走はチャンス! なのです。

もちろん、恋愛に効く手土産の話ではなく、あくまでビジネス手土産のお話ですよ。

ラベイユ(本店)

住所:東京都杉並区天沼3-27-9
電話:03-3398-1778
営業:10:00〜19:00

http://www.labeille.jp/index.html
(※オンラインショップあり)

撮影/さくらい しょうこ

あわせて読みたい

【ビジネス手土産 #11】優しい甘さは思いやり。世界最高峰のはちみつギフト

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。