1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #23 恋も断捨離。今年出会った男たちを棚卸しよう【大人の恋愛リハビリ講座】

#23 恋も断捨離。今年出会った男たちを棚卸しよう【大人の恋愛リハビリ講座】

大人の恋愛リハビリ講座

#23 恋も断捨離。今年出会った男たちを棚卸しよう【大人の恋愛リハビリ講座】

今年も残すところあとわずかとなりました。年末が近づくと、巷ではその年のハイライトをまとめたりと、年の瀬らしい総評を多く目にするようになります。あなた自身も、一年を振り返る時期ではないでしょうか。

最近は、年賀状を出す人も減ってきました。だけど人間関係の棚卸だけは、年末までにやってみることをおすすめします。

「今年出会った男」たちを棚卸する

まずはアドレス帳を開いてください。その中で「今年出会った男」について、一通りノートに名前を書いてみましょう。

そのとき「仕事だけの繋がり」「ただの友達」「発展の可能性アリ」の3つに分類してください。出会った場所やシチュエーションは問いません。来年からの接し方をベースに、棚卸してみるのです。

すべて書き終えたら数えてみてください。出会った人数のうち、何人が「可能性」の枠に入りましたか?

「可能性」を来年へと発展させよう

可能性に入れるのは、何も恋心を抱いている相手とは限りません。あなたが相手を多少でも「男」として意識した相手は、すべて可能性を秘めた男です。

「もう一度会いたい」なら、年明け早々に誘ってみればよし。趣味やスポーツなどの共通点があるならば、気軽に声をかけてみればいいのです。

これまでの接点で話したことを思い出し、次に繋げてみることが、小さな可能性を大きくする一番の方法です。大事なのは、うやむやなままにしないこと。放置していたら、可能性は限りなくゼロのままになってしまいます。

どんな男性も、女性からの誘いは嬉しいもの

恋のチャンスを逃さない女は、自分からアクションを起こすことにためらいがありません。常にモテる女でも、男性に対しては、何らかの誘い水を投げかけているものです。

相手からのお誘い待ちというのは、みずからチャンスを潰すようなもの。あなたが「声をかけずにいられない」ほどのいい女ならともかく、そうでないなら、受け身な態度は傲慢としかいいようがありません。

どんな男性も、女性から誘われるのは嬉しいのです。たとえ好みじゃなくても、誘われるという好意を不快に思う人はいません。あなた自身、ぜんぜん好きじゃない男性でも「また会いたい」と言われたら、悪い気はしないでしょう? 男性だって同じです。

誘いかけるのに勇気は不要。女友達を誘うこととプロセスはひとつも違いません。難しく考えないほうが、相手も構えずOKしやすくなるのです。「可能性」枠に入った男は、数稽古のつもりで全員誘ってみましょう。

実際は、緊張しないではいられないと思います。誘い慣れていなければ、勇気だって必要でしょう。これまであなたを誘ってきた男たちも、平常心ではなかったはず。あなたのために、一生懸命勇気を振り絞ったのかもしれません。

誘いに乗ってくれるかわからない相手に声をかけるのは、簡単じゃないからこそ嬉しいのです。それをわかっているから、女性からの"勇気"を男性は好意的に受け止めるのです。

新しい年は、あなたの「可能性」を、もっともっと大きくしていきましょうね!

image via Shutterstock

島田佳奈

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    #23 恋も断捨離。今年出会った男たちを棚卸しよう【大人の恋愛リハビリ講座】

    FBからも最新情報をお届けします。