1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 正直、若く見られたい。40代から取り入れるならこの3色

正直、若く見られたい。40代から取り入れるならこの3色

正直、若く見られたい。40代から取り入れるならこの3色

どうしても黒を着ることが多い冬。でも黒は、シワや目の下のくすみなどを目立たせてしまうNGカラーのようです。

そこで、カラーエキスパートのケイト・スミスさんがアドバイスする、顔映りよく、フレッシュに見せてくれる3色を紹介します。

肌を艶やかに見せるのはターコイズ

A photo posted by Reformation (@reformation) on

色白のひとは手首の静脈の色を確認。青く見えたら青みがかったターコイズを、緑っぽく見えたら緑にちかいターコイズを選びましょう。肌の色が濃いひとは青と緑の中間くらいのカラーがおすすめです。

WHOWHATWEAR」より翻訳引用

艶やかな肌は、美を語るうえで欠かせないエッセンス。身につけるだけで美肌を叶えてくれるなら、黒を着ている場合ではありません。

服のほかに、ターコイズといえば、デニムと相性抜群のジュエリーを持っているひとも多そう。青緑色の貴石は肌をより美しくみせてくれます。

アイリス・アプフェルもターコイズがとてもお似合いです。

色見本のパントーンが発表した2017年のカラーは緑。ターコイズカラーのアイテム、これから見る機会が増えそうです。

色白肌にはレッドバイオレット

キャンペーン中のヒラリー・クリントンがこの色を着ているときと、他の色を着ているときとをくらべてみて。レッドバイオレットを着ると彼女がどんなに若くみえるかわかれば、あなたも試してみたくなるはず。

WHOWHATWEAR」より翻訳引用

パステルピンクは躊躇するひとにも、青みがかったバイオレットは甘さが少ないぶん挑戦しやすいピンクと言えそう。

たしかにこのカラーを着たヒラリーは肌の白さが際立って、いつもより若くパワフルに見えます。

黒が手放せないなら。挑戦すべきはニューブラック

定番カラーが黒なら、それを避けるのも難しいですよね。それなら、チャコールグレーやネイビーブルーなどの深い色に挑戦してみて。黒よりあなたを引きたたせる色だということに気がつくはず。

WHOWHATWEAR」より翻訳引用

黒を着ておけば、とりあえず無難。そんな考えからも着るものに悩んだら手に取ってしまいがちなカラーです。たしかに便利ではありますが、それと自分を魅力的に見せてくれるかは別のよう。

人気ファッションブロガー&イラストレーターのギャランス・ドレはニューブラックの達人。グレーやネイビーを多用することでシックなイメージを残しつつ、柔らかな透明感を感じさせます。

黒のコートが制服のようになりがちなこの季節。これら3色をストールやトップスで顔まわりに取りいれれば、肌だけでなく気分も明るくしてくれそうです。

ちょっと冒険に思えるカラーは、年明けのセールでトライしてみても良いかもしれません。

WHOWHATWEAR

image via Shutterstock

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 時は金なり。貴重な時間をロストする落とし穴ってこんなにある!

    6. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法

    9. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    10. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    9. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    10. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    10. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    正直、若く見られたい。40代から取り入れるならこの3色

    FBからも最新情報をお届けします。