その買い物、あなたの意志ではなかった。お金の使い方に影響を与えるもの

lifehacker

その買い物、あなたの意志ではなかった。お金の使い方に影響を与えるもの

食事をしたり、公共交通機関やタクシーを利用したり、ショッピングをしたり。毎日何かしらお金を使います。その使い方はあなたが決めているはず。

お金の管理はきっちりと。それが大人の女性、ですよね。

でもじつは、そう思っているのは自分だけ。お金の使い方は、周囲から大きな影響を受けているようです。

他人の基準に流されていない?

私たちは、お金をどのように使うかを、自分の収入をまわりの人と比べてどう思うか、また過去にどのようにお金を使ってきたかを規準に決めているのです。

ライフハッカー[日本版]」より引用

確かに、近しい女友達がどれくらいファッションにお金をかけているか、どんな食事をしているか......など気にならないといえば嘘になります。ついSNSウォッチングしてしまったり。

さらに「あの美容クリームよかったわよ」とすすめられたら、多少高価でも「あの人も使っているのなら」と買ってしまうこともあるのでは? でもその判断は本当に正しいのでしょうか。

しかし、近所の人が確定申告の内容でも教えてくれない限り、私たちはその人の本当の収入を知る由もありません。個人的なお金に関する決断を、まったくの思い込みや嘘の情報を元に決めている可能性があります。

ライフハッカー[日本版]」より引用

普段よく行動をともにする友人、知人でも、収入や支出を正確には把握していないはず。そんな不確かな情報を自分のお金の使い道の判断基準にしてしまっているのです。それも無意識のうちに。

今後はこのことを頭に起き、「自分のお金は自分の意志で使う」と心に言い聞かせましょう。無駄な支出が減り、より有意義にお金を使えるはず。

ライフハッカー[日本版]

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

あわせて読みたい

その買い物、あなたの意志ではなかった。お金の使い方に影響を与えるもの

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。