「目標を立てるだけ」の女は卒業。華麗に達成させる3つのコツ

lifehacker

「目標を立てるだけ」の女は卒業。華麗に達成させる3つのコツ

年初という大きな節目に1年の目標を立てた人も多いのでは。

でも、その目標、いつも達成できていますか? 忙しさから挫折してしまったり、目標を立てたことすら忘れてしまったり、イメージ通りに達成できる人はきっと多くないはず。そこで今年こそ目標を軽やかに達成させるために、3つのコツをご紹介します。

ちょっとしたことで目標達成率は大きく変わる

目標を書き出してシェアする

目標の数を最小限に抑える

S.M.A.R.T(スマート)な目標を設定する

ライフハッカー[日本版]」より引用

ドミニカ大学のGail Mathews博士の研究によると、目標を書き出すと達成率が44%、目標をシェアすると達成率が78%も向上するそう。そうとあらばやらない手はありません。友人や同僚に話したり、SNSで発表したりするといいかもしれませんね。

つい張りきって多くの目標を立ててしまうこと、身に覚えがあるのでは? でも数が増えると優先順位が曖昧になり、どれから手をつけていいかわからなくなってしまいます。

なので目標は3つまでにしましょう。ちょっと少なすぎるように感じるかもしれませんが、大きな目標を設定すればおのずと小さな目標に分かれていくので大丈夫。

S.M.A.R.Tとは、Specific(具体的)、Measurable(測定可能)、Achievable(達成可能)、Relevant(関連性あり)、およびTimely(期限あり)のこと。大きな目標を掲げるのはいいことですが、達成できない目標を抱えてもストレスが溜まるだけ。現実的なものを目標にしましょう。

また、いつまでに達成するのかなど、具体的に目標を設定することも大切。そうすれば、達成させるためのスケジュール立てをすることができるからです。

このように、いくつかのコツさえ掴めば、目標達成率はぐんとアップします。もう2017年の目標を立ててしまったという人も、このコツを踏まえて微調整を。

ライフハッカー[日本版]

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

あわせて読みたい

「目標を立てるだけ」の女は卒業。華麗に達成させる3つのコツ

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。