1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【ビジネス手土産 #13】美しく、鮮やかに。記憶に残るデセールとガトー

【ビジネス手土産 #13】美しく、鮮やかに。記憶に残るデセールとガトー

ビジネス手土産

【ビジネス手土産 #13】美しく、鮮やかに。記憶に残るデセールとガトー

新年のあいさつ回り。会社で決まったお年賀が用意されていても、それでは済ませられないお相手もいますよね。セレクト、手配に頭を悩ませていませんか?

わたしが実際に手土産を買いに通うお店から、だれかに贈るタイミングを狙っている逸品まで、脳内手土産リストの中身を出し惜しみなくご紹介しているこの連載。2017年も、お役立ていただければ幸いです。

罪深きまでの美しさに、ほろ苦さを潜ませた、大人のためのプリン

今回ご紹介するのは、赤坂『リベルターブル』森田一頼シェフによるラグジュアリーなグラスデザート「アンファン」。そう。年が変わっても、ビジネス手土産にぴったりの美しいグラスデザート熱は続行中です。

森田シェフの「プリンにイチゴをのせて食べるのが好きだった」という幼少時代の記憶から生まれた「アンファン」。

記憶は時を経て、洗練された大人のためのデセールに。上部には、ほろ苦いキャラメルのジュレ。トップにはイチゴとローズ。甘酸っぱい記憶にほろ苦さと艶を足して昇華した、この艶やかなデセールは、深紅の指先が似合うあの人へ。

20170109_gift_02.jpg
シェフの幼少時代の記憶から生まれた「アンファン」496円。上部はほろ苦いキャラメルのジュレ。イチゴとローズで飾られた艶やかな逸品。

料理とデセールの垣根を越えた、唯一無二の世界

2008年にフランスから帰国した森田シェフは、フレンチレストラン『ランベリー』のシェフパティシエを務めたのち、2010年、南青山の地でフレンチレストランとして『リベルターブル』をオープン。

コース構成や食材においては料理と菓子の垣根を越えながら、あくまでパティシエの技でアプローチする唯一無二の世界観は、トップクオリティの味と表現を体験し尽くした東京の食通たちから熱い視線を浴びました。

そして2011年、レストランとしての『リベルターブル』は一旦その幕を下ろし、新たなステージへ。催事への出店やケータリングなど拠点を持たない活動時期を経て、2013年、テイクアウトのお菓子をメインとした現在の赤坂店をオープンしました。

オープンするやいなや、美しい店構えとショーケースの中のお菓子たちに、赤坂の大人たちが魅了されたのは言うまでもありません。拠点がないあいだ待ちわびていたファンも、そう遠くはない地での再出発に歓喜したことでしょう。

その後、銀座、渋谷とターミナルポイントに2店舗を出店し、現在は計3店舗。どちらも利用頻度が高い駅なので、購入する必要性がないときでもしょっちゅうショーケースに吸い寄せられているわたし。ウィンドーショッピングです。目の保養です。

と思いながらも、「これはおいしいもの」と脳が知っているので、眺めるだけではすませられない日も。初「アンファン」も、自分で自分のために購入しました。

高級感も、驚きも、スマートに

もう一品、ビジネスシーンでの手土産として強い味方になってくれるのが、「ケイク オ トリュフ ノワール カルヴァドス」。ベースとなる生地の質感はあくまでクラシカル。そこへ贅沢に黒トリュフを織り込み、カルヴァドスの香りを纏わせた、同店のスペシャリテです。

20170109_gift_04.jpg

黒トリュフ入りとは言っても、ケイクサレのような塩味のものではありませんが、シャンパーニュやワインとも好相性。スリムなフォルムにさりげなく散らされた金箔が上品な輝きを添え、しっとりとした大人の時間にこそふさわしいガトーです。シャンパーニュの開くホームパーティーや、おめでたいシーンでの手土産にもぴったり。

こちらは日持ちがしますし、高級感がありながらも、本体、箱、ショッパーすべてがスリムでシンプルなので、お渡しから召し上がっていただく瞬間まで実にスマート。ビジネスシーンにおいて、スマートであるか否かは、とても重要なポイントですよね。

20170109_gift_03.jpg
スペシャリテ「ケイク オ トリュフ ノワール カルヴァドス」2,592円(税込)。

伝統と確かな技、そして真摯な姿勢があってこその自由

森田シェフの世界に触れると、驚きや感動とともに、実直に努力して磨かれた確かな技があってこそ、斬新なアイディアも奇抜に映らず、本当においしいお菓子に仕立て上げられているのだということを感じます。

これは、どの世界にも通ずること。信頼される基盤があってこそ、自由な発想をのせることが許され、歓迎される。そんなビジネススタイルを目指していること、手土産で伝えてみませんか?

リベルターブル(赤坂店)

住所:東京都港区赤坂2-6-24 1F

電話:03-3583-1139

営業:11:00〜21:00

定休日:不定休

http://libertable.com

※オンラインショップあり

撮影/さくらい しょうこ

醍醐由貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    【ビジネス手土産 #13】美しく、鮮やかに。記憶に残るデセールとガトー

    FBからも最新情報をお届けします。