1. Home
  2. キャリア
  3. 【Vote】いますぐ捨ててしまいたいものは?

【Vote】いますぐ捨ててしまいたいものは?

【Vote】いますぐ捨ててしまいたいものは?

年が明けると気持ちがスッと切り替わって。去年までこだわっていたものが急に色あせて見え、執着心がなくなったり。

たとえば服。クローゼットを開けると、ずいぶん袖を通していない服がごちゃっとなっている。靴だって、衝動買いしたまま出番がなくて埃をかぶっていたりするやつ......。

気持ちが新たなになったこのタイミングで捨てないと、そのままずるっと断捨離のきっかけを失って、不要なものを溜め込んでしまいかねません。

さあ、さっそくバサッと捨てるとしたら、どれ?

何となく気乗りしない交流、面倒な人間関係もいっそ切り捨ててしまいましょう。年末年始に会えなかった(連絡すら取れなかった)曖昧な関係性の男とか......。

仕事もそう。ストレス過多でモヤモヤするぐらいなら、変えてみるのもあり。思いきって手放してみると、なぜ固執していたのかわからないほどすっきりするかも。

人間の時間は有限だから、2017年はみずから環境を整えて、心地よく暮らせる状態を維持していきたいですね。

こちらもおすすめです

【Vote】バスト、子宮。カラダから目をそらさないで
【Vote】ここはケアを手抜きしていい? こっそり聞きたいオンナのカラダ

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    【Vote】いますぐ捨ててしまいたいものは?

    FBからも最新情報をお届けします。