1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #29 過去の恋愛経験を新しい恋の足かせにしていませんか? 【大人の恋愛リハビリ講座】

#29 過去の恋愛経験を新しい恋の足かせにしていませんか? 【大人の恋愛リハビリ講座】

大人の恋愛リハビリ講座

#29 過去の恋愛経験を新しい恋の足かせにしていませんか? 【大人の恋愛リハビリ講座】

よくも悪くも年輪分、誰もが人生を積み重ねています。なかでも魂を揺さぶられるような過去は、なかなか忘れることができないでしょう。

恋愛は、その最たるもの。

思春期の多感な時期に味わった残酷な失恋。初めて結婚を意識した20代に深くつき合った恋人の刷り込み。刹那の不倫で知ってしまった大人のずるさ......。

いまの「あなたにとっての恋愛」を形成しているのは、ルーツをたどればすべて「過去に強く影響された」ものではないでしょうか。

「もう二度とあんな思いはしたくない」と臆病になってしまったり、どの男からも本気で愛されないと疑心暗鬼になってしまったり、「また浮気されるのでは」と不信感を抱いてしまったり。

過去のトラウマが深く多くなるほど、新しい恋は難しくなりがちです。

しかし、過去の傷も多いはずの"恋多き女"は、立ち直りも早いせいか、次の恋へと進むのも早いもの。むしろ厄介なのは、トラウマ重い足かせとなり、次の恋に進めず時間だけが過ぎてしまったアラフォー女性。

逆説的ですが、いつまでも傷が癒えなかったのは、恋を更新しなかったから。過去のトラウマは時間が解決するものもありますが、むしろ「別の男と恋愛する」荒療治のほうがずっと効果的。「男の傷は男で癒せ」は、ただの慰めではなく真理なのです。

足かせとなるのは、何もトラウマばかりではありません。「あんないい男とは、この先もう出会えないかもしれない」という自己ベストな過去も、新しい恋を阻む足かせとなります。

恋の想い出は、時間が経つほど澱が沈んで水が澄まされるように、徐々にキレイなものへと変化します。些末なケンカを繰り返していたことは忘れ、激しく求められたその恋のピークだけが、過去の栄光のように残り続けます。

いい想い出もイヤな想い出も、インパクトの強かったものは、記憶からなかなか抜けません。記憶を無理に消すことはできなくても、風化させることは可能です。

そのためには、思い出す時間をなくすこと。頭の奥の引き出しから引っ張り出さないよう努めること。

過去が足かせになっている人ほど、新しい男に出会うたび、過去のデータベースをサーチする癖がついています。無意識レベルで「あの恋と同じパターンではないか」「あの男とタイプが似てるのではないか」と当てはめて、前に進むのを恐れてしまうのです。

どんな男も、世界に存在するのはただひとり。あなたを傷つけた男とこれから出会う男は別人です。「過去の男」という無用なフィルター越しに見るのは失礼千万。あなたが好きな男から同じように見られたら、不快だとは思いませんか?

同じ過ちを繰り返すとしたら、その原因はあなたにあります。同じパターンで恋が進むとしたら、あなたの態度や行動が当時から成長していない証拠。過去の男のせいにしているから、当時の自分から脱皮できないのです。

あなたはもう、昔のあなたではありません。歳を重ね、幼稚な振る舞いを自制できるくらいには、大人のいい女になったはず。

大人には、自身の選択に伴う責任や覚悟が備わっています。ならばもう、同じ失敗を繰り返す心配は要らないのです。

もっと心をニュートラルにし「いま」だけを意識していれば、おのずと自分にふさわしい恋が見つかるはず。心の足かせは切断し、いまだからできるステキな大人の恋に身を投じて。あなたが描く幸せな未来は、前へと進んだその先にあるのです。

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    2. フィンランドからやってきた、心を軽くする小さな絵本

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 楽しく、挫折せず、身になる「学び方」って?/立教大学教授 中原 淳さん #02

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

    7. 起業家って、まるで旅人。一歩一歩で世界が変わる

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    10. 仕事のパフォーマンスを上げる「食事のスキル」

    1. 高収入の人が毎朝やっていること

    2. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    3. 「知らなかった」じゃ遅すぎる、世界標準の仕事のルール

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. すごくいい!晴雨兼用の優秀レインパンプス/青木貴子の「仕事の洋服」#02

    6. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    7. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

    10. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    #29 過去の恋愛経験を新しい恋の足かせにしていませんか? 【大人の恋愛リハビリ講座】

    FBからも最新情報をお届けします。