1. Home
  2. コミュニケーション
  3. #30 人生あと何回セックスできるか、考えたことありますか?【大人の恋愛リハビリ講座】

#30 人生あと何回セックスできるか、考えたことありますか?【大人の恋愛リハビリ講座】

大人の恋愛リハビリ講座

2,981

#30 人生あと何回セックスできるか、考えたことありますか?【大人の恋愛リハビリ講座】

本能が求めるもの(食欲など)は、満たされれば幸せを感じ、満たされなければ渇望感を抱きます。

では性欲についてはどうかといえば、女性はそもそも男性ほど性欲が強くないこと、解消手段がセックスとは限らないことなどから、あまり重要視していない人が多いのではないでしょうか。

恋愛とセックスはイコールではありません。そのことは、大人のあなたならもうとっくにわかっているはず。

恋愛は、カタチこそ年齢とともに変化するものの、いくつになっても「できなくなる」ことはありません。きっとこの先も、魅力的な男性にときめく場面はあると思うし、パートナーと愛を育んでいく楽しさは持ち続けることでしょう。

しかしセックスについてはどうでしょう。

大人の恋愛は、セックスの意義も変化する

「恋愛のカタチが変わる」ことのひとつに、恋愛におけるセックスがマストではなくなる未来があることを、あなたは想像したことがありますか?

セックスは、性的魅力と性的能力のどちらが欠けても成立しません。若い時分は、制御できない性欲が恋愛をややこしくする事象も多く散見されましたが、大人の男女においては、適度に落ち着いた性欲と失うことのない理性により、逆に恋もセックスも成立しづらくなります。

個人差はありますが、肉体の衰えにより性的能力が低下すると、とくに男性は自信を失い、恋愛感情を素直に出せなくなることもあります。同様に女性も、体型の変化や老化により自信を失い、男性に口説かれても拒絶してしまうことも。

男女が愛し合うことに、必ずしもセックスはマストではありません。挿入や射精が伴わなくても、互いの肉体を愛でるスキンシップは最高の愛情表現です。

あなたの肉体は、まだ互いを絶頂に導くセックスを望んでいるかもしれません。だとしたら、これから先意識したほうがいいのは、男性を奮い立たせるだけの性的魅力を備えておくことと、性的能力のある男性を選ぶこと。

40代の男と女は、セックス面において分岐点を迎えます。ずっと若いころと変わらない精力をキープできる男性や、若いころよりずっとセクシーになる女性がいる一方で、以前のように異性を抱きたい/抱かれたいという情熱が薄れはじめる男女もいるのです。

「抱かれたい」欲求と上手に向き合おう

これから先、歳を重ねるほどセックスは「性欲に支配される行為」ではなくなります。「愛情を確かめ合う行為」としても、以前と同じようにはできなくなるかもしれません。(相手の年齢や体力によって個人差はあるので一概には言えませんが)。

セックスという行為が好きな女性もいれば、あまり好きではない女性もいるでしょう。だけど愛する男に「抱きたい」と求められるプロセスに、女性としての喜びを感じなかった女性はいないはず。

女の時間を有限にするも無限に楽しむもあなた次第。だけど「女として抱かれる瞬間」は、永遠ではないかもしれません。

抱かれたいと思ったときに、ためらわない。抱きたい男は、自分から口説く。

「この先、あと何回セックスできるか」。大人の女として後悔のない選択をするためには、この質問を自身の心に問いかけてみてください。

image via Shutterstock

島田佳奈

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを