1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】バレンタインのチョコレート、そもそも誰かに贈る?

【Vote】バレンタインのチョコレート、そもそも誰かに贈る?

【Vote】バレンタインのチョコレート、そもそも誰かに贈る?

おいしいチョコレートが市場に溢れるバレンタイン。うっかり、自分が世界のリュクスなショコラを満喫するイベントだと思い込んでいたのは、大人の女のご愛嬌。

そうそう、告白の日、ですよね。

とはいえ告白の機会なんて人生にそう何度もないし、みなさんのバレンタイン事情が気になります。

あなたのチョコレートの行方は?

仮に本命の好きな男がいたとして、バレンタインにチョコレートをあげて「好きです」っていうのも、なんだか照れくさい。逆に、わたしたちぐらい大人の女がやるとキュンとしてもらえるかも......?

いや、冷静に考えて、自分で食べましょう。そして誰かに贈る。女友達や、部下であったり同僚であったり。「義理」だなんて管理職の立場からオフィスで配るのも妙だし、そこはシンプルに日ごろの感謝の気持ち、の意味で。

そんな「シェアチョコ」ぐらいのスタンスがちょうどいいかもしれません。

こちらもおすすめです

【Vote】キャリア女性として投資しておくべき仕事バッグの中身は?
【Vote】いますぐ捨ててしまいたいものは?

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    【Vote】バレンタインのチョコレート、そもそも誰かに贈る?

    FBからも最新情報をお届けします。