特別講座はパリで。人気ブーランジュリーの味を学ぶ大人のパン教室

特別講座はパリで。人気ブーランジュリーの味を学ぶ大人のパン教室

春はスタートの時期。仕事の責任が重くなったり、移動や転職で気分が張りつめたりする人もいるでしょう。そんなときは気分転換が大切。リフレッシュにぴったりな習い事を見つけました。

本場パリのブーランジュリー・パティスリー『メゾン・ランドゥメンヌ』のパンづくりが学べる「エコール・ルヴァン・ダンタン」です。

パリの味を再現しながら、文化も学ぶ

20170215_ecole_1.jpg

フランスのエスプリを日本に伝える架け橋になるべく開校された「エコール・ルヴァン・ダンタン」では、日本のいわゆるパン教室とは一線を画した、本格的なブーランジュリーのパンのつくり方が学べます。

フランスでの経験を持つパン職人が講師ということで、日常を忘れ、自分時間の充実のための学び場としてキャリア女性も多数、受講しているのだそう。受講者のなかには、夢中になりすぎてプロ育成コースに転向する人もいるほど。

20170215_ecole_3.jpg

それほどパンづくりは奥が深く、追求したくなるもの。そのためか、単発のレッスンを受けることもできますが、多くの人は年間レッスンを受講するといいます。

実際につくったパンは、すべて持ち帰ることができます。レッスン後の試食は、先生が一緒に焼いたものをいただくので、自分がつくったものとの味や舌触りの違いもわかり、パン職人のすごさを改めて実感できます。

試食会には、サラダやチーズはもちろん、ワインまであるのでちょっとしたパーティ気分にもなれますよ。

スペシャル・レッスンはパリで開催

通常のレッスンと、シーズンごとのスペシャル・メニューのレッスンが開催されますが、なかでもスペシャルなのが、代表の石川芳美さんと行く「フランスのパンと食文化に触れる旅」です。

今年は4月17日から25日の開催で、現在申込み受付け中で定員になり次第締め切るそうです。「メゾン・ランドゥメンヌ」の故郷であるパリのお店でのレッスン、ほかのブーランジュリーもめぐり、すてきなディナーも2回ついてくるパリの食文化を学ぶツアー内容です。

日本でパンづくりを経験して渡仏すると、より感動するそう。研修といっても大人向けのツアーなので、日本航空利用で三ツ星ホテルに滞在しながらの研修、という贅沢な内容。9日間の日程で、ディナーも2回、なんと石川芳美さんの自宅でカクテルパーティーも開催してくださいます。

ただ、旅に出るというのではなく、何かを学ぶ旅というもの新鮮かもしれません。自分のスケジュールをやりくりして出かけられる立場の大人女性でならではの旅です。

20170215_ecole_5.jpg

とはいえ、パリ行きの予定が合わない場合、ホワイトデーに向けて行われるクロワッサンとパン・オ・ショコラの特別レッスンを受講するのもおすすめです。こちらは店頭に並ばないため、このレッスンでのみ味わえるレアものですよ。

エコール・ルヴァン・ダンタン, メゾン・ランドゥメンヌ

あわせて読みたい

特別講座はパリで。人気ブーランジュリーの味を学ぶ大人のパン教室

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。