1. Home
  2. ライフスタイル
  3. この春、大胆カラーリップに挑戦する。大人仕様は、どれ?

この春、大胆カラーリップに挑戦する。大人仕様は、どれ?

春のキャリアビューティ

この春、大胆カラーリップに挑戦する。大人仕様は、どれ?

イギリスの動物学者、デズモンド・モリスは、1967年に出版した著書『裸のサル』で、女性は唇を赤くすることで男性を魅了するようになった、という説を唱えました。にわかに信じがたいのですが、あながち否定できないと表明している学者もおり、初版刊行から50年経っても真偽のほどははっきりしていません。

動物学的に魅惑的か否かはともかくとして、美しい唇の持ち主に目を奪われてしまうことがあるのはたしかです。

折しも今春のリップ製品のトレンドは、大胆なカラーリング。

発色・テクスチャーの心地よさ・持続性の三拍子を兼ね備えた、キャリア女性にこそおすすめのカラーアイテムを3品ご紹介します。

チャレンジングな色を上品に見せるポイントは、潤い・艶・輝きです。

とろけるような潤い

20170223_careerlip_1.jpeg

大胆リップカラーがトレンドとなっている背景には、服のチアフルな色をメイクにもリンクさせるという、今季のファッション事情が絡んでいます。

<ディオール アディクト ラッカー スティック>のカラーラインナップは、パステル、ネオン、クラシック、ワイルドの4つのカラーカテゴリーからなるポップな色味と艶のある発色を誇る全19色。バターのようにとろける潤い感と透明感が、肌や表情の明るさを底上げしてくれます。

ディオール アディクト ラッカー スティック

全19色(限定4色)、各3,900円

問い合わせ:03-3239-0618(パルファン・クリスチャン・ディオール)

※2017年3月10日(金)発売

パルファン・クリスチャン・ディオール

サテンの艶

20170223_careerlip_2.jpg

『ジバンシイ』の新リップシリーズ<ルージュ・アンテルディ>の注目色は、"禁断の赤"と名付けられた濃密なレッド・カラー「No.13」。最新テクノロジーで細かく粉砕された色素が見たままの発色を誇るため、とてつもなく赤いのでは!? と塗るまではドキドキするけれど、希少なブラック・ローズ・オイルが唇を優しく包んでくれて、光を受けたサテンのようなエレガントな艶を纏った赤リップに仕上がります。

ルージュ・アンテルディ

全21色、各4,000円

問い合わせ:03-3264-3941(パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]お客様窓口)

[パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]]

金色の輝き

20170223_careerlip_3.jpg

2017年の流行色・ゴールドもリップに取り入れてしまいましょう。

24Kのゴールドダストを贅沢に詰め込んだ『ロレアル パリ』の<カラーリッシュ ルルージュ>の新色「ゴールド」は、唇に上品な輝きをプラスしてくれます。煌めくヌーディカラーを楽しむ単体使用もいいけれど、ベースにレッドやピンクを塗っておき、ゴールドを重ねる組み合わせ使用がベター。仕事後に約束がある時など、さっと重ねると一気に華やぐお助けアイテムです。

カラーリッシュ ルルージュ

G101ゴールド 1,800円(編集部調べ)※新色はゴールド含め2色

問い合わせ:03-6911-8483(ロレアル パリお客さま相談室)

ロレアル パリ

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    この春、大胆カラーリップに挑戦する。大人仕様は、どれ?

    FBからも最新情報をお届けします。