1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 【Vote】本日、勝負の日。お仕事メイクで、気合を入れるのは?

【Vote】本日、勝負の日。お仕事メイクで、気合を入れるのは?

【Vote】本日、勝負の日。お仕事メイクで、気合を入れるのは?

仕事上の大事なアポイントがあるとします。「気合いを入れてメイクするぞ!」という時、どこに重点をおきますか?

明るい"肌づくり"なのか、ハッとさせるような"リップメイク"なのか、凛とした印象に導いてくれる"アイブロウ"か、目を見て話すからこその"アイメイク"なのか。はたまた"ヘアスタイル"でいつもと違う感じを演出するか。

気合を一点に集中させるなら、さて、どこでしょう。

下瞼から頬骨の高い位置にかけての逆三角形ゾーンが肝だと、スキンケア製品の販売スタッフに聞いたことがあります。理由は、人の視線は目元から頬くらいに注がれることが多いから。が、下瞼は血流が悪く、クマのように黒ずみがち。この部分の肌づくりを徹底しておくと、肌が綺麗に見えそうなのです。

でもたしかに美しい肌に仕上がった日は、自分に自信が持てますよね。

が、筆者個人的な答えとしては、眉であります。韓国の骨気サロン取材で、エステティシャンから「平面顔」という認定をされた筆者。凹凸がないぼんやり顔に凛々しさを与えてくれるのは、少しオーバー気味に描いた眉だと信じております。よって前髪がかかって眉が見えなくなるなんてことがないよう、前髪の伸び具合への配慮は普段から欠かせません。

みなさんは、いかがでしたでしょうか。

こちらもおすすめです

【Vote】叶恭子にマツコ・デラックス。72時間限定で人生交代できるなら誰?
【Vote】モラハラ・バツイチ・イケメン貧乏。地球に残った男はこの3人、誰と結婚する?

文/カフェグローブ編集部

photo by Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    【Vote】本日、勝負の日。お仕事メイクで、気合を入れるのは?

    FBからも最新情報をお届けします。