1. Home
  2. キャリア
  3. 社員はすべて女性。「自慢できる社長」であり続けたい【美容家 山本未奈子さん】

社員はすべて女性。「自慢できる社長」であり続けたい【美容家 山本未奈子さん】

インタビュー/働くあなたに伝えたいこと

4,108

社員はすべて女性。「自慢できる社長」であり続けたい【美容家 山本未奈子さん】

日々、めまぐるしく変わりゆく美容業界にいながら、第一線で活躍し続ける美容家・山本未奈子さん

会社を設立して9年目のいまでも「仕事が楽しくて仕方ない」と目を輝かせる。「社員満足度100%を目指す」と語る、その原動力はどこにあるのか。

美容家、経営者、妻、3人の子どもの母という顔を持ちながら、時間を工面する方法は? 気になる美容法についてもヒントをうかがった。

人生が変わった32歳、ニューヨークの美容学校を首席で卒業

美しい母に憧れ、中学生で美容雑誌を読みあさり、高校・大学生でデパートの化粧品売場で情報収集に明け暮れた。山本さんは、筋金入りの"美容オタク"を自称する

中高・大学時代を過ごしたイギリスから帰国し、総合商社に就職。転機が訪れたのは32歳のときだった。夫の転勤に伴って渡ったニューヨークで、美容への情熱が再び目を覚ますことに。

「結婚・出産を経て、子育てをしながら自宅で英会話教室を開いていた時期もありました。ニューヨークで専業主婦となり、どうしようと思っていたときに、主人が『そんなに美容が好きなら、あきらめないほうがいいんじゃない?』って言ったんです」

それまで漠然と「いつかは起業してみたい」と思っていた山本さん。せっかく美容の最先端であるニューヨークにいるんだからと、一から勉強して資格をとることにした。

アメリカではエステティシャンの資格は国家資格。勉強はとても大変でした。子どもを保育園に送ってから学校へ行き、夕方子どもを迎えに行って寝かしつけてからまた勉強。でもまったく苦ではなかったですね」

努力の甲斐があって、美容学校を首席で卒業。その後しばらく、非常勤講師として母校で教鞭を執ることになる。ちなみに美容学校の卒業試験は全米1位の高得点。その記録はいまだに破られていない。

「正しいスキンケアを日本の女性に伝えたい」

20170313_minako_yamamoto_2.jpg

ニューヨークで最先端の美容知識を得るなかで、日本で常識とされる美容法とのかい離に気づく。

「洗顔で例を挙げれば、日本では当時ダブル洗顔が当たり前でした。でも洗いすぎることで肌のバリア機能は低下。ダメージを受けやすくなり保湿力も下がってしまいます。私がニューヨークで学んだスキンケアを日本の方に伝えられればと思い、ブログをはじめました。それが編集者の目にとまって本になったのが『今まで誰も教えてくれなかった -極上美肌論-』です」

2009年に帰国し、当時はまだ誰も名乗っていなかった「美容家」を肩書きに。本格的に美容の道、そして経営者の道を歩み始める。

「帰国してすぐにとりかかったのが、化粧品ブランドの立ち上げでした。自分の理想の化粧品を作ろうと、入れたい成分に徹底的にこだわりました。でも工場をいくつまわっても断られ、『もっと原価率を考えないとビジネスになるわけがない』と叱責されることも」

試行錯誤ののちに生まれたのが、「SIMPLISSE(シンプリス)」。メンズラインやインナーケアアイテムにも山本さんの知識と熱い情熱が込められ、長く愛されるブランドとして成長を続けている。

社員満足度100%の会社を目指して

20170313_minako_yamamoto_3.jpg
左から:食事で不足しがちな27種類のビタミン&ミネラルを配合したトータルサプリメント「シンプリス トータルプログラム27」 60袋/30日分 12,000円(4月1日新発売)、糖質のとりすぎや食べ過ぎ、脂肪にアプローチする「シンプリス パーフェクト ダイエットプラス+」 30袋/30日分 10,200円(すべて税抜)

会社を立ち上げて、今年で9年目。家のリビングルームで産声を上げた会社も、いまでは約50名の社員を率いている。

スタッフの平均年齢は33歳。すべて女性です。私の会社のミッションは『美を通じて、日本の女性を幸せにする』こと。社員が笑顔でいれば、その先にいるお客様も笑顔になってくれると信じているんです。託児所や社食も充実させたいし、ゆくゆくは週休3日にしたい。社員満足度100%の会社を目指します」

そのために、会社はフルフレックス制を導入。ランチに時間をかけても、席を外してネイルサロンに行くのも、月末に帳尻が合っていればそれでいい。美容院やエステなど、自分磨きをしたら月1万円の美容手当も出している

「私の原動力は、生き生きと仕事をしている社員の姿を見ること。プライベートも充実させてほしいから、『仕事は思いっきり、遊びは死に物狂い、恋は命懸け』って、いつも社員に言っているんですよ(笑)。遊びのなかに仕事があり、仕事のなかに遊びもある。そんな発見ができれば、人生はもっと楽しくなると思うから」

「肌は生活習慣の成績表」。見直したい4つの柱

20170313_minako_yamamoto_4.jpg

社長、とくに"美容業界の社長"として、気をつけていることがあるなら聞きたいところだ。

「社員が『会社の代表は山本未奈子です』と堂々と言えるように、きれいでいたいですね。自慢の社長でいたいです。社長としてはもちろん、妻としても母としても同じです」

朝は5:30に起き、子どものお弁当を作る。家族に朝食を食べさせ、学校へ送り、8:30には出社する毎日。忙しさのなかにあって、美しくいられる秘訣を聞いてみた。

肌や髪は、生活習慣の成績表だと思っているんです。いい化粧品を使えばきれいになるとは限りません。食事と運動、睡眠、ホルモンバランスの4つの柱が整って、初めて美しい肌が生まれるものだと思っています」

そうして生まれた美しさをメンテナンスするのが「スキンケア」だと山本さん。

「働き盛りの女性はきっと寝る間も惜しいくらい忙しいと思います。睡眠時間がとれなくても、睡眠の質を上げて食事を気をつけたり軽い運動を心がけてほしい。ひとつができなくても落胆せず、4つのバランスを整えることを考えてみてください」

10年前の自分より、魅力的でいられるか

20170313_minako_yamamoto_5.jpg

山本さんがいつも意識しているのは、5年後10年後の自分。日々の積み重ねは未来の自分を変えると信じている。

「20代、30代は、いかに若くいられるかということばかり考えて、年齢を重ねることが怖かったんです。でも40代になってからは、いまの自分が過去の自分と比べてどのくらい成長しているか、ということに重きを置くようになりました。他人と比べることがなくなるとラクですよ」

誕生日は、1年でどれだけ成長できたか、女性としてどれだけ魅力的になったかを振り返る日。

私は自信をもって、10年前より美しいと言い張れます。年齢は確実に重ねているけど、経験も積んで、内面と外見のバランスという点でも、10年前より人間として魅力的になったと思えるんです」

もちろんコンプレックスもある。挫折も何度となく乗り越えてきた。

「コンプレックスを味方につける経験と知識が大人にはあるし、挫折に打ちひしがれても未来は開ける。自分を成長させてくれるんだ、って実感をもって言えます。座右の銘にするには大袈裟ですが、『若いときに流さなかった汗は、老いてから涙になる』(笑)。だから、いまがんばって、将来笑っていたいですね」

20代で土をおこし、30代は土台作り。40代でしたいのは

「20代は土おこし、30代で土台をつくって、いまようやく40代、いままでで一番充実している日々です。理想の50代を生きるために、40代のうちに準備しておきたいですね。私のことだから、50代60代でも働いているでしょうね。会社はもっともっと大きくしたいですし、女性が美を通じて輝ける事業ならなんでもやってみたいんです」

32歳で渡米し、子育てをしながら美容学校へ通い、帰国。起業、離婚、再婚、さらに2人を出産。今年42歳になる。この10年を振り返って、「えー、全部30代だったとは」とあらためて驚く山本さん。

自分が培ったことを、下に伝える役割も担っていきたいと話す。このインタビューが終わった数日後、ニューヨークの母校で生徒たちを前に話をする山本さんの姿をインスタグラムに見つけた。

同じ制服を着て学校へ通い、昔と変わらない授業風景に「ここに来てまた夢が膨らんだ」としている。美容情報を仕入れるために海外へ足を運び、勉強会を開くなどして流行から化粧品の成分に至るまで、情報のアップデートを怠らない。

誰にでも平等に与えられる24時間。どう使うか、生かすも殺すも自分次第なのだと痛感させられるインタビューとなった。最後に山本さんがかけてくれた言葉が、帰り道、耳の奥でこだましていた。

時間がないのは、みんなそう。だから時間に余裕のある生き方を手に入れるために、いまがんばればいい。楽しみましょ

20170313_minako_yamamoto_prof.jpg山本未奈子(やまもと・みなこ)さん

美容家、MNC New York Inc.代表取締役。1975年生まれ。中学生のときに父親に伴って渡英。UCL卒業(ロンドン大学)を卒業後、帰国し商社と外資系証券会社に勤務。32歳のとき、夫の転勤でニューヨークへ。ニューヨーク州認定ビューティーセラピスト/英国ITEC認定国際ビューティースペシャリストを取得。非常勤講師としてNYで数々の実績を誇る美容学校にて教鞭を執る。拠点を日本に移し、「MNC New York Inc.」を立ち上げる。2009年7月に美容ブランド「SIMPLISSE(シンプリス)」を発表。現在は、美容をテーマにした講演や執筆活動、雑誌の美容記事の監修、テレビ・ラジオ出演、エステ&スパ「SPA DAMAI」の監修など多方面で活躍中。『本当に知りたかった美肌の教科書』(講談社)など著書多数。

撮影/柳原久子 取材・文/大森りえ

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    3. 不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    8. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    9. 経済学の名著50冊を1冊でざっと学んで、経済的感性を身につけよう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    9. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    社員はすべて女性。「自慢できる社長」であり続けたい【美容家 山本未奈子さん】

    FBからも最新情報をお届けします。