1. Home
  2. ライフスタイル
  3. セザール賞最優秀賞アニメーション『Ma vie de courgette』が世界で話題なワケ

セザール賞最優秀賞アニメーション『Ma vie de courgette』が世界で話題なワケ

セザール賞最優秀賞アニメーション『Ma vie de courgette』が世界で話題なワケ

2017年2月24日パリで開催されたセザール賞の授賞式で一本の長編アニメーションが最優秀賞に選ばれた。

フランス版アカデミー賞として今年で42回目を迎えるこの賞レースでは、まずジョージ・クルーニーが双子の妊娠を発表したアマル夫人と出席したことで話題を集め、記憶に新しい人も多いはず。文化と芸術の都、フランスが誇る権威ある賞であり、彫刻家セザール・ヴァルダッチーニが手掛けるトロフィーが与えられることによりこの名がついたのが由来とか。

さて、今回このアニメーション最優秀賞と脚色賞の2つの栄冠を手にしたのは、フランス・スイス合作の大人でさえも心を鷲掴みにされる『Ma vie de courgette(ズッキーニな僕の人生)』である。

アニメが子供のものとジャッジするのはもったいない! 不遇なひとりの少年が、さまよいながら幸せを探す過程とそこに広がる社会を切り取っている。

名前があるのに、アル中の母親からズッキーニと呼ばれて育つ少年、この母親を偶発的に亡くしてしまうことで(この部分も非常に現代らしい内容)、ズッキーニは孤児院へと送られ、彼の人生は、さらに厳しい現実に立ち向かわざるを得なくなる。しかし、そこで信頼することの大切さや、本当の愛情を同じように孤児となった少年らと生活する中で見出だしていく......。

世の中にはたくさんの不条理が存在する、そして時代を反映して、社会的な作品が賞レースでも注目されながら、どこかで大人はアニメの世界だけは違うはずと思い込んでいた......。その思い込みを壊したのが宮崎駿監督であり、ティム・バートンかもしれない。

ファンタジーの世界であるほど、まっすぐで切ない痛みは不憫にも訴えかけてくる。

緻密な途方もない作業、アニメーションの現場

2016年のフランス、アヌシー(オートサヴォア県)国際アニメーション映画祭では本作『Ma vie de courgette』は長編映画部門で2部門同時受賞、アングレームのフランス映画祭でも受賞、そして2016年のカンヌ国際映画祭の監督週間の部門ですでに話題を集めていた。

フランスの一般紙『ル・パリジャン』のサイトによると、

本作品は一日に進めることのできる作業は、時間にして3秒分という理由から、撮影だけに10か月かけられている。総勢54体のマリオネットを使用し、粘土で制作した背景や装飾物を配置し、それらを動かしながら撮影していくストップモーションアニメの方法をとっている。100名ほどのフランス人のアニメーションのスペシャリストを動員し、その制作に及んだという。

Leparisien」より翻訳引用

パラパラ漫画と同じ要領で、その動きを撮影していく気の遠くなるような作業なのである。

実際アニメーションの制作現場は、クレイ(粘土)アニメーションや、ストップモーションアニメでなくても手間がかかる。

ディズニーアニメーションのスタジオではアニメーターが動物やモデルをスケッチし、さまざまな自然な動きを観察しデッサンするところからはじまる。

3Dアニメーションが主流になった現代でも、光や影を与え、特殊効果を施すクリエイターなどスペシャリストの地道な努力があってこそ、アニメーションはやっと世に出ることができるのだ。

フランスの映画情報専門サイト『Allocine.fr』のサイトによると、

これまで構想から映画化まで10年近く経ている。過食症に陥る少女を主人公にしたジル・パリ原作の「ズッキーニの自叙伝」のストーリーがベースである。その年月は7年。精神的に不安定な少女はは、周囲にバカにされている。その原作に脚色が加えられた。

Allocine」より翻訳引用

73年生まれのまさにカフェグローブ世代であるクロード・バラ監督は、作品についてこうコメントしている。

この作品は何よりもまず、虐待やひどい扱いを受け、精神的な痛手を受けながらもどうにかこうにかその命を生きているすべての子供たちへのオマージュなんです

Leparisien」より翻訳引用

「スイスフィルム」のサイトによると、2016年10月の一般劇場公開から、2月24日の現在に至るまでの間でフランスではすでに75万人以上が本作をすでに鑑賞したという。また、2月中旬からはドイツで上映が開始され、アメリカでも2月24日より一般劇場公開されている。すでにセゼール賞受賞前から話題の作品であり、その前評判が動員と受賞に繋がったというワケである。

子供の心のもろさや感受性の鋭さは、大人だからこそそこに寄り添えると信じたい。

Leparisien.fr,allocine.fr,swissfilm.ch

photo by Getty images

ニュイエン園美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    2. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    3. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    4. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    5. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    6. 人を動かすことができるのは、他人の気持ちになれる人

    7. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    10. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    1. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    2. もしも部下が発達障害だったら?

    3. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    4. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    5. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    6. 犬「なんて登り降りしやすいんだ! 」

    7. おしゃべりな人ほど若く見えるのには、ちゃんとした理由があった。

    8. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 45歳過ぎの転職希望者が自信を持っていい、これだけの理由

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    7. 人生早めに身につけておくと得をする12のライフスキル

    8. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    9. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    セザール賞最優秀賞アニメーション『Ma vie de courgette』が世界で話題なワケ

    FBからも最新情報をお届けします。