1. Home
  2. ライフスタイル
  3. リゾート、アート、食。4日間で味わい尽くす女の旅プラン【シンガポール紀行】

リゾート、アート、食。4日間で味わい尽くす女の旅プラン【シンガポール紀行】

リゾート、アート、食。4日間で味わい尽くす女の旅プラン【シンガポール紀行】

ストレスと言ってしまえば簡単だけど、向き合うにはあまりにも辛い、タスク山積みの日々。

辛いと感じるのは体力が低下したせい......? それもまた認めたくない現実。「忙しいのは自分だけじゃない。みんな頑張っているんだ」と思ってみるのも慰めにはならない。

そんなときこそ旅に出る! それも大人の欲を満たしてくれる、エネルギッシュな国・シンガポールへ。4日間でシンガポールのいまを感じられるプランを紹介します。

Day1:シンガポール随一のリゾートホテル

matome_singapore_01.jpg

真冬に真夏のリゾート。白亜のホテルでストレスが溶けた

年齢を重ねると寒さへの耐性がみるみる低下していく気がする。いっそ、仕事がうまくいかないのは寒さのせいにすればいい! ということで向かうは"常夏の国"。

リゾートならバリ? プーケット? あれこれ思い浮かぶけど、意外にもシンガポールで楽しめます。時差わずか1時間、シティとの行き来も便利なセントーサ島の『カペラ・シンガポール』。旅慣れた大人を満足させるリュクスなホテルです。

まずは東京の疲れをここで癒して。

Day2:ビーチでシャンパン、音楽フェスで気分を上げる

20170213_singapore_23.jpg大人の見栄や意地がセントーサ島で弾け飛ぶ

カジノや遊園地で知られるセントーサ島だけど、大人の女が開放的に過ごせるスポットも。

大型の『S.E.A アクアリウム』は、子供向けのスポットとあなどってはもったいない。壁一面の水槽は圧巻の美しさ。しかも水槽を眺めながら食事ができるスターシェフのレストランも。

シロソビーチには、プライベートプール、プライベートバーを備えた陽気なレストラン『タンジョン・ビーチクラブ』が。水着のままシャンパーニュを片手にくつろぐという至福の時を過ごせます。

もしタイミングが合えば、ビーチで開催される大規模な音楽フェス『zoukout』で夜通し踊るのもあり。これで解消されないストレスがあるものか......! セントーサ島を遊び尽くしましょう。

Day3:旅の醍醐味、ローカルフードや文化に触れる

20170214_singapore_08.jpg

肉骨茶や伝統雑貨。ノスタルジックな街歩き

旅ではその土地に礼を尽くす。伝統文化を目で見て、舌で触れる。シンガポールの歴史に触れるノスタルジックな散策はいかが?

ローカルフードでおさえておきたいのは、肉骨茶(バクテー)やラクサ。プラナカン文化の名残であるお菓子や雑貨もチェックしておきたいところ。

夜は、アジアの喧騒を肌で感じられるケオン・サイク・ロードのルーフトップバーへ。ナイトスポットの熱気に触れれば、肌寒い東京での暮らしなど思い出せなくなるはず。

Day4:ミシュランの星つきレストランをハシゴ

20170215_singapore_07.jpg

食、極まれり。スターシェフによるガストロノミー

勢いのあるシンガポールには、ミシュランの星を掲げるレストランも続々と登場。

ボタニック・ガーデンの中にある一軒家レストラン『コーナー・ハウス』で味わえるのは、野菜が主役の"ボタニック・ガストロ"。また、瀟洒な店の集うデンプシー・ヒルには、プラナカン料理を現代的に解釈した『キャンドルナット』が。

そして胃袋がいくつあっても足りないシンガポール。アフタヌーンティーも外せません。量と味ともに女性ツーリストに人気があるのは『セントレジス・ホテル』。日ごろ、お茶する時間なんて、あります? 旅先ぐらい、時間を忘れて優雅に楽しみましょう。

広すぎない国土に見どころがぎゅっと凝縮されているシンガポール。ワイルドな旅はいまのわたしだとちょっと疲れてしまう、でも日常からトリップしたい......。そんな希望を叶えてくれます。4日間あれば十分に味わい尽くせるのも忙しい身にはありがたい!

次の旅先の候補に挙げてみませんか?

取材協力:シンガポール政府観光局

撮影/網中健太

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    リゾート、アート、食。4日間で味わい尽くす女の旅プラン【シンガポール紀行】

    FBからも最新情報をお届けします。