キャリア女性が酷使している頭部。ストレスや緊張、眼精疲労で血流が滞り起こる頭皮のこり。放置しておくとひどい頭痛を引き起こし、仕事を続けられなくなった経験がある人も多いのではないでしょうか。

美容の面でも、抜け毛や髪の立ち上がりが悪くなるのはもちろんのこと、フェイスラインのたるみ、目に覇気がなくなるなど大きなダメージにつながります。

仕事終わりの時間が見えない、定時で退社ができない日が続くときこそ、ケアが必要。ランチタイムや移動時間の合間を使った定期的な賢いケアがおすすめです。

オールハンド施術のサロンで希少なプラチナコロイドを使ったトリートメント

2016年秋に銀座・歌舞伎座近くにオープンした『vuvu GINZA』 では、疲れやストレスによる脳疲労の回復を目的としたオールハンドのヘッドトリートメント「プラチナ・リラクゼーション・ヘッド」が45分で受けられます。

メイクオフの必要もなく施術後は髪を整えるだけですぐに仕事に戻れるのも便利です。

170308_platinum_1.jpg

トリートメントの特徴は、スポーツドクターもそのストレスマネジメントの力に注目している成分、プラチナコロイドを使うこと。

プラチナコロイドが発する電位は、人の細胞が持つ正常な電位に近いため、機能の弱った細胞に必要な電子を供給して体内細胞の電位のバランスをとり、神経の緊張をほぐすと言われています。

さらに高い保湿力と酸化還元力を発揮し、肌のバリア機能を整え、肌が本来あるべき状態に近づけていくという、マチュアな女性にとっては見逃せない特性を備えています。

170308_platinum_2.jpg

美容歴30年の熟練セラピスト藤井君枝氏によるトリートメントをうけてみました。

頭部を支えている頸椎を緩めるために、足首を回したり押したりしてほぐすことからスタート。足首を動かすと首も連動するのには驚きです。

プラチナコロイドミストを頭皮に塗布し、側頭頭頂筋を揺らしてほぐすような施術がはじまります。

グイグイと頭皮を動かすのではなく、赤ん坊をあやすような優しく滑らかな指の動き。髪の生え際から頭後部にかけての帽状腱膜をほぐしている最中に緊張がとけ、とろけるように寝入ってしまい、気がついたら後頭筋の施術まで終了。

午後の15分ほどの仮眠が仕事の効率を上げると言われていますが、頭部のほぐしも加わりすっきりと覚醒しました。

最後に首脇の広頚筋をほぐして完了です。始終悩まされていた軽い頭痛、眼球の奥の鈍痛がなくなり気持ちが晴れやかに。ストレートネック気味だった首にも自然なカーブが蘇り、頭の重さが気にならなくなりました。

筋肉・腱の収縮やたるみによる頭皮の歪みを整えることにより、丸みを帯びていた顔の輪郭がスッと伸び、両目の間隔も狭まりキュッとしまった顔立ちにわずか45分で近づけます。

「プラチナコロイドを皮膚に塗布すると、α派の数値が増大することが実証されています。そのリラックス効果が緊張を解くので、より深部からほぐすトリートメントが可能になり、深いリラクゼーションを得られるようサポートできます」と藤井氏。

寝入ってしまうほど緊張が解けた状態でトリートメントを受けるので"痛"きもちいいのではなく、"とろけるように"きもちよく、短時間で変化を感じられるのでしょう。

『vuvu GINZA』は完全予約制のプライベートサロンなので、自分の予定にあわせて次回の予約も入れておけば定期的なケアがかないます。

自宅でもプラチナコロイドを使ったケアを

トリートメントの効果を持続させるために、施術と施術の間は、「プレミアムブリリアントシャンプー」 で自宅ケア。

阿蘇山の天然水から抽出したフムスエキスをベースにプラチナコロイドを高濃度配合した、機能性アンチエイジング・シャンプーです。きめ細かいしっかりとした泡で頭皮・毛髪を洗浄後、5分ほどパックをするようにおいてから洗い流します。トリートメントを使わずに艶がでて、毛根からしっかりと立ち上がったスタイリングがしやすい髪に仕上がります。

毎日酷使している頭部だからこそ、毛髪・頭皮の保湿、毛根や神経細胞のエイジングケアを日常的に行いたいものです。

170308_platinum_5.jpg

いきいきとした表情がかもし出す美しさと有能さ。プラチナコロイドを使ったサロンと自宅のダブルケアで手に入れられます。

vuvu GINZA