1. Home
  2. マネー
  3. 結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

2,005

結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

生きている以上、切っても切り離せない「お金」の問題。もちろんみなさん、毎月多かれ少なかれ貯金はしていることでしょう。でも、「もし突然病気になったら......」「老後困らないためには......」と考えだすと、「結局いくらあったら安心なの?」という疑問にぶつかります。

そんな誰しもが持つ疑問の答えを、『The Automatic Millionaire』の著者、デヴィッド・バッハ氏に教えてもらいましょう。

年齢とともに貯金額も増やして

バッハ氏によると、「貯蓄のカギは、収入から自分自身に還元する比率」なんだそう。そして、準備しておきたいお金は、やはり退職後に使う「老後資金」と病気になったときなどのための「緊急資金」。

そのふたつのはいったいだれだけあれば安心なのか......。バッハ氏によるその答えは以下のようになります。

30歳代は「老後資金」用に収入の12.5%、「緊急資金」用には3カ月〜6カ月の支出分を貯めておくとよい。

40歳代は「老後資金」用に収入の15%、「緊急資金」用には6カ月〜12カ月の支出分を貯めておくとよい。

50歳代は「老後資金」用に収入の20%、「緊急資金」用には12カ月〜24カ月の支出分を貯めておくとよい。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

もちろん生活スタイルなどによって個人差はありますが、これだけあれば概ね安心のようです。これでも心配な場合は、3〜5年分の「緊急資金」を貯めるのがおすすめ。

年齢が上がるにつれて病気のリスクや、万が一職を失ったときの再就職など、不安も増えます。また、一般的には年を重ねればそれだけ収入もアップするので、徐々に貯金額は増やしていくのがベスト。

もちろん不測の事態は起きないに越したことはありません。でも、万が一そうなって焦るなんて、絶対に避けたいですよね。そうならなくてすむよう、いまからしっかりと準備しておきましょう!

BUSINESS INSIDER JAPAN

>>BUSINESS INSIDRE JAPANをもっと読む

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    結局いくらあれば安心? 「老後資金」と「緊急資金」の理想的な貯金額

    FBからも最新情報をお届けします。