cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 働く女性を悩ませる眼精疲労。つらいときに試すべき簡単な方法って?

働く女性を悩ませる眼精疲労。つらいときに試すべき簡単な方法って?

働く女性を悩ませる眼精疲労。つらいときに試すべき簡単な方法って?

いまやビジネスで手放すことはできない、パソコンとスマホ。でも、これらを長時間使っていると、どうしても目が乾いたり、しょぼしょぼしたり、いわゆる眼睛疲労を引き起こしてしまいます。

それを防ぐために便利なのが、ブルーライトをカットしてくれるPC用のメガネ。かく言う私も愛用していて、かけたときとかけなかったときでは、疲れ方に歴然とした差が出ます。

でも、普段メガネをかけなれていないと、かけていることそのものに違和感を感じたり、耳が痛くなったり......というマイナス面も少なからず出てしまうもの。

そこで今回は、PC用メガネ以外にも頼りたい、眼睛疲労を防ぐ方法をご紹介。

とにかく目には潤いを

米国眼科学会の臨床部門スポークマンであるラーフル・クラーナ(Rahul Khurana)氏によると、「眼精疲労は不快感を与え、炎症を引き起こすが、回復不能なダメージを与えるまでには至らない」のだそう。そのため、下記のようなちょっとした工夫で、眼睛疲労を回復するのは可能なんです。

目に潤いを保つ。

20-20-20のルールで目を休める。

スクリーンのグレアを避け、適切なライト調整を心がける。

コンタクトレンズは目の乾燥を引き起こしやすい。

トラブルを抱えている場合は、眼科医に相談する。

BUSINESS INSIDER JAPAN」より引用

まず気をつけなければいけないのは、目の乾燥。目薬で潤わせたり、加湿器で部屋自体の乾燥を防いだり、などの対策を頻繁にするようにしましょう。

また、クラーナ氏によると、「20-20-20」のルールも効果的なんだそう。このルールは、20分ごとに、最低20フィート(約6メートル)先の距離を20秒間見る、というもの。これで、定期的に目を休ませながら、まばたきを増やして乾燥を防ぐこともできます。

パソコンの画面が明るすぎると、目が光の量を調整しなければなくなってしまいます。そうならないように、画面の明るさは部屋の明るさと一緒になるようにしましょう。そのせいで画面が見にくくなるなど、ほかの弊害が発生してしまう場合は、マットスクリーンを購入するなどして対策を。

コンタクトレンズを装着している人は多いですよね。でも、目が乾燥する原因のひとつにコンタクトが。ときにはメガネをかけるなど、目を休ませることで負担を軽減して。

それでも、目の疲れが軽減されない場合や、ぼやけ、充血、膿など、といったトラブルがある場合は、ただの眼精疲労ではないかもしれません。少しでも気になることがあったら、自分でなんとかしようとせず、すぐに眼科医へ。

目が疲れると、どうしても集中力が落ち、生産性も下がってしまいます。そうならないためにも、眼精疲労と付き合う方法を知るのは急務。ただの疲労と軽く思わず、しっかりケアしていきましょう。

BUSINESS INSIDER JAPAN

>>BUSINESS INSIDRE JAPANをもっと読む

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    4. 裏方だからこそ、力がなくては役に立てない/トランスコスモス吉止幸路さん、石井美彩さん

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

    8. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 気になるSATC続編。キムが提案する新サマンサ役は?

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. アルマーニのグロークリームで最強素肌へ

    9. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    10. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    4. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    5. 好かれるとはちょっと違う! 職場で尊敬される人になるには

    6. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    7. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    働く女性を悩ませる眼精疲労。つらいときに試すべき簡単な方法って?

    FBからも最新情報をお届けします。