1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ファンデ塗るの忘れた!? 焦るほどに美しく仕上がるコンシーラー

ファンデ塗るの忘れた!? 焦るほどに美しく仕上がるコンシーラー

ファンデ塗るの忘れた!? 焦るほどに美しく仕上がるコンシーラー

「自分の素肌がキレイになったのかと勘違いしたわ」

ビューティ系のジャーナリストやライターが賛辞を送るアイテムがある。2017年3月17日に発売される『NARS』の新製品。

いまの時期に発売ラッシュとなるものといえば、春夏ファンデーション。NARSのそれもファンデかと思っていたら、なんとコンシーラーだというではないか。コンシーラーでそんなに肌が美しく見せられるものか。にわかに信じがたい思いだったのだが......。

新製品の名は<ソフトマットコンプリートコンシーラー>。同ブランドのコンシーラーカテゴリーで、カバー力をもっとも高めたアイテムなのだそう。

20170313_nars_1.jpg
<ソフトマットコンプリートコンシーラー>各3400円(2017年3月17日発売)。8色展開。ピンクトーン、イエロートーンなど、あらゆる肌色に対応。

"クリーミィなテクスチャーで、肌にのせると薄くすっとなじみ、つっぱった感なし"と言われるのは、最新技術を搭載しているから。

表面が球状のパウダーが光を拡散し、気になるところを瞬時にぼかす。コラーゲンペプチドが肌表面をなめらかに整え、使い続けるほどにシワや毛穴を目立たなくし、さらにヒアルロン酸効果でふっくらと健康的な肌へ導く。

そして本製品が美容のプロからもっとも高く評価されているポイントは、その使い心地。肌にフラットに密着して結合をキープできるパウダーゆえ、軽くて、何かを塗っている感覚がほぼない。

「僕がいちばん大切にしているつけ心地の軽さと、素肌のような自然な仕上がりを叶えるアイテム。狙いどおりに補正して、決して肌を覆うことなく、自然な仕上がりに導くんだ。コンシーラーとは気になる欠点をぼかして、飛ばしてくれるもの。それ以上でも、以下でもないよ」(NARS創始者&クリエイティブ・ディレクター|フランソワ・ナーズ)

艶か、ソフトマットか、マットか。仕上がりの艶具合には時期の流行りがあるものの、質感に求められるのは常に"素肌に近く見えるか否か"。

冒頭の「素肌がキレイになったかも?」は、ベースを塗って、気になる箇所をソフトマットコンプリートコンシーラーで補正するだけで十分に肌が美しく整ったからこそ生まれたありがたい勘違い。

ブラシを使うとより美しく仕上がるが、指でトントンと叩き込むだけでもOK。忙しい平日の朝の救世主になるはずだ。

NARS

電話:0120-356-686(NARS JAPAN)

NARS

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    ファンデ塗るの忘れた!? 焦るほどに美しく仕上がるコンシーラー

    FBからも最新情報をお届けします。