ヘンリー・フォードの名言に、「学び続ける人はいつまでも若い」という意味のものがあるように、現状に満足しないって素敵。なにより、新しいことをどんどん取り入れている人はそれだけで輝いて見えます。

そこで今回は、その業界の第一人者から学びを得られる記事をまとめてみました。

俯瞰で見つめる大切さ

20170302_buto_02.jpg
©Sonomi Nguyen

セオリーは通用しないのが人生? 舞踏家・天児牛大氏に聞く「自分の在り方」

振付、コンセプト、演出を担う舞踏家・天児牛大氏のインタビュー。記事では、37年にも渡り異文化で歩み続けてこられた原動力から、常識に揺らがないために必要なことまで、さまざまな質問に答えてくれています。どれも日々仕事と戦うキャリア女性の背中を押してくれるものばかり。

50代も輝きながら過ごすために

20170310_mastuda_02.jpg

3月10日が55歳お誕生日の松田聖子さん。下着の選び方を教えて!

『フロラーレ バイ トリンプ』のイメージキャラクターをつとめる松田聖子さん。聖子さんの下着を選ぶポイントは、身につけたときの「着けごこち」なんだそう。ついつい人には見せないから、とないがしろにしがちですが、自分を大切にするためにも、こだわりを持って下着を選んでみてはいかがでしょう?

最先端のセンスはニューヨークにあり

20170310_flower_7.jpg

アレキサンダー・ワンも認めた、NYで注目のフローラルデザイナーにセンスを学ぶ

『アレキサンダー ワン』本店や『The Row』などを手がけるニューヨークで活躍中のフローラルデザイナー、永田絵梨子さん。彼女の凄さは、ただ美しいだけではなく少し毒のある、退廃的でロマンティックな感性が光るところ。普通では満足できない、ひとひねりもふたひねりも欲しいわたしたちがぜひ学ばせてほしいセンスです。

それぞれの世界の最前線をひた走る方々の言葉や姿勢は、ぐっと心に刺さるものがあります。若さを保ち成長を続けるためにも、何歳になっても学ぶ姿勢を大切に、たくさんの人の教えを取り入れていきましょう。

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock