3月18日は「睡眠の日」。上質な眠りのための睡眠カフェが期間限定オープン

3月18日は「睡眠の日」。上質な眠りのための睡眠カフェが期間限定オープン

「春眠暁を覚えず」と、寝過ごしてしまうこともある季節ですが、その睡眠、しっかりとれていないからかも? 上質な睡眠でリフレッシュすれば仕事の効率アップにつながります。そんな眠りを体験できるカフェが『ネスカフェ 原宿』に期間限定オープンです。

「ネスカフェ」×「フランスベッド」で良質な睡眠体験

日本人の平均睡眠時間は、世界各国と比べて少なく(2014年OECD調査で28か国中27位)、日本人の5人に1人が睡眠で十分な休養がとれていないそうです。

そこで、3月18日の「睡眠の日」にちなんで、「ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ」が、期間限定でオープンしました。

170317_sleep_1.jpg

カフェインレスコーヒーをいただき、快適な睡眠環境を実現するためのベッドや、照明、安眠ミュージックも体験できます。最長で2時間店内のフランスベッドの最新電動リクライニングベッドで睡眠がとれるのですが、睡眠前には「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」のサービスがあります。

フィリップス Hueの照明、ソニーのハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドフォンが設置され、ゆったりとした眠りにいざなってくれます。

170317_sleep_2.jpg

記者発表後の体験会に参加しましたが、隣のベッドとは、観葉植物などで区切られ、ヘッドフォンをすると周囲の音がまったくく気にならず、音楽の心地よさにすぐに眠りに落ちてしまいそうでした。目覚めた後は、「ネスカフェ ゴールドブレンド」のサービスもあります。目覚めにはカフェイン入りで、シャキッとできそうです。

コーヒーの飲み分けで快眠を

カフェインレスは、味が物足りないと思っていませんか。実際には、一口ずつ飲み比べればカフェイン入りとの違いがわかりますが、1杯飲んでしまうと、違いがわらないくらいでした。カフェイン成分のひとつに苦みがあるから、その苦味が少しなくなるだけで、香りなどはほぼ変わらないため、コーヒーアロマでリラックスでき、ぐっすり眠れそうです。

170317_sleep_3.jpg

最長2時間なので、100分たったところで、スタッフが声掛けをしてくれるので、寝過ごす心配もありません。ワンオーダー制で、フードはちょっとした休憩にぴったりなスイーツや、軽いランチにもなり、ベッドで食べやすいよう片手で持てるものになっています。

170317_sleep_4.jpg

170317_sleep_5.jpg

いつものランチタイムをちょっと長くとって、良質な睡眠でパワーチャージすれば、仕事の効率も上がりそう。寝具や音楽など、自宅で取り入れられるヒントもいっぱいです。さっそく、ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレスを愛飲中。眠りの質を上げて、忙しい年度末を乗り切りたいです。

ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ

場所:ネスカフェ 原宿 (東京都渋谷区神宮前1-22-8)
期間:3月16日~3月26日 11時~21時(ラストオーダー20時30分)

https://nestle.jp/brand/rsc/ndc/#section05

あわせて読みたい

3月18日は「睡眠の日」。上質な眠りのための睡眠カフェが期間限定オープン

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。