1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 計算では動かない。情熱が天から降ってくるの【マイウェン監督インタビュー】

計算では動かない。情熱が天から降ってくるの【マイウェン監督インタビュー】

今この映画

計算では動かない。情熱が天から降ってくるの【マイウェン監督インタビュー】

仕事では経験を積めば問題への対処法がわかるようになるものの、いくら経験を積んでもときに何が正しいのかわからなくなってしまうものがあるとすれば、それこそ恋愛。そんな風に感じている大人の女性たちは多いのでは?

とくに、愛に対して不器用な私たち日本人は、"愛の国"フランスに憧れがちだが、話題作『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』では、真実の愛とは何かを痛いほど見せつけられる。そこで、監督を務めたマイウェンに本作を通して伝えたい思いや女性たちへのアドバイスを聞いてきた。

映画で幸せな人々を描くのは難しい

現在、女性監督としてフランスで大きな注目を集めているマイウェン。もともとは子役として活躍していたが、リュック・ベッソン監督との出会いで女優業を一時休止し、17歳にして結婚、出産を経験している。

その後、2人は破局してしまうものの、彼女は女優として復帰するだけでなく、監督としての才能を開花させた。

そんなマイウェンが、今回描いたのは10年にわたる男女の関係。長年考えていたテーマだったというが、どのようにして生み出されたのだろうか。

「インスピレーションというのは、純粋科学ではないから、実験室で『これだけの何かと私の何かを入れたらどうなるか』ということを考えながらつくっていくものじゃないのよ。でも、どんなアーティストも自分が興味のあるものを出していくものではあるわね」

とはいえ、本作を制作する前は「映画で幸せな人々を描くのは難しい」と感じていたという。その理由とは?

正直言って、すべてうまくいってる幸せなカップルを描いた作品なんて、世界で一番退屈な映画になると思うし、ストーリーとしても時間が持たないんじゃないかしら(笑)。というのも、幸せな瞬間というのは甘ったるくてセンチメンタルになりがちだから、そこから真実を引き出すのはすごく難しいことなの。だから、そういう部分をストレートに描くのではなくて、少しひねって練りあげた感じで出さないと幸せな瞬間の真の姿というのはなかなか出てこないものなのよ」

その言葉通り、愛によって引き出されるであろうすべての感情を見事に描き切っている。今回、それぞれの人物に自分自身を投影している部分があるという監督だが、やはり女性の視点から見ているだけに、フランス人も日本人も関係なく女性は共感してしまうところは多い。

しかし、セックス描写については意見が分かれるところもあるかもしれない。監督が考える恋愛関係においてのセックスとは何だろうか。

20170323_movie_02.jpg
©PRODUCTIONS DU TRÉSOR

「まず、ここに描かれているのが代表的なフランス人カップルと思わないでね(笑)。というのも、セックスレスは日本だけじゃなくてフランスでも同じこと。こんな風に情熱が勝ってるカップルというのは、セックスから何かを注入しているから腐れ縁になってしまうのよ。だから、もし彼らの相性が悪かったら、もっと早く別れているんじゃないかしら。私はカップルが長続きする理由の50%はセックスが占めてると思ってるわ

恋するように仕事をしている

この作品を観ていると、これまでの自分の経験と重ね合わせて、さまざまな思いが駆け巡る。そんな気持ちに掻き立てられるほどリアルな傑作に仕上がった勝因としては、主演を務めた2人の熱演なしには語れない。

ダメ男でありながらも、どうしようもなく惹かれてしまう魅力と色気を持つ男性にここまでの説得力を持たせられるのは他でもない、フランスの実力派俳優ヴァンサン・カッセル。観客として見ているだけでも、彼の一挙手一投足には思わず心を鷲掴みにされてしまう。

「彼自身もとにかく何でもスピーディな人で、自分が占領したいタイプの男性よ。すごく愉快だし、頭の回転も速いわね」

そんなヴァンサンは、マイウェンのことを「物事を捉える感覚が敏感で、人間の潜在能力や欠陥をすぐに見抜くことができる人」と話しているが、まわりに対してつねにアンテナを張り巡らせているのか聞いてみた。

20170323_movie_03.jpg
Photo:MITSUHIRO YOSHIDA Hair&Make:Mariko Kubo

「私自身はあんまりそういうことは意識してないわ。たとえば、相手に対して興味があると思ったときは、『監督としてこの人の中から私が引き出したいものを引き出せるかしら』ということをまず考えはじめるの。もちろん、誰にだって引き出せるものは何かあるのよ。それが容易な人と難しい人というのがいるけれど、私が目指しているのはその人の個性やパーソナリティというのをうまく引き出すこと

千里眼ともいえる観察力を持つ彼女だからこそ、普段は監督として活躍しているエマニュエル・ベルコをカンヌ国際映画祭で女優賞に輝かせることができたのかもしれない。事実、「エマニュエルがすごく幸せなときにより美しく見えるのは、私が演出しているからよ」と自信たっぷりに微笑んだ。

インタビュー中、質問ひとつにしても、意味がきちんと理解できるまで聞き返す姿勢からはどんなことにも妥協しない性格であることが伺える。映画づくりにおいてもいかに真摯に向き合っているかは想像に難くない。そこまで駆り立てているものは一体どこにあるのか?

「私と職業の関係と私の恋愛というのは、すごく似ているところがあるんだけど、天から降ってくるような感じで私自身には選択の余地がないの。だから、自分で選んだり何か計算したりしているとか、自分を駆り立てるものがあるというよりも、情熱が降って湧いてくるのよ

無理に変わる必要はないから、そのままでいい

昨年、フランス映画祭で来日したばかりの監督が1年も経たずしてふたたび日本を訪れたのは、じつはプライベートでの旅行。それほどまでに日本が気に入っているようだが、日本人はどう見えているのか気になるところ。

「日本とフランスでは文化的に違う部分がすごくあるけれど、私が見たところ日本人は建前を重視していて、まわりからどういう風に見えているかをすごく意識して生きていると思うわ。

一方、私たちフランス人は、自分がそうしたいと思ったときには行儀が悪いことでも平気でやってしまうこともあるから、わりと本音と建前が一致しているのかもしれないわね。でも、私が日本で過ごしやすいと感じているのは、そうやって波風を立てないようにしようとする穏やかさがあるからなの」

最後に、仕事でも恋愛でも、臆することなく突き進むようなエネルギーを感じさせるマイウェンから、悩める日本の女性たちに向けて、前に踏み出すためのアドバイスももらった。

「私が思うに、フランス人だって変われないんだから、日本人もそのままでいいのよ。私は調和を保とうと努力する女性も美しいと思うし、すぐにわめき出す女性もそれはそれでいいと思う。それぞれの文化を無理に変えなくていいと感じているの。それよりも一番大事なのは、自分自身とちゃんと調和や折り合いがとれているかということ。だから、もし自分がやりたくない仕事をイヤイヤやっていたり、好きでもない男と仕方なく暮らしていたりするなら、そういうときはやっぱり戦わないといけないと思うわ」

20170323_movie_04.jpg
Photo:MITSUHIRO YOSHIDA Hair&Make:Mariko Kubo

恋愛観やセックス観について、女友達といつまでも話していたくなるほど胸を熱させる本作から感じることは、楽しさだけをもらえるのが「恋」なら、最高の喜びと痛みを与えるのが「愛」。だからこそ、愛は人を賢くもするし、愚かにもする。

でも、それこそが恋愛の醍醐味であり、鼓動のように生きている実感を味わわせてくれるものなのかもしれない。

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』

監督:マイウェン

出演:エマニュエル・ベルコ、ヴァンサン・カッセル、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコほか

2017年3月25日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

配給・宣伝:アルバトロス・フィルム、セテラ・インターナショナル

© 2015 / LES PRODUCTIONS DU TRESOR - STUDIOCANAL

http://www.cetera.co.jp/monroi/

Photo:MITSUHIRO YOSHIDA

Hair&Make:Mariko Kubo

志村昌美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    2. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 子どもに幸せな人生を送ってもらうカギは、幸せの伝染?

    8. 戦略上手だねって言われたいなら、この3つを押さえよう

    9. 離婚や介護問題にユーモアを忘れず立ち向かうために

    10. ウィーンの料理と雰囲気を楽しめるお店は、ここに

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    計算では動かない。情熱が天から降ってくるの【マイウェン監督インタビュー】

    FBからも最新情報をお届けします。