新年度は、あらためて自分に似合う服を考えたくなるタイミング。

じつは、似合う服は「骨格」と密接な関係があるんです。自分の骨格のタイプを知り、合うシルエットや素材がわかれば、スタイルがよく見えて印象アップも可能に。クローゼットオーガナイザーで骨格スタイル協会認定講師の林智子さんに、似合う服の法則についてうかがいました。

人それぞれ違う「骨格」で、似合う服は決まる

まずは、自分の「骨格スタイル」を知ることから始めましょう。生まれ持った骨格は人それぞれ。さらに筋肉や脂肪、関節などによって身体の質感やラインの特徴は異なります。

骨格タイプは「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つに分けられます

服の素材を変えるだけで3キロやせて見える!?

「似合う服を選ぶには、身体の特徴と服の相性を知ることが一番の近道。コンプレックスと感じることも、むしろ生かすことができます。服の素材を見直すだけで3キロ着やせすることだって可能です」と林さん。

気になる3タイプの特徴は以下の通り。自分はどれにあてはまるか見当をつけてみてください。

グラマラスな魅力を持つ「ストレートタイプ」

・体全体に厚みがあり、メリハリある肉感的な体型
・バストやヒップ、腰の位置が高く、重心が上にある
・首は短め
・鎖骨はあまり出ていない
・太ももは肉感的。ひざ下の脚はすらりとしている
・このタイプの有名人:藤原紀香、米倉涼子

華奢で、肌がやわらかい「ウェーブタイプ」

・骨細で身体全体が薄く、華奢な体型
・鎖骨が華奢で出ている
・肌の質感はふわふわ、脂肪のやわらかさがある
・首はどちらかというと長め
・上半身は体がうすく華奢な印象、下半身や腰まわりのボリュームが目立ちやすい
・このタイプの有名人:壇蜜、佐々木希

手脚が長くフレーム感ある「ナチュラルタイプ」

・関節が大きく、フレームがしっかりとした体形
・肉感的に感じさせない
・皮膚がやや厚めで、関節や節が目立つ
・骨ばっていたり筋が出ている
・身長のわりに手足が大きい
・このタイプの有名人:天海祐希、今井美樹

いかがでしたか? もしわからなければ、こちらから骨格スタイル分析を試してみてください。

3タイプ別「定番オフィス服」の選び方

自分のタイプがわかったら、同じようなものばかり買ってしまいがちな"オフィスでの定番服"も、今までとは違った目線で選べるようになるかもしれません。

骨格タイプ別の似合うデザインはこちら。

ストレートタイプ

・シンプル&ベーシックなデザインと直線的な形、適度なハリと高級感ある素材
・全身にIラインを意識してすっきりとしたコーディネート

ウェーブタイプ

・重心を上げてメリハリある着こなし
・やわらかい素材や、胸元にボリュームがあるデザイン

ナチュラルタイプ

・ドルマンスリーブやワイドパンツ、マキシスカートで輪郭の強さを緩めると女性らしい印象に
・麻やデニム、ツイードなど厚手の生地

これらをオフィスの定番服に置き換えると、以下のようになります。

その1:白シャツ

・ストレートタイプ・・・オーソドックスな襟と、ハリのあるコットン素材で知的に
・ウェーブタイプ・・・小ぶりな襟と、柔らかな透け感ある素材で、よりソフトな印象に
・ナチュラルタイプ・・・太い糸で織った地厚なボタンダウンシャツを小粋に着こなして

その2:Vネックニット

・ストレートタイプ・・・直線的で深めのVラインが似合う。身体の線を潔く出すとスッキリ
・ウェーブタイプ・・・浅めor横広のVラインを。パールなどを装飾したデザインも似合う
・ナチュラルタイプ・・・ルーズなネックライン、大きめシルエットでこなれ感を演出したい

その3:パンツ

・ストレートタイプ・・・センタープレスの効いたストレートパンツ、9分丈~フルレングスで
・ウェーブタイプ・・・短めのクロップドパンツを。丸い膝が目立ってしまうハーフパンツはNG
・ナチュラルタイプ・・・ワイド、ロングなど、重量感のあるもの、男性的なデザインも似合う

その4:テーラードジャケット

・ストレートタイプ・・・Vゾーンは深めで、腰丈、ウエストを少し絞ったデザインのものを
・ウェーブタイプ・・・着丈は短め、Vゾーンは浅め、シャーリングなど立体的な装飾が得意
・ナチュラルタイプ・・・ダブルなど男性的シルエット、お尻が隠れる長めの丈も着こなせる

タイプと違う服も着たい。どうすればいい?

自分に似合う服はわかりました。とはいえ、ストレートタイプがAラインのフェミニンなスカートを履きたい日もあるし、ウェーブタイプがメンズライクなシャツを着たいこともあります。

そんな悩みを解消すべく、林さんがいつくかアイデアをくれましたので、参考にしてみてください。

・着たい形を自由に選んだときでも、素材だけはタイプに合わせる

小物で得意なラインを強調する(ストレートはスカーフで縦長ラインを。ウェーブはネックレスで胸元にボリュームを、ナチュラルはベルトをゆるく巻いてルーズな印象をつくる、など)

・トレンドのアイテムがタイプと正反対のときは、トレンドカラーや小物などで取り入れる工夫を

ラグジュアリーキャリアの女性たちは、服の着こなしに自分なりのスタイルを持っているはず。さらに、もっとおしゃれになれる、印象アップするといわれることがあるなら、柔軟にとり入れていきたいですね。

20170327_fashion_prof.jpg林智子さん

ライフオーガナイザー。クローゼットオーガナイザー。骨格スタイル協会認定講師。依頼者の「着るもの、身につけるもの」を収納する環境を整えることで、より自分らしい装いができる仕組みづくりやファッション、買い物のアドバイスをしている。著書に『だれにでもつくれる最強のクローゼット』(株式会社ワニブックス)がある。ブログ

取材・文/大森りえ image via Shutterstock