1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #3 財布は女の美しさを語るもの【青木貴子のワードローブ】

#3 財布は女の美しさを語るもの【青木貴子のワードローブ】

青木貴子のワードローブ

#3 財布は女の美しさを語るもの【青木貴子のワードローブ】

バッグの中にあるものは基本ひとには見せないものも多い。それは秘めた内面を全部はひとに晒さないのと同じように。ちょっとくたびれた化粧ポーチも、年季の入ったキーホルダーも、見せずに使ったり持っていることはできる(という状態は、もちろん素敵なことではないけれど......)。

ひととコミュニケーションをとるときに、本音ではないにせよぜったいに発しなくてはならない「言葉」と同じくらいに、どうしてもバッグから取り出し人目に晒さないといけないものがある。それは「財布」。日に何度バッグからその姿を現わすだろう、数えたことなどないけれど、誰しも相当に出し入れをしているはず。

何気ない瞬間ではあるけれどさっと取り出したとき、思いのほかひとの目を奪う財布というアイテム。そこには意外にもそのひとのパーソナリティを知るヒントが隠されている。

たとえば丁寧にお金を扱ったり、エレガントに見られたいひとは長財布を使っている割合が高い。合理的だったりミニマム主義だったりするひとは二つ折りや小さな財布を使っている場合が多い。使っている財布の形から、なんとなくキャラクターが伺えたりするのが面白い。

また、辛口なクールビューティがおもむろにピンクの財布を取り出したら、その意外性にひとは驚くだろう。それだけ見えないものが出てくるときのインパクトは大きいのだ。そのギャップが吉と出るかギョッとされるかは、そのひとの持つ魅力のキャパシティ次第だけれど(笑)。

そう、財布は口ほどにものを言う、とは少々大袈裟ではあるけれど、その人を語るのは確かだし、人前に出す機会も多い。しかも大事なお金を入れるもの。ならば形や色は好みのもので良いとして、心して綺麗な状態のものを持っていたい。

おりしも季節は春。春に財布を新調すると良いと言ういわれもある。あなたの財布はあなたを語るに相応しい美しさを保っているだろうか?

写真(私物):ファスナー部分が2辺なので、通常の長財布よりもスリムでコンパクト。スマートに見えるところが魅力。

撮影/網中健太

青木貴子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    #3 財布は女の美しさを語るもの【青木貴子のワードローブ】

    FBからも最新情報をお届けします。