女性の第一印象が決まる、髪。

顔の額縁ともいわれ、後ろ姿でも真っ先に目に入るパーツだけに、ちょっとした質感の違いが見た目年齢を左右します。「パサ髪」は、とくに相手をげんなりさせるポイント。最近、あなたの髪にふれた人はいましたか?

春は新しい出会いの季節。人間関係が好転するかは印象次第です。気になるパサ髪やうねりは卒業。思わずふれたくなるシルクヘアを目指してみましょう。

大人の髪は「ゆがんで」いる?

20170327_himawari_2.jpg

大人の髪がパサつきがちなのは、ダメージだけではなく、髪質の変化が大きな要因。

若いころは髪の悩みといえば、たまにある枝毛や切れ毛くらい。それが30代後半くらいから、うねり、くせ、パサつきといった、いままであまり感じなかった髪質の変化を感じるようになります

しっとり系のヘアケア製品を使っても、髪がベタつくばかりで「ふれたくなる髪」とはほど遠い。朝きちんとスタイリングしているのに、お昼休みに鏡をみるともう、あれほどブローした髪がうねうねしている......。

ヘアケアには気を遣っているのに、仕上がりがいまひとつ、という状況が慢性化したら、加齢による「髪のゆがみ ※1」が原因かもしれません。これは髪内部と髪の外側、それぞれの脂質と水分のバランスが乱れることから起きる現象。ゆがみが進むと髪の内側が硬く、外側がやわらかい状態になり、パサつきやうねりが出やすくなるのだそう

あわててどうにかしようとも、髪がゆがんだ状態では、せっかくきれいにスタイリングしても、時間がたつとパサつきやうねりが復活してしまうのです。

とりわけ日差しが明るくなる春は、パサ髪が目立つ季節。徐々に増える紫外線は、確実に髪にダメージを与えます。いち早く、本気でケアすることが、大人のシルクヘアに近づく第一歩です。

素直な髪に導くオイルセラム

20170327_himawari_3.jpg

大人の美髪を妨げる「髪のゆがみ」で悩んだら、試してみてほしいのが「ディアボーテ クリスタルラグジュオイルセラム」です。

20170327_himawari_4.jpg

高級感のあるガラスボトルに入ったオイルセラムは、落ち着きのあるエレガントフローラルの香り。「ぷにっ」とした感触で、指の間からこぼれないところも使いやすくて好印象。ベタつかず、ムラなく髪になじみ、パサつきのないワンランク上の素直な髪に導いてくれる洗い流さないトリートメントです。

気になる毛先には、もみこむようになじませて。傷んだ部分を狙って補修するダメージセンサー機能で、髪表面の水分量をキープし、つややかな仕上がりに。ドライヤーの熱で成分が毛髪と密着するため、ドライヤー前のトリートメントに最適です。

「髪のゆがみ」を整えるワケ

20170327_himawari_5.jpg

このオイルセラムは、3つの成分を配合した「うねりトリプルコントロール処方」で深刻なうねり・くせ・パサつきをケアします。

・高濃度 ※2 オーガニックヒマワリオイル(脂質&水分キープ成分)
・高濃度 ※3 うねりケア&コントロール成分 ※4(ダメージ補修成分)
・ヒマワリシャインリピッド ※5(うるおい保持&艶成分)

うるおいをキープし贅沢なつやを与える、ハイダメージの方にもおすすめの高機能ヘアオイルセラムです

「ずっとふれていたい」髪に

後ろ髪や横顔の毛流れなど、自分では扱いにくい場所ほど他人の目に留まるのが髪。

ディアボーテ クリスタルラグジュオイルセラム」は毛先までうるおった、まさにシルクヘアを目指すのにぴったりのアイテム。自分でもついさわりたくなる髪だから、大切な人にもふれてほしいと、思えるはず。

髪に自信が持てたら、仕事のプレゼンだっていつもより堂々としていられる。見た目印象がアップするだけでなく、「ふれたい」という接近戦だって制するかもしれない。「ずっとふれていたい」と思われる大人のシルクヘア、手に入れませんか?

※1 うねり・くせ・パサつきの原因となっている髪内部と髪の外側それぞれの脂質と水分バランスの乱れのこと
※2 高濃度:ディアボーテ コンディショナー比
※3 高濃度:ディアボーテ ヘアオイル比
※4 γ-ドコサラクトン

※5 ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル

ディアボーテ

撮影(商品)/中山実華 文/田邉愛理 images via Shutterstock