1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 食べたい、でも後ろめたい。罪悪感なく、オフィスで15時のおやつを食べるには

食べたい、でも後ろめたい。罪悪感なく、オフィスで15時のおやつを食べるには

食べたい、でも後ろめたい。罪悪感なく、オフィスで15時のおやつを食べるには

カフェグローブ編集部員がソワソワしはじめるのは、きまって15時

ダイエットでランチを軽めに済ませたライターA、そろそろ取材に出かけなくちゃいけない編集B、夜に会食を控えている編集C。3人に共通しているのは「ちょっと、お腹がすいている」ということ。それが"ソワソワ"の原因でした。

それぞれに事情がある3人。彼女たちにぴったりの解決法はあるのでしょうか?

食べたい、でも後ろめたい。女性たちのジレンマ

20170413_yogurstand_2.jpg

ライターA:「ランチがサラダだけだと、やっぱり物足りない。ダイエットの成果も出ているし、ここで何かをつまみ食いするのは気が引ける。気が引けるんですけど、お腹がすくと仕事に集中できなくて......」

編集B:「私は午前中から仕事に追われて、気がついたらあっという間に15時。ちょっと何か口にしたいけど、そろそろ外出しなくちゃいけないし。食に時間をかけられない日もあるよね?

編集C:「おやつって、後ろめたさがつきまとうのよね。デスクで食べるのも気が引けるし。大人がスマートに食べられて、ほどよい満足感が得られて、ディナーに響かない。そんなおやつ、あればいいのになぁ」

あまり食べたくはないけど満たされたい。働く女性ならきっと誰もが抱く"おやつ"へのジレンマ。

3人の葛藤を知ってか知らずか、そこへ通りかかったのは情報通の男性編集部員D。「冷蔵庫にいいものが入ってますよ」とだけ言い残して去っていきました。

15時の"ソワソワ"を解消してくれるのは

20170413_yogurstand_3.jpg

足早に冷蔵庫へ向かうと、入っていたのはほどよく冷えた「ヨーグルスタンド」。はじめて目にするドリンクに3人は興味津々です。

ライターA:「あら、かわいいデザイン。名前からしてヨーグルト風味なのかな? ドリンクだから手軽だし、量もちょうどいい。手も汚さずスマートだしね」

編集B:「たった87kcalなら罪悪感もなし。カロリーも食べ方も気になる大人にはこういうのがいいわ。私はぶどう味にする!」

編集C:「おいしい! 果汁のほどよい甘さとヨーグルト風味の酸味のバランスが絶妙。とろ〜りとしてるけど、味が軽やかだから口の中がまったりしなくていいわ

ヨーグルスタンド」は、軽いとろみ感があるので飲みごたえアリ。小さなナタデココの粒が入っているので食感を楽しめるだけでなく、希少糖(※)を使用したヘルシーなドリンク。フレーバーは新登場のぶどう味、そしてピーチとパイナップルの3種類で、おいしくやさしくお腹を満たしてくれます。

「これは冷蔵庫に常備したい! スマートに間食できるわ」

3人は、軽やかな足取りで仕事へと戻っていきました。

小腹が満たされて、ヤル気と仕事の効率アップ

20170413_yogurstand_4.jpg

空腹感があると仕事に集中できないし、万が一、お腹が鳴ってしまったらと思うとソワソワしてしまいます。かといって、おやつの種類によっては食べ散らかすことになったり、もぐもぐカリカリと音を立ててしまって恥ずかしい思いをしたり。

そんな女性たちの"ソワソワ"を解消してくれるのが「ヨーグルスタンド」。何かお腹に入れたいなと思ったときに手にとりたいドリンクです。スマート間食で、手軽においしくヘルシーなもので満たされると、ヤル気もアップ。仕事の効率だって上がるはず

ちなみに、2017年4月10日(月)~6月30日(金)の期間でTwitterキャンペーンを実施中。公式Twitterアカウント(@YOGURSTAND)をフォローの上、「#ヨーグルスタンド飲んでみた」を添えて商品の感想をTwitterでつぶやけば、抽選で500名様にぶどう味の本品が1ケースもプレゼントされるという太っ腹な企画。この機会に試さない手はありません。

さあ、今日も15時をまわりました。カフェグローブ編集部員の3人は「ヨーグルスタンド」を片手に、仕事に熱中している様子。めでたしめでたし、です。

20170413_yogurstand_5_2.jpg

※希少糖含有シロップ

ヨーグルスタンド

撮影(商品)/中山実華 イラスト/ERIKO SAKURA 文/大森りえ

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    食べたい、でも後ろめたい。罪悪感なく、オフィスで15時のおやつを食べるには

    FBからも最新情報をお届けします。