1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

2016年9月、『サルヴァトーレ フェラガモ』のレディス・シューズ・デザイン・ディレクターにポール・アンドリューが就任することが発表されました。ポール・アンドリューといえば『ダナ キャラン』や『アレキサンダー・マックイーン』を経て、2013年より自身の名を冠したシューズブランドをたちあげ、数々の賞を受賞してきたシューズ界のホープ。

2017年1月にニューヨークで開かれたフェラガモのプレフォール発表会が彼の手がける初コレクションだったのですが、一部のファッション関係者しか見ることが適わず(写真も解禁されず!涙)、どんな風になっているんだろう......! と、5月のお披露目を心待ちにしてきました。

あと1か月に迫ったところで、ニュースが。なんと、世界に先駆け、日本では4月からお目見えすることに!! 伊勢丹新宿店で開催されるイベントで、実物を手に取ることができます。

20170403_ferragamo_1.png
会場は新作のカラーバリエーションと同じく、カラフルなディスプレイ。パテントレザー、ベルベット素材を使って特別にデザインされた限定商品3スタイルを含む54スタイルのシューズ、12スタイルのバッグが展開される。

今回、ポールがインスピレーション源としたのは、1930年代のアーカイヴシューズ。"コラムヒール"と呼ばれた円柱型の太ヒールをモチーフに、現代のハイテク素材を使って、モダンなスタイルを構築しています。

可愛いカラーリングは、まるで1938年に映画『オズの魔法使』に出演したジュディ・ガーランドに同社から贈られた "レインボー"の配色にも似ているような......。

ちなみにブランドの創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモは、そのシューズの美しさゆえ、多くのハリウッド女優の心を虜にしました。が、彼は自身の靴のデザイン美だけではなく、履き心地のよさも賞賛に値するようにと、大学で解剖学を学んだ経歴を持っています。

一方、ポールの信条も、コンフォートなくしてラグジュアリーはありえない、というもので、長時間履いていても疲れない設計と美しさを両立させてきた背景があります。

この新作シューズは、両者の一致した思想に、イタリアの最高級の職人技と先端技術が加わって生まれたもの。その履き心地の良さ、伊勢丹新宿店でチェックしてみてください。

20170403_ferragamo_2.jpg
ゴールドのメタルヒールに鮮やかなカラーが目をひく2017年プレフォールコレクション。各72,000円。

なお、今回の伊勢丹イベント初日にはレディース&メンズ シューズ&レザーグッズ部門のディレクターであるジェームス・フェラガモが来場します。新作にまつわる貴重な話について直接耳にすることができ、新生フェラガモの熱を感じられるまたとない機会なので、お見逃しなく。

サルヴァトーレ フェラガモ

電話:0120-202-170(フェラガモ・ジャパン)

※『サルヴァトーレ フェラガモ ポール・アンドリュー、伊勢丹エクスクルーシブコレクション』は2017年4月5日(水)〜11日(火)。伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにて。

※ジェームス・フェラガモ氏の来場は4月5日(水)11:30〜13:00、17:30〜19:00。

サルヴァトーレ フェラガモ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今度は、ほぼチワワ。でも、吸引力に自信あり!

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    7. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    8. 働くひとの幸福を考えると、おのずと企業や社会が成長する理由

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 思わずため息。時を忘れるパール展

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    6. ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    10. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

    FBからも最新情報をお届けします。