1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

2016年9月、『サルヴァトーレ フェラガモ』のレディス・シューズ・デザイン・ディレクターにポール・アンドリューが就任することが発表されました。ポール・アンドリューといえば『ダナ キャラン』や『アレキサンダー・マックイーン』を経て、2013年より自身の名を冠したシューズブランドをたちあげ、数々の賞を受賞してきたシューズ界のホープ。

2017年1月にニューヨークで開かれたフェラガモのプレフォール発表会が彼の手がける初コレクションだったのですが、一部のファッション関係者しか見ることが適わず(写真も解禁されず!涙)、どんな風になっているんだろう......! と、5月のお披露目を心待ちにしてきました。

あと1か月に迫ったところで、ニュースが。なんと、世界に先駆け、日本では4月からお目見えすることに!! 伊勢丹新宿店で開催されるイベントで、実物を手に取ることができます。

20170403_ferragamo_1.png
会場は新作のカラーバリエーションと同じく、カラフルなディスプレイ。パテントレザー、ベルベット素材を使って特別にデザインされた限定商品3スタイルを含む54スタイルのシューズ、12スタイルのバッグが展開される。

今回、ポールがインスピレーション源としたのは、1930年代のアーカイヴシューズ。"コラムヒール"と呼ばれた円柱型の太ヒールをモチーフに、現代のハイテク素材を使って、モダンなスタイルを構築しています。

可愛いカラーリングは、まるで1938年に映画『オズの魔法使』に出演したジュディ・ガーランドに同社から贈られた "レインボー"の配色にも似ているような......。

ちなみにブランドの創業者であるサルヴァトーレ・フェラガモは、そのシューズの美しさゆえ、多くのハリウッド女優の心を虜にしました。が、彼は自身の靴のデザイン美だけではなく、履き心地のよさも賞賛に値するようにと、大学で解剖学を学んだ経歴を持っています。

一方、ポールの信条も、コンフォートなくしてラグジュアリーはありえない、というもので、長時間履いていても疲れない設計と美しさを両立させてきた背景があります。

この新作シューズは、両者の一致した思想に、イタリアの最高級の職人技と先端技術が加わって生まれたもの。その履き心地の良さ、伊勢丹新宿店でチェックしてみてください。

20170403_ferragamo_2.jpg
ゴールドのメタルヒールに鮮やかなカラーが目をひく2017年プレフォールコレクション。各72,000円。

なお、今回の伊勢丹イベント初日にはレディース&メンズ シューズ&レザーグッズ部門のディレクターであるジェームス・フェラガモが来場します。新作にまつわる貴重な話について直接耳にすることができ、新生フェラガモの熱を感じられるまたとない機会なので、お見逃しなく。

サルヴァトーレ フェラガモ

電話:0120-202-170(フェラガモ・ジャパン)

※『サルヴァトーレ フェラガモ ポール・アンドリュー、伊勢丹エクスクルーシブコレクション』は2017年4月5日(水)〜11日(火)。伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージにて。

※ジェームス・フェラガモ氏の来場は4月5日(水)11:30〜13:00、17:30〜19:00。

サルヴァトーレ フェラガモ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. だらけやすい「終業までの残り時間」をしゃっきり活用する方法

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    7. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 冒険家が教える「夢を叶えるのは、こんな言葉から」

    10. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    4. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    10. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 「ちょっといいコーヒー」をやめると、人はもっと幸せになれる

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    9. 「女性のための」プロダクトで社会を変える。NYミレニアル世代の発想 [MASHING UP]

    10. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    フェラガモ、新ディレクターのシューズが世界一早く到着

    FBからも最新情報をお届けします。