1. Home
  2. キャリア
  3. 【Vote】カラオケって、行く?

【Vote】カラオケって、行く?

【Vote】カラオケって、行く?

ストレスが溜まったら。マッサージもいい。旅もいい。でも、カラオケも......いい!

新メンバー歓迎会などオンもオフも人に会う機会の多いシーズン。「この後、どうする?」でカラオケが選択肢に挙がることもありますよね。みなさんは、参加派でしょうか、辞退派でしょうか。

『健康に長生きしたければ1日1曲歌いなさい』(アスコム)の著者である斎藤一郎氏によれば、歌うことの好き嫌い、および上手い下手に関わらず、歌うことで唾液量が増加し、ストレスが軽減されるそうです。

口の周りをよく動かすと、より唾液腺が刺激されやすいとのこと。というわけで、先日、口を大きく動かしながら歌いまくってみました。歌い込んでいる感もあって気分がよく、その夜はとても爽快だったのですが、喉が潰れて翌日は誰とも会話ができなくなる別の問題が発生。まずは喉の強化から始めるとよさそうです。

こちらもおすすめです

【Vote】あの人が結婚してしまう前に。思いを伝えたい俳優は?
【Vote】結婚したかったけど、しなかった理由ってなに?

文/カフェグローブ編集部

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    【Vote】カラオケって、行く?

    FBからも最新情報をお届けします。