1. Home
  2. ライフスタイル
  3. お絵かき感覚のクレヨンリップ

お絵かき感覚のクレヨンリップ

お絵かき感覚のクレヨンリップ

サイエンス・テクノロジー・アートをコラボさせる『チームラボ』の「お絵かき水族館」に行きました。来場者は紙に描かれた魚に色を塗って、専用機械でそのデータをスキャンします。すると、壁一面に映し出されたデジタルアートの水族館のなかにデータが取り込まれて、色をつけた魚たちが泳ぎ始めるではないですか!

会場には子ども用の小さな椅子とテーブルとクレヨンが用意されているのですが、子どもたちに混ざって、大人も真剣に塗り絵を楽しんでいました。もちろん、筆者も。

思えば、クレヨンを手にしたのはいつぶりでしょう......。スケッチブックとクレヨンボックスを開いて、描く内容も決めずにひたすら手を動かしたものです。

懐かしさで胸いっぱいになっていたら、素敵なリップを見つけました。

20170406_clinique.jpg
クリニーク×クレヨラ コラボレーション<チャビー スティック モイスチャライジング リップ カラー バーム(限定コラボレーション 7色)/チャビー スティック インテンス モイスチャライジング リップ カラー バーム(限定コラボレーション3色)>各2,200円(数量限定)。繰り出し式なのでシャープナーは不要。

クレヨンのグローバルブランド『クレヨラ』とコラボレートした、『クリニーク』の新リップ。クレヨラ社が誇る豊富なカラーバリエーションとそのユニークな色名、こだわった製品づくりが、クレヨン型リップ<チャビー スティック>の遊び心あふれる色展開や機能性と親和性が高いことから、コラボが実現したのだそう。

心躍るようなカラーリングで、全10色展開されます。ハッと視線を奪う"ブリック レッド"やシックな"ファジー ワジー"、チアフルな"ティクル ミー ピンク"に、肌なじみのいい"マンゴー タンゴー"など、思わず声に出したい可愛い色名。1色でまとめるのはもちろん、2色を重ね塗りしてにじんだような質感を楽しむのも素敵です。

薄づきで透明感のあるシアー タイプ7色と、濃厚で鮮やかなインテンス タイプ3色、仕上がりは2種に分かれます。どちらもシアバターやマンゴーバター、ホホバオイルを贅沢に配合し、塗るほどに唇に潤いを与えるだけでなく、メイクするたびに小じわや乾燥による荒れが軽減するトリートメントリップゆえ、数色、常備しておきたいところ。

クレヨンと見紛う限定パッケージ。お気に入りの色を並べてみると、それだけでお絵かきのワクワク感のように、メイク欲が高まるはずです。

クリニーク

電話:03-5251-3541(お客様相談室)

クリニーク

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    お絵かき感覚のクレヨンリップ

    FBからも最新情報をお届けします。