1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 創造的な精神と革新へのパッションがブランドの核。ティファニーとアート

創造的な精神と革新へのパッションがブランドの核。ティファニーとアート

創造的な精神と革新へのパッションがブランドの核。ティファニーとアート

現在、NYのホイットニー美術館で開催中の現代アートの祭典「ホイットニー・ビエンナーレ」。2年に一度開催されるこのイベントを2017年から3回にわたり『ティファニー』が協賛します。

ティファニーの職人と新進気鋭アーティストのコラボレーション

イベントそのものは、ニューヨークのミート・パッキング・エリアにあるホイットニー美術館で行われますが、五番街の『ティファニー』本店4階でも「TIFFANY X WHITNEY BIENNAL」と題したマルチメディア・インスタレーションを4月末まで開催中です。

新進気鋭のアーティストを多く発掘してきたことでも知られるホイットニー・ビエンナーレ。注目なのが、その開催を祝して、出展アーティスト5名と『ティファニー』の職人と共に創作したコラボレーション商品です。

ブルックリンを中心に活動するアーティスト、キャリー・モイヤー作のシルバーネックレス。彼女の作品「String Theory + Daisy Chains」のエッセンスが感じられます。

ラウール・デ・ニエベスのドローイングを再現したシルバーボックス。細工の繊細さは、『ティファニー』の彫刻師のマスターとワークしたというだけあり見事です。

アジャイ・クリアンのシルバー製名刺入れ。心理的な表現を特徴とする作者らしく「PSYCHO」の文字がステレオグラム(立体画)で隠されているというユニークな作品です。

先コロンブス期のデスマスクにヒントを得たという、ハロルド・メンデスの容器。

アトランタ出身ブルックリン在住のシャラ・ヒューズの、抽象的な風景画を描いた水差し。ホームウェアでもファンの多い『ティファニー』。コレクションに加えたい人も多いかもしれません。

『ティファニー』 X アンディ・ウォーホールのホリデーカードも必見

現在、同じく本店4階で鑑賞できるのが、アンディ・ウォーホールによるクリスマスカードのドローイングです。20世紀、多くの有名アーティストに貢献してきたティファニー。彼もそのひとりで、星やオーナメント、フルーツなどを題材したカラフルな作品はホリデーのワクワクを感じさせます。

1950年代半ばからはじまったというティファニーとポップアートの旗手のコラボレーション。ティファニーの伝統と革新というブランドコンセプトは最近はじまったものではない、と認識を新たにさせられます。

アートはティファニーにとって切り離せない存在

1837年の創業当時から、アーティストや芸術団体を支援してきた『ティファニー』。ホイットニー・ビエンナーレと同じく、創造的な精神と革新へのパッションは、ブランドの核でもあります。

アクセサリーの域を超えて「アートを身につける」という気分にさせてくれる『ティファニー』のジュエリー。五番街本店のみで限定販売中のコラボレーション商品は定番にはない、新たなブランドの方向性を感じさせまさに「革新」。ファン垂涎の逸品となりそうです。

PR TIMES

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    創造的な精神と革新へのパッションがブランドの核。ティファニーとアート

    FBからも最新情報をお届けします。