ある日突然、社内報やビジネス誌から取材の依頼が来て驚いたことはないでしょうか? 自分の仕事をだれかに認められるのは本当に誇らしい。そんな宝物の記憶はいつも以上に美しく、自信に満ちたプロフィール写真で飾りたいもの。

だからこそ、イザというときのためにプロフィール写真を撮っておくのはキャリア女性には大切、ですが、さらにプロフィール写真には、単なる写真以上のメリットがあるのです。

今回は、元女性ファッション誌の編集者で、現在フォトスタジオを運営している『Anna Photo(アンナフォト)』の石山照実さんにプロフィール写真のメリットについて取材しました。

欠点をチャームポイントに変えるプロフィール写真

せっかくプロフィール写真を撮影するなら、プロのヘアメイクが絶対に必須だと石山さんは言います。

20170420_photo_1.jpg

「年を重ねると、忙しくて自分の顔をまじまじと見る時間もなくなります。プロのヘアメイクさんにじっくりと時間をかけてキレイにしてもらうと、自分ではマイナスに考えていた顔や体の特徴が、じつはチャームポイントだったことに気づくことも」と語る石山さん(以下、石山さん同じ)。

プロのヘアメイクさんは、自分が思いこんでいる"欠点"をチャームポイントとして見せるテクニックを熟知しているのだそう。

自分だと気に入らないパーツを隠そうとするマイナス思考に基づいたヘアやメイクにしてしまいがちですが、プロだとポジティブにほかのパーツを引きたてて、欠点をチャームポイントに変え、可愛らしく見せてくれるのです。

「写真を何百枚と撮っていくうちに、硬かった表情が恥ずかしさを通りこして生きいきとした笑顔に変わっていくのです。その素敵な瞬間をプロのカメラマンは見逃しません。カメラマンはその方の魅力を最大に引きだす顔の角度を捉えます。ですので、自分が一番キレイに見える角度を発見することができます」

ファッション誌の編集者として、星の数ほどの女性を撮影してきた石山さん曰く、どんな女性にも絶対に可愛い角度があるそう。プロのヘアメイクさんにはいつもの自分よりずっと美しくしてもらい、カメラマンには一番魅力的な表情を引きだしてもらうーー。

自分のチャームポイントを発見すると、今後プライベートで写真を撮るときや、毎日メイクをするときに、自分の"魅せ方"がわかるそう。

自分に贈る、自分だけの特別なひととき

20170420_photo_2.jpg

『アンナフォト』でプロフィール写真を筆者も実際に撮影したのですが、ヘアメイクさんやカメラマンに「キレイ!」「それいいね!」「可愛い!」などと撮影中ずっと声をかけられ、日常生活では味わうことのない極上の時間を楽しめました!

最初は恥ずかしかったのですが、褒め言葉にだんだんと心がのってきてポーズがとれるようになり、自然と笑えるように。

20170420_photo_4.jpg

「カメラマンの指示に従ってほほえみポーズを変えていくうちに、自分自身と向きあい、自分に開きなおることで自信がわいてくるのです。そして、そんな自信を放つ女性は本当に美しく見えます。撮影した写真をみて、"わたし、まんざらでもない"とご自身の魅力をじっくりと客観的に発見することができます」

プロの力を借り、時間をかけて自分の魅力と向きあう。そんなプロフィール写真撮影は、まさに自分だけの特別なひととき。

できあがったプロフィール写真をみて、「この自分にいつもなりたい」とメイクやオシャレを楽しむようになる女性も多いとか。外見に自信がついたばかりでなく、日々の心のもちようにも変化が出てくるのです。

最後に、キャリア女性ならではの自分を知った自信、知性、美しさを叶えるプロフィール写真のポイントを石山さんに伺いました。

誰に見せたいか、自分をどんな人物に見せたいか、具体的なイメージを準備しておく

誰に見せるのか、自分をどう見せたいのか、という点を明確にしておけばメイクや洋服選びも簡単になります。

たとえば、黒や紺のジャケットをよく着る40代以上の女性は、ジャケットやトップスなどに明るい色をもってきたほうが華やかで若々しく見えます。ダークカラーの装いには手を入れたポーズにすると雰囲気が明るくなります。また、やわらかく女性らしく見せたいときは、ノーカラージャケットもおすすめだそう。

20170420_photo_3.jpg

「プロフィール写真を仕事に使う方は、誰に見せたいか、どんな人物として見られたいかという具体的なイメージを用意しておいたほうがよいでしょう。自分より若い20代のタレントでもよいので、雰囲気やイメージをヘアメイクやカメラマンに伝えて下さい」

きちんとしたプロフィール写真は、自分をきちんとケアしている人、というメッセージを送ります」と言う石山さん。

ビジネスに直接使用せずとも、プロに撮ってもらったプロフィール写真をSNSに使うだけで、あなたの印象は劇的に変わります。自分自身の魅力に向きあう特別なひとときを楽しむだけでも、プロフィール写真を撮る価値はあるのではないでしょうか?

Anna Photo(アンナフォト)

東京・恵比寿にあるフォトスタジオ。大手出版社のファッション誌編集を務めたディレクターと、一流雑誌や広告で活躍しているカメラマンとヘアメイクによるプロフィール撮影を行っている。美容雑誌を担当した経験から、美容エディターとして、広告や雑誌で活躍中。4月15日には「肌年齢を5歳若返らせるファンデーション選び」セミナーを、4月16日より、スタジオにて定期的に講師を招いてヨガレッスンを開催するなど、多角的に女性の美に関する場を提供し続けている。詳細はアンナフォトへ。

取材協力・写真提供:Anna Photo