1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ホーチミンの新アイコン。粋を極めた6ツ星ホテル

ホーチミンの新アイコン。粋を極めた6ツ星ホテル

1,562

ホーチミンの新アイコン。粋を極めた6ツ星ホテル

好景気に沸き、変貌著しいベトナム。今やビーチリゾートとしてダナンやフーコック島が注目されるなか、最大の商都・ホーチミンも経済発展の真っただ中。そんな街の新たな象徴ともいうべき存在が、ベトナム国内で唯一の6ッ星ホテル「ザ・レヴェリー・サイゴン」です。

170428_vietnam_1.jpg

街のアイコン的ホテルを拠点に、今夏、刻々と進化を遂げるサイゴンの街を巡ってみるのはいかが?

ドアを開ければ、大理石×ヴェネツィアン・モザイクの壮麗な世界

170428_vietnam_2.jpg

エントランスで輝くLEDシャンデリア「アラベスク・エッグ」は、「VG New Trend」社製。クリスタルとスチールによる繊細な装飾が美しい。天井にはイタリアの職人が手がけたムラノグラス(ヴェネツィアングラス)のカラフルなピースでベトナムの地形が表現されている。ホテルのオープンは2015 年9月。

ベトナム屈指のラグジュアリーホテルとして登場した「ザ・レヴェリー・サイゴン」。ホーチミン市の目抜き通り、ドンコイ通りとグエンフエ通りに面した一等地に建ち、複合商業ビル「タイムズスクエア・ビルディング」の高層階に位置する286室の客室は抜群の眺望を誇ります。

オープン以来、とにかく話題となっているのは徹底的に予算をかけたインテリアの壮麗さ。1階のエントランスから規格外で、壁面を飾るボリビア産のブルーの大理石や金箔の装飾、その奥から覗くシャンデリア「アラベスク・エッグ」の煌びやかさは、ホテルに到着した瞬間、取材陣から思わず歓声が上がったほど!

巨大なモザイクタイル画と美術品級ソファがお出迎え

170428_vietnam_3.jpg

全長5mのソファ「エスメラルダ」はホテルの特注品で、お値段なんと約3,000万円! このソファは世界に2つしか存在せず、色違いを故マイケル・ジャクソンが所有していた......というエピソードまでも豪華。

天井高のある7Fのレセプションは、総大理石の壁面にヴェネツィアン・モザイクの著名ブランド「シチス」の職人による目にも鮮やかな装飾が。これ、絵でもファブリックでもなく、モザイクタイルなのです。

中央に鎮座するソファは、イタリアの高級家具ブランド「コロンボスティール」の「エスメラルダ」。紫色のオストリッチレザーにバロック調の金箔のふちどりが施され、側面にはなんとアメジストまで飾られた一脚。こんな美術品級ソファに気軽に座っていいとは......驚きです。

最高峰のイタリアンデザインが集結した夢の空間

170428_vietnam_4.jpg

写真はスイートルーム宿泊者だけが利用できる「ザ・レヴェリー・ラウンジ」。白とゴールドで統一された優美な世界は、"グラマー・デザイン"をコンセプトにする「ビジオネア」が担当。白亜の空間でアフタヌーンティーも楽しめる。

「ザ・レヴェリー・サイゴン」は、前述の「タイムズスクエア・ビルディング」のオーナーでもある富豪一族が「ベトナムが世界に誇れるホテルを」と、とてつもない予算を投じて造りあげた独立系ホテル。最高峰のイタリアの家具ブランドが一堂に会した豪奢なインテリアが特徴で、「コロンボスティール」や「バルディ」「ジョルジェッティ」「ビジオネア」「B&Bイタリア」など、普段なかなか触れる機会のない超高級家具が散りばめられています。ゴージャスで希少性の高いマスターピースが詰まった空間は、もはや博物館に泊まるよう。

名品がコレクションされた個性際立つスイートルーム

170428_vietnam_5-1.jpg

スイートルームは43㎡から313㎡まで。写真は「カッシーナ」の家具でコーディネイトされた「サイゴンスイート」。室内は2階建の造りで、吹き抜けの広々としたリビングが圧巻。ダイニングルームにはフランク・ロイド・ライトの名作ダイニングテーブル&チェアのシリーズが置かれている。

全286室の客室は12種類のカテゴリーに分けられ、そのうち62室がスイート。「ジョルジェッティスイート」や「ビジオネアスイート」など、ブランドの名作家具を配した多彩なスイートは、部屋ごとに個性が全く異なり、まさにイタリアンデザインのショーケースを見ているような感覚に。

170428_vietnam_5-2.jpg

「サイゴンスイート」の総大理石のバスルーム。ここにも「シチス」のみごとなモザイクタイルが。熱帯の花と蝶をあしらったベトナムらしいモチーフ。

170428_vietnam_6-1.jpg

インパクトがあった「ロマンチックスイート」のバスルーム。赤を基調にしたムーディーな室内には、なんと真紅の1人掛けソファ付き。カップルは入浴中もご一緒に......ということだろうか。床面からバスタブまで赤のグラデーションでビッシリと装飾されたモザイクも、もちろん「シチス」の職人仕事。

170428_vietnam_6-2.jpg

「ロマンチックスイート」のベッドルーム。ヴェネツイアの高級テキスタイルブランド「RUBELLI(ルベリ)」による壁面の意匠がロマンチック。

実は標準タイプの客室も、隅々まで快適&ゴージャス

170428_vietnam_7.jpg

筆者が宿泊したデラックスルーム。スイートに泊まらずとも、充分にラグジュアリーなシティリゾートを満喫できる。眼下にサイゴン川を一望!

このホテルのポテンシャルの高さを感じるのは、224室ある標準タイプの客室が実にハイレベルであること。部屋は43㎡〜53㎡と市内最大の広さで、アメニティも細部まで充実。タオルやバスローブ、そして、ベッドリネンはすべてイタリアの最高級リネンブランド「フレッテ社」製。リネンは筆者が滞在した標準タイプのデラックスルームで400スレッドカウント、スイートはさらに上質な600スレッドカウントを採用。これがどのくらい快適かというと、張りがありどこまでも滑らかで、横たわれば即座に睡魔に襲われるほど。うっかり昼から熟睡してしまう、罪なほどの心地良さなのです。

170428_vietnam_8-1.jpg

(左)フレッテ社のバスローブは軽く滑らかで夢心地の肌触り。(右)ミネラルウォーターはかわいいオリジナルバッグ入り。

アメニティは日本のホテルではあまり見かけない「ショパール」のもの。何より、全客室に床面から天井までの大型の窓を備え、ベッドルームやバスルームから街の象徴であるサイゴン川が一望できます。この眺めもホテルの財産のひとつです。

170428_vietnam_8-2.jpg

(左)標準タイプのアメニティは「ショパール」。(右)スイートには「アクア・ディ・パルマ」や「エルメス」を採用。

イタリアン×フレンチ×広東の豪華な饗宴

170428_vietnam_9-1.jpg

(左)このショープレート(飾り皿)も「プロヴァーシ」のもの。きけば1枚30万円以上とか......。箸を持つ手に緊張が走ります。(右)インテリアは中華圏の招福の色、赤と金でまとめられている。

ホテル内には5つのダイニングがあり、あえてベトナム料理以外で勝負するラインナップから、オーナーの並々ならぬこだわりが伝わってきます。イタリア出身のジョバンニ・バレッラ氏がエグゼクティブ・シェフを務め、1階はレストラン、バー、デリからなるイタリアンのフロア。通りを貫く48mのバーカウンターが設置された「ザ・ロング@タイムズスクエア」では、イタリアから空輸した小麦粉とチーズを使い、ナポリ製の薪窯で焼き上げる"本気の"ナポリピッツァが堪能できます。

「ザ・デリ」では30種類以上のジェラートが揃い、このピザからジェラートの流れは必食! フランス人シェフのセバスチャン・シュナイダー氏が手がける6階のフレンチ「カフェ・カーディナル」、さらに現地から招聘した特級料理人が腕を振るう4階の高級広東料理「ザ・ロイヤル・パビリオン」。どの店もハイレベルですが、「PROVASI(プロヴァーシ)」の家具を配した豪奢な店内でいただく洗練された広東料理は格別の体験でした。

170428_vietnam_9-2.jpg

料理の例より。点心から、左側は店のシグネチャーでもある黒米を使った珍しい腸粉。(右)子ブタの顔の点心も驚きの完成度。点心師の質の高さは実力ある店の証。

世界のスパマニアを満足させる「THE SPA」

170428_vietnam_10-1.jpg

「B&Bイタリア」のピーコックチェアが置かれた「THE SPA」の1階エリア。階段の裏側部分にも入念なモザイクタイル。ここにも「シチス」の仕事が!

2フロア、1,200㎡のスペースを誇るその名も「THE SPA」。ウォルナットの木材と白でまとめた流麗な空間で、一歩入った途端にテンションが上がります。10室のトリートメントルームを用意し、ベトナムの伝統的マッサージやタイ式、ホットストーンなど多彩なメニュー構成。プロダクツはハイエンドなオーガニックブランドである英国の「ila」とアイルランドの「VOYA」を使用。壁面にヒマラヤンソルトが埋め込まれたドライサウナや、カラーセラピー・スチームバスが完備され、スパゲストは自由に利用できるのも高ポイントです。

170428_vietnam_10-2.jpg

(左)写真はホットストーンを用いたトリートメント。「Seaweed Hot Stone」90分2900.000VND。(右)まずは足浴とフットスクラブでスタート。

ベトナムの伝統的刺繍をお土産に

170428_vietnam_11-1.jpg

さて、SPAを堪能した後は刺繍雑貨を探しに小さな工房へ。王朝時代に育まれたベトナムの刺繍文化は、豊かな自然の描写や熱帯ならではの鮮やかな色彩が魅力です。ここは伝統的な手刺繍の技を伝えながら、気軽に纏えるモダンなデザインのアオザイなどを提案する現代的な工房。ビルの2階にある自然光が降り注ぐアトリエでは、刺繍職人さんたちが黙々と作業中でした。

170428_vietnam_11-2.jpg

(左)クッションカバーに福々しい鳥たちを刺繍する女性。(右)細かな刺繍が施された、民族衣装をモチーフにしたワンピース。価格帯は刺繍入りアオザイが290万VNDほど。最新店舗がホテル近くにオープン。

アオザイやブラウスになどに刺繍を施したアイテムはどれも愛らしくて、眺めるだけでワクワクしてしまう。手刺繍のテーブルクロスやクッションカバーななどは、まさにお土産向き。

Huu LaLa

電話:+84-938902329Huu LaLa

ヴィンテージ・ヴェスパでナイトツアーへ!

170428_vietnam_12-1.jpg

ホテルの前に集結したヴィンテージ・ヴェスパ。ちなみに奥の男性陣はドライバーではなくホテルのドアマン。

買い物のあとは、夕暮れとともにナイトライフ探検へ出発。「Vespa Adventure」は、よく手入れされたピカピカのヴィンテージ・ベスパに乗ってサイゴンの街を巡る人気のツアー。ホテルにお迎えに現れたオレンジ色のポロシャツ姿のドライバーとともに、いざ、夜のホーチミンの街へ!

170428_vietnam_12-2.jpg

(左)ヘルメットを着用して街を疾走。バスも歩行者も近い近い!(右)食事に立ち寄った下町のシーフードレストラン。プラスチックの食器、箸袋やお手拭きのデザインがキッチュでかわいい。初めて飲むローカルブランド「SAGOTA」ビールで乾杯!

ドンコイ通りを抜け、一行はどんどん下町エリアへ。バスやタクシー、2人乗りバイクの間をグイグイすり抜け、想像以上の疾走感! このナイトツアーはローカルレストランやカフェ、ライブハウスなどをたっぷり4時間かけて廻る充実の内容で、英語による丁寧なガイド付き。サイゴンの街を知る入門編として、かなり楽しめました。

Vespa Adventure「Saigon After Dark」

時間:18:30〜22:30(夕食付き)料金:93USドルTEL:+84-1222993585Email:lets@ridevespas.comhttp://vespaadventures.com/

サイゴンも「シングルオリジン」と「ビーン・トゥー・バー」ブーム!

170428_vietnam_13.jpg

(左)「マルゥ」は一つの産地のカカオから一つのチョコを作る、純粋な「シングルオリジン」チョコレート。材料はカカオ豆とキビ砂糖のみ。だからこそ産地別のカカオの味の違いが際立つ。(右)店内のカフェスペース。Tシャツなどオリジナルグッズも販売。

旅の最後は、筆者のライフワークでもある「豆」パトロールを。やはりこの街も現地産のコーヒー豆やカカオが楽しめるショップが盛り上がっていました

昨年、初の路面店がオープンした「MAROU(マルゥ)」は、2人のフランス人によって創設されたベトナム産チョコレートの専門店。カカオの仕入れから製造までの工程を一貫して行う「ビーン・トゥー・バー」の人気メーカーで、しかも"ベトナム産のカカオだけしか使わない"という強いこだわりが特徴。美しいパッケージデザインも魅力です。この「メゾン・マルゥ」はオリジナルスイーツが楽しめるカフェを併設し、ジンジャーや唐辛子風味といった個性的なフレーバーのメゾン限定チョコレートも揃えているので、訪ねる価値は大いにあり。ペンタイン市場の近くです。

170428_vietnam_14.jpg

(左)天井高のある店内。写真はカッピング(豆の試飲)中のバリスタさん。(右上)コーヒーは豆の種類と抽出法を選んでオーダー。ハンドドリップ80000VND〜、サイフォン135000VND〜など。有無を言わさず砂糖は2本。(右下)豆の販売は常時3種類ほど。250g265,000VND〜。

もう1軒は、ホテルから程近いビルの3階にあるコーヒーショップ「The Workshop」。ベトナム産をはじめエチオピアなど各国の上質な豆を店内のロースターで自家焙煎し、ハリオV60やケメックス、エアロプレス、サイフォンなど多彩な器具で抽出してくれる。こうした楽しませ方は、昨今のロースタリー系コーヒーショップでよく見かける世界共通スタイル。ファクトリーのような店内の作りも硬派でカッコよく、何よりスタッフのキリッとした仕事ぶりやコーヒー愛溢れる接客が気持ちいい。つい長居してしまう良いお店です。面白かったのは、それだけこだわり抜いたコーヒーにデフォルトでスティックシュガーが2本ついてくるところ。さすがベトナム、甘党です。

MAISON MAROU

電話:+84 8 7300 5010営業時間 :9:00〜22:00http://www.maisonmarou.com

THE WORK SHOP

電話:+84 8 3824 6801営業時間:8:00〜21:00https://www.facebook.com/the.workshop.coffee/

豪華至上主義!? いいえ、楽しむべきはイタリアの「職人魂」

170428_vietnam_15.jpg

このホテルを「派手好みの富豪が作ったバブリーなホテル」と位置付けてしまうのは簡単なこと。でも滞在してみれば、本物の素材、受け継がれる職人技を妥協することなく詰め込んだ空間であることに気づく。オーナーが伝えたかったのは、イタリアに息づく"アルチザンの精神"であり、それはベトナムの伝統とも共鳴し合うもの。1万メートル以上使用したという「ルベリ」のファブリックや、あらゆる空間を埋め尽くす「シチス」のモザイクタイルを目にするたびに、この館を創り上げた労苦と熱意に気が遠くなる。行き届いた接客や充実のアメニティといったソフト面も含め、このクオリティで1泊3万円台〜というのは、東京価格で考えればかなりお得。アルチザンの館を拠点に、変わりゆくホーチミンシティを巡るのも、新たな発見があると思うのです。

ザ・レヴェリー・サイゴン

電話:+84-8-3823-6688宿泊料金:1泊朝食付き350USドル〜、スイートルーム800USドル〜。

問い合わせ:ザ・リーディング・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(03-5551-0101)

今夏のホーチミンの旅は、4スターエアラインのベトナム航空で

170428_vietnam_16.jpg

(左)昨年導入された2種類の新機種<B787-9>< A350-900>は、ビジネスクラスのフルフラットシートが大きな自慢。(右)キャビンクルーが着用する、20箇所以上を採寸して作られる美しいアオザイの制服も魅力の一つ。

昨年、航空会社の国際的な認定機関・スカイトラックス社で4スターエアラインに認定されたベトナム航空。日本の4都市とハノイ、ホーチミン、成田〜ダナンを結び、自社便による路線は週60便以上。成田〜ホーチミン間だけで週12便(夏期は14便に)という充実度。日本から最短で約5時間、午前に出発し、昼過ぎにはベトナムに到着する恵まれた時間帯も人気の理由です。また、昨年末にはベトナム航空が発信する最新情報サイト「Meets Vietnam」が開設されたので、旅立つ前にはぜひチェックを! ますます快適さに磨きがかかったベトナム航空で、ホーチミンの旅がさらに身近になりそうです。

ベトナム航空

電話:03-3508-1481(予約発券課)「Meets Vietnam

藤森陽子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    4. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    5. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. いつまで仕事続けるか問題。正直、何歳で辞めたい? #ホンネ調査

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. いくつあてはまる? 仕事もプライベートも充実しているリーダーが持つ5つの要素

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    ホーチミンの新アイコン。粋を極めた6ツ星ホテル

    FBからも最新情報をお届けします。