1. Home
  2. ライフスタイル
  3. シシド・カフカさんの美髪の秘密。改良されたダイソンのヘアドライヤーがすごい

シシド・カフカさんの美髪の秘密。改良されたダイソンのヘアドライヤーがすごい

シシド・カフカさんの美髪の秘密。改良されたダイソンのヘアドライヤーがすごい

昨年春にローンチされた、ダイソン初のヘアードライヤー「Dyson Supersonic™(ダイソン スーパーソニック)」

約1年を経て、日本人の髪をより良くスタイリングするために開発された改良版が登場。表参道ヒルズで5月9日に行われた発表会に行ってきました。

20170509_dyson_1.jpg

日本人の髪がエンジニア魂に火をつけた

「ダイソン スーパーソニック」開発の責任者であるトム・クロフォードさんによると、ダイソンのエンジニアは「人が気づかないような問題点を解決するのが大好き」。昨年発表した「スーパーソニック」は大好評だったにも関わらず、日本人の髪をより美しく乾かすために、毎週700万ポンド(約10.1億円)もの研究開発費を投入してバージョンアップを進めていたそうです。

なぜ日本人に注目したかというと、9割の人が夜に髪を洗い、乾かして、朝スタイリングしなおすという習慣が「とてもユニーク」だったから。清潔さではピカイチですが、髪が半乾きのまま眠る人も多く、逆に髪が痛んでしまうことも......。

「インナービューティ(髪の健康)とアウタービューティ(髪のスタイリング)の両方を重視するのが日本人。とくに頭皮の健康に注目する人が増えています。新しい『スーパーソニック』を使えば、強い風量で髪の根元を立ち上げながら、髪の内側まで素早く乾かすことができ、眠っているあいだに髪が痛むことがありません。髪の根元がふんわりすることで、朝のスタイリングもうまくいきます」(クロフォードさん

20170509_dyson_2.jpg

「スーパーソニック」といえば、そのパワフルな風量はお墨付き。毎秒11万回ほどの高速回転モーター「Air Multiplier™(エアマルチプライアー)」テクノロジーで、ドライヤーの周囲の空気まで巻き込み、風量を3倍に増幅させます。

さらに改良版では、パワーだけでなく温度コントロール力を重視。センサーで毎秒20回も風の温度を測定して調整することで、温度の上がりすぎを防ぎ、髪を熱ダメージから守ってくれるのです。

ダイソンの研究によると、髪は150度以上の熱で痛みはじめるとのこと。特にブラシを当てながらドライヤーの風を当てているときは、150度以上になりがち。スタイリング時に髪に触れて「アチッ」となったことがある人は、要注意です。

20170509_dyson_4.jpg

シシド・カフカさんの美髪の秘密

つづいて「スーパーソニック」のインフルエンサーに選ばれたシシド・カフカさんと、ヘアメイクアーティストの小田切ヒロさんが登場。

つややかな黒髪のロングヘアと、厚めバングが印象的なシシド・カフカさん。トレードマークのヘアスタイルをキープするために、撮影ではヘアアイロンを使うことが多く、「スーパーソニック」を使う前は髪のダメージが気になっていたといいます。

「20分から30分はドライヤーにかかっていたけど、『スーパーソニック』のおかげでずいぶん短縮できました。モーターがドライヤーのハンドル部分に入っているから、すごく軽くて使いやすいし、髪がぜんぜん熱くならないんです」(シシド・カフカさん)

この日はややウェービーにスタイリングしていた髪を、小田切ヒロさんが「スーパーソニック」を使って「スーパーストレート」にスタイリングするデモンストレーションを実施。髪をブロッキングしなくても、「スーパーソニック」なら手ぐしで風を当てるだけできれいなストレートになる、と小田切さん。

「新しい『スーパーソニック』は、顔まわりの髪のスタイリングにこだわりのある日本人のために、よりデリケートな風も出せるようになりました。僕のお気に入りは、マグネット式でワンタッチでつけられるアタッチメント。ブローしたい場所に的確に風を当てて、よりつややかに仕上げることができます。すごく簡単だから、ズボラ女性には絶対におすすめ」(小田切ヒロさん)

20170509_dyson_3.jpg

そして仕上げは、改良版の特色である「風量1・温度100度」の特別モードで。髪を傷めない範囲の最高温度で、うねりやクセを一発で伸ばす優秀機能です。

あっという間に「スーパーストレート」になったカフカさんの黒髪は、ため息がでそうな美しさ。ほっそりとした二の腕にサラサラとかかって、本当にきれいでした。

カフカさんが出演する「スーパーソニック」の how to 動画では、小田切ヒロさんのスタイリングテクニックも紹介されています。

スタイリッシュなデザインに加え、「アイアン/ブルー」と「インペリアルパープル」の新色も魅力。パワフルなのに髪を痛めない新しい「スーパーソニック」、いますぐ使ってみたくなりました。

Dyson Supersonic™

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    3. メンタルヘルスのプロに聞いた、精神力の鍛え方

    4. 折れない心「レジリエンス」を手に入れよう!

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    7. 上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. みんな、「転職」してよかった? #ホンネ調査

    10. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    1. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    2. 豊かで幸せな40代をおくるために必要なスキル

    3. 学校で教えてもらえなかった「文章の書き方」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

    6. Bluetoothにも採用の技術、開発者はハリウッド女優でした

    7. たったの3つで、ビジネス英語がようやく自分のモノに

    8. 自由になれた気がした、40の夜/お金にならない学び #4

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. シンプル。77歳で英語が得意になれた3つの理由

    1. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    2. ジョブズは「なにか質問はありますか」を言わない

    3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    4. 日本一になれた人は365日×10年こんなことを続けてる

    5. 高収入の人が毎朝やっていること

    6. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    7. ナッツを冷凍してみてよ、もっとおいしくなるから

    8. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    9. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    シシド・カフカさんの美髪の秘密。改良されたダイソンのヘアドライヤーがすごい

    FBからも最新情報をお届けします。