1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

わたしたちは考えることが多い生き物です。朝起きた瞬間から、何着よう、今日はどんな予定があったっけ、と思考はあちこちに及びます。移動中もスマホを見たり、こんなところに新しいお店ができてると発見したり、車内広告をチェックしたり。仕事外でも、頭は一日中、フル回転。言ってみれば、"脳のオーバーヒート"状態です。考えることから脳を解放してあげられるのは、睡眠時だけ。よって、より質の高い睡眠が大事だというのは、想像に難くないですよね。

脳のオーバーヒートを緩和させるアイテムがあるのをご存じでしょうか。

岩塩とフランキンセンスが鍵

ホリスティックトリートメントサロン『ハーモニティ』が開発した<ブレイン レスト>です。

20170526_harmonity_1.JPG
<ブレイン レスト>7,000円(税別)。栄養価の高いアルカリ性天然岩塩とフランキンセンスの香りが心地よい眠りに誘う。

人体と同じ割合で84種のミネラルが含まれるというヒマラヤのピンク岩塩と、その昔、瞑想などの儀式にも利用されてきた上質なフランキンセンスを用いた枕が、心を落ち着かせ、深いリラックス状態へと導きます

大きな動脈やリンパ腺が走る首筋に当たるように枕の上にセットすると、岩塩による効果がより伝わりやすいのだとか。

20170526_harmonity_2.jpg

サロンの代表であり自然療法セラピストの長谷川和美さんは、開発にいたった経緯をこのように話しています。

睡眠は全細胞を修復し、免疫力を高める大切な時間です。睡眠不足は肥満や便秘などを引き起こす可能性がありますし、自律神経の乱れに影響を及ぼすとも言われます。美肌に欠かすことのできない成長ホルモンが分泌されている時間帯に熟睡することで、疲労回復につながりますが、もっとも大切なことはその際に脳を休めることなんです」(長谷川さん)

疲れたらサロンやマッサージに行くことがありますが、それらはスペシャルケア。疲れを溜め、耐えられなくなった時にウルトラC的に施術を受けるだけでは、同じ生活に戻れば元の木阿弥となります。だからといって日々の生活に特別な何かプラスしたり、不調をきたしそうな行動を引いたりすることは、なかなか難しいもの。でも、寝る環境を整えるだけなら、すぐにでも実行できそうではないですか。

成長ホルモンを侮ることなかれ

そういえば睡眠と成長ホルモンで思い出しましたが、わたくし、過去に取材でホルモン検査を受けたことがあります。結果は1週間後に検査機関からクリニックに届くと聞いていたのですが、数日後、ドクターから「すぐに病院に来られますか!?」と連絡がありました。検査結果が悪かった(というか悪すぎた)からなのですが、顕著だったのが、成長ホルモンの分泌量が平均値にまったく届かなかった点。

「この数値だと、夜、全然眠れないんじゃないですか?」と、医師からかなり心配されました。言われてみれば、夜中に何度も目が覚める。4〜5時間の睡眠(この短さの時点で問題あり......)の間に、最低3回は起きてしまう。またすぐに眠れるので、気に留めていなかったのですが、先生によれば、十分な睡眠がとれていないことで成長ホルモンが満足に分泌されず、そのせいで甲状腺ホルモンにまで変調をきたし......と、悪循環というか、もう、不調のデパートでした。

晩ごはんに良質な赤み肉を摂るといいなど、いろいろ対策を教わり、粛々と実行に移し、ほどなくして頻繁には目覚めない身体に。肌あれは落ちついたし、何より、気持ちが安定するようになった気がします。

20170526_harmonity_3.jpg

過去の不調を告白したかったわけでなく、お伝えしたかったのは、睡眠って本当に大事です! このひとこと。

ブレイン レストは、冷やして使ってもOK。寝苦しい季節にも最適です。みなさん、心地いい睡眠を。

ハーモニティ

電話:050-1268-0654※ウェブサイトから購入可能。

ハーモニティ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    2. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    3. だらけやすい「終業までの残り時間」をしゃっきり活用する方法

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    7. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 冒険家が教える「夢を叶えるのは、こんな言葉から」

    10. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    4. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「若返りのツボ」を押すだけ。巡りを整えて健康美人に

    8. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    9. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    10. 夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 「ちょっといいコーヒー」をやめると、人はもっと幸せになれる

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    9. 「女性のための」プロダクトで社会を変える。NYミレニアル世代の発想 [MASHING UP]

    10. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

    FBからも最新情報をお届けします。