1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

1,862

脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

わたしたちは考えることが多い生き物です。朝起きた瞬間から、何着よう、今日はどんな予定があったっけ、と思考はあちこちに及びます。移動中もスマホを見たり、こんなところに新しいお店ができてると発見したり、車内広告をチェックしたり。仕事外でも、頭は一日中、フル回転。言ってみれば、"脳のオーバーヒート"状態です。考えることから脳を解放してあげられるのは、睡眠時だけ。よって、より質の高い睡眠が大事だというのは、想像に難くないですよね。

脳のオーバーヒートを緩和させるアイテムがあるのをご存じでしょうか。

岩塩とフランキンセンスが鍵

ホリスティックトリートメントサロン『ハーモニティ』が開発した<ブレイン レスト>です。

20170526_harmonity_1.JPG
<ブレイン レスト>7,000円(税別)。栄養価の高いアルカリ性天然岩塩とフランキンセンスの香りが心地よい眠りに誘う。

人体と同じ割合で84種のミネラルが含まれるというヒマラヤのピンク岩塩と、その昔、瞑想などの儀式にも利用されてきた上質なフランキンセンスを用いた枕が、心を落ち着かせ、深いリラックス状態へと導きます

大きな動脈やリンパ腺が走る首筋に当たるように枕の上にセットすると、岩塩による効果がより伝わりやすいのだとか。

20170526_harmonity_2.jpg

サロンの代表であり自然療法セラピストの長谷川和美さんは、開発にいたった経緯をこのように話しています。

睡眠は全細胞を修復し、免疫力を高める大切な時間です。睡眠不足は肥満や便秘などを引き起こす可能性がありますし、自律神経の乱れに影響を及ぼすとも言われます。美肌に欠かすことのできない成長ホルモンが分泌されている時間帯に熟睡することで、疲労回復につながりますが、もっとも大切なことはその際に脳を休めることなんです」(長谷川さん)

疲れたらサロンやマッサージに行くことがありますが、それらはスペシャルケア。疲れを溜め、耐えられなくなった時にウルトラC的に施術を受けるだけでは、同じ生活に戻れば元の木阿弥となります。だからといって日々の生活に特別な何かプラスしたり、不調をきたしそうな行動を引いたりすることは、なかなか難しいもの。でも、寝る環境を整えるだけなら、すぐにでも実行できそうではないですか。

成長ホルモンを侮ることなかれ

そういえば睡眠と成長ホルモンで思い出しましたが、わたくし、過去に取材でホルモン検査を受けたことがあります。結果は1週間後に検査機関からクリニックに届くと聞いていたのですが、数日後、ドクターから「すぐに病院に来られますか!?」と連絡がありました。検査結果が悪かった(というか悪すぎた)からなのですが、顕著だったのが、成長ホルモンの分泌量が平均値にまったく届かなかった点。

「この数値だと、夜、全然眠れないんじゃないですか?」と、医師からかなり心配されました。言われてみれば、夜中に何度も目が覚める。4〜5時間の睡眠(この短さの時点で問題あり......)の間に、最低3回は起きてしまう。またすぐに眠れるので、気に留めていなかったのですが、先生によれば、十分な睡眠がとれていないことで成長ホルモンが満足に分泌されず、そのせいで甲状腺ホルモンにまで変調をきたし......と、悪循環というか、もう、不調のデパートでした。

晩ごはんに良質な赤み肉を摂るといいなど、いろいろ対策を教わり、粛々と実行に移し、ほどなくして頻繁には目覚めない身体に。肌あれは落ちついたし、何より、気持ちが安定するようになった気がします。

20170526_harmonity_3.jpg

過去の不調を告白したかったわけでなく、お伝えしたかったのは、睡眠って本当に大事です! このひとこと。

ブレイン レストは、冷やして使ってもOK。寝苦しい季節にも最適です。みなさん、心地いい睡眠を。

ハーモニティ

電話:050-1268-0654※ウェブサイトから購入可能。

ハーモニティ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    脳に休息を。眠り姫になれるヒマラヤンソルトの枕

    FBからも最新情報をお届けします。