1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 歯を着色から防ぐため。世界初の透明なコーヒー

歯を着色から防ぐため。世界初の透明なコーヒー

歯を着色から防ぐため。世界初の透明なコーヒー

世界初、透明なコーヒーが生まれました。スロバキア在住のNagy兄弟によって開発・商品化された「CLRCFF」は、まるで水のように見えるコーヒー。

なぜ透明にしたのか? その理由がroomieに載っていました。

20170529_clrcff_2.jpg

「CLRCFF」が透明な理由、それはズバリ「歯に色を付けない」ためである。

朝起きてコーヒーを飲む習慣がある人は、歯に色がついて嫌な思いをしたことがあるはず。そこでNagy兄弟は、歯を汚さないようコーヒーを透明にした。

試行錯誤の末に完成したのは、アラビカ豆と純水のみを使用した透明なコーヒー。原料は、アラビカ豆と純水、そしてカフェインのみとなっている。

roomieより引用

20170529_clrcff_3.jpg

防腐剤、安定剤は使わず、もちろんノンシュガー。低カロリーなのも嬉しいところです。味が気になるところですが、今のところ出荷先はイギリスとアメリカのみ。この2か国に行くことがあればぜひ飲んでみたいものです。

働き出してからコーヒーが好きになった人も多いのではないでしょうか。大好きでも、歯の着色は気になるもの。透明なコーヒーが日本でも販売される日を楽しみに待ちたいと思います。

roomie

文/カフェグローブ編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    歯を着色から防ぐため。世界初の透明なコーヒー

    FBからも最新情報をお届けします。