1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 米国で8人に1人がバディムーン。ウェディングの新トレンド

米国で8人に1人がバディムーン。ウェディングの新トレンド

米国で8人に1人がバディムーン。ウェディングの新トレンド

晩婚化が進む中、ウェディングのスタイルが年々ラフでカジュアルなものに変わってきています。もちろん、ハネムーンもそのひとつ。

従来の新婚カップルがふたりきりで行く蜜月旅行から、なんと最近は気の合う仲間を連れて行く"buddymoon(バディムーン)"が流行っているそう。

気の合う仲間と楽しむハネムーン

最近のプライスライン調査によると、ここ5年で新婚旅行をした米国人1,000人のうち12%が、バディムーン(友人を連れて行くハネムーン)を行ったとのことです。このバディムーンへの関心の高まりはここ最近一気にきています。

The culture tripより翻訳引用

およそ8カップルのうち1組が経験している計算になるバディムーン。しかも、その流れはここ5年で一気に加速しているのだとか。

その背景には、伝統的なウェディングにこだわらない層(晩婚カップル、海外挙式を希望するカップル、結婚前に同棲をしており結婚そのものが日常の延長にあるカップルなど)が増えていることが一因だそうです。

ジェニファー・アニストンも12人の親友連れでバカンス

そしてこのバディムーンのトレンドは、セレブ達にも。あのパワーカップルも実はバディムーン経験者なのです。

ジェニファー・アニストンとジャスティン・セローは、2015年の自分たちのハネムーンに親友のチェルシー・ハンドラー、ジェイソン・ベイトマン、コートニー・コックスなどを招待しました。

The culture tripより翻訳引用

ドラマ「フレンズ」の共演でおなじみジェンの親友であるコートニー・コックスや、元夫のブラッド・ピットと別れた後もマスコミの盾となってジェンを擁護してくれたチェルシー・ハンドラーなど、総勢12人もの友人と一緒にボラボラ島でのバカンスを楽しんだジェンとジャスティン。もちろん終始大勢でいたわけではなく、新婚らしい2人きりの時間も満喫。「通常の新婚旅行も楽しめたし、仲間とリラックスして楽しく過ごすこともできた」とジャスティンがインタビューで答えていました。

そう、まさにこのバディムーンのメリットは、2人きりの旅も、気のおけない仲間との旅行も両方楽しめてしまうということなのです。

旅の多様化でハネムーンもユニークなものへ

さらにはバディムーンの影響か、今や定番のビーチ以外のハネムーンが人気上昇。旅のスタイルもゆっくり2人でくつろぐものからよりアクティブなものへと変化しています。

ウェスティンホテルの調査によると、最近の新婚カップルはビーチよりもアウトドアスポットを探す人が1.5倍、スキー旅行に行きたがる人が2倍にもなるそうです。

Marthastewart Weddingより翻訳引用

確かにアウトドアもスキーもグループで貸し切ると効率的に遊べます。友人たちと思い切り楽しみながらも、2人の思い出も作る......そんなメリハリのあるハネムーンがバディムーンで実現できそう。

そのほかにも「the knot」によると、熱帯雨林でのキャンプや自然ロッククライミングに参加するアドベンチャー型のハネムーン、エコツアーに参加するボランティア型ハネムーン、食を極めるフーディ型ハネムーンなど今やさまざまなトレンドが生まれているそう。まさに、これらもグループで参加したくなるバディムーンにうってつけのスタイルです。このようにハネムーンも目的意識をしっかりもっていく時代になったのかもしれません。

ウェディングのスタイルも旅のスタイルもますますオープンになっている昨今。私自身がもう一度新婚旅行に行ける機会があるかどうかはわかりませんが、友人としてバディムーンに参加する可能性ならありそうです。大好きな友人を祝いながらゲストとしてバカンスも満喫できるなんて考えただけで楽しそう。大人同士の楽しみがこれからもどんどん増えていきそうです。

photo by Gettyimages

奥井亜輝

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    米国で8人に1人がバディムーン。ウェディングの新トレンド

    FBからも最新情報をお届けします。