1. Home
  2. キャリア
  3. 切り替え上手に聞いた、大人のストレス対処法

切り替え上手に聞いた、大人のストレス対処法

切り替え上手に聞いた、大人のストレス対処法

キャリア女性が、多かれ少なかれ「ストレス」を感じるのは仕方がないこと。切っても切れないものならば、うまく付き合って前に進みたい。そのためにはどのような方法があるのでしょうか。

カフェグローブ編集部がリサーチをおこない、大人の女性が取り入れている「ストレス対処法」を集めてみました

40代女性に聞く、ストレスとうまく付き合う方法

20170613_dicila_2.jpg

ストレスの原因と、客観的に向き合う

「解決できない試練はない」「嫌なことは寝て忘れる」が信条ですが、立ち止まったときは、何が嫌だったのか、なぜストレスに感じたのかを客観的に考えます。ストレスの原因を書き出して、どうすればいいのかをひとつひとつ考えていくと、意外に簡単なことだと気づいたりします。(40歳、会社経営)

「眠らなきゃ」と思うことをあきらめる

心配事があると眠れなくなる不眠がちな体質。そのまま横になっていると余計にイライラするので、起きてしまうことに。書類を読んだり部屋を片付けたりしていると気持ちもすっきり。もし眠くなったら寝ればいいし、そのまま起きて翌日は早く休めばいい。「眠りとはこうあるべき」という概念を捨ててラクになりました。(43歳、出版社)

「第三のグループ」に公平な意見を求める

家族でも仕事仲間でもない、自分なりの「第三者機関」をつくっておき、公平な意見を求めます。フラットな立場の人に話を聞いてもらえば、気づきを得られ、心は軽やかに。その場でストレスをコントロールしたいときは、「自分の上司はアナ・ウィンターよりマシ」と唱える(笑)。私にはかなり効果的な言葉です。(41歳、メーカー)

淡々と走る。頭は整理されて心はすっきり

ダイエットのために始めたランニングを、頭の中を整理するために続けています。デスクで考えるより集中できてアイデアも浮かびます。朝、走っている間に仕事の段取りを考えて、汗を流して会社へ向かう。すがすがしい朝を過ごすようになって、ストレスを感じにくくなった気がします。(40歳、広告代理店)

日記を書く(ただしポジティブなことだけ)、プロのカウンセラーの力を借りるというエピソードも。どの人も、その場しのぎのストレス解消法ではなく、次につながる対処法をしっかり持ち、切り替え上手な印象を受けます。

花の美しさと香りに、癒しを求めて

ほかには、「花を飾る」「お気に入りの香りを楽しむ」という回答も多く集まりました。

・落ち込むことがあっても、長く使い続けている香水の香りをかぐと元気が出る。

・花を飾って心を癒す。リビング、キッチン、ドレッサー、寝室など、あらゆるところに一輪のローズを置きまくる。

・ローズの香りのバスソルトを入れたお風呂にゆっくりと浸かりながら「大丈夫」と自分を癒す。

とくに多かったのが「ローズ」の愛用エピソード。女性にとってなじみ深いローズは、甘く華やかな香りで幸せな気持ちになるだけでなく、ストレス解消やリラックス、美肌、自律神経やホルモンバランスの調整など、女性にうれしい働きが多いことでも知られています

世界最高品質のブルガリアンローズ

20170613_dicila_3.jpg

「花の女王」と称されるローズのなかでも世界最高品質とされているのが「ブルガリアンローズ」。ブルガリアの国立バラ研究所の最新研究によって、ブルガリアンローズが持つ抗老化作用や細胞の免疫力を高める力も明らかにされています。

同じブルガリアンローズでもさらに希少価値が高いのが、ブルガリア国土のたった2%の「薔薇の谷」で栽培され、一年に3週間しか収穫されない花。ブルガリア政府の厳格な品質基準に合格した、いわば政府の"お墨付きローズ"です

開花直前の生命力に満ちたローズを、早朝に一輪ずつ厳選して手摘みをし、新鮮なうちに蒸留所へ。そこで精製されるローズウオーターやローズオイルは、ローズ本来の生命力に満たされています。

肌と心に「心地よさ」をもたらす

20170613_dicila_4.jpg
心地よさを叶えてくれるのが基本3アイテムである、化粧液ディシラ EX オプティマセラム(12,000円・税抜)と、日中用乳液ディシラ EX ディフェンシスト デーリザーブ(5,500円・税抜)、そして夜用乳液のディシラ EX シナジーリザーブ(12,000円・税抜)。

そんな希少なローズの花びらに宿る美の生命力(※)に着目したスキンケアブランドが「dicila(ディシラ)」。肌と心の心地よさにこだわり、希少なブルガリアンローズの恵みと最新の皮ふ科学を融合させた高機能エイジングケアブランドです。

どのアイテムにも「薔薇の谷」で栽培されたブルガリアンローズの成分を配合。ローズウオーターを核とした複合成分が弾力と輝きある肌へと導きます。

ローズオイル(精油)をベースにした上品な香りは、お手入れの間、使う人を深いリラクゼーションへ。スキンケアだけでなく「心地よさ」にまで働きかけてくれるアイテムなのです。

一日2回、朝と夜のストレスマネジメント

ディシラ EX」の特徴は、化粧液、日中用乳液、夜用乳液とそれぞれ4種類ずつ異なるテクスチャーを展開していること。肌への働きかけは同じですが、みずみずしい、まろやか、リッチでコクがある......など、使い心地や肌感触の好みにあわせて、自分の好きなように組み合わせて使えるのです。

化粧品を肌へすべらせるとき、アイテムごとに求める心地よさやテクスチャーは違って当然。つくづく肌と心はつながっていると実感します。製法から成分、テクスチャーまでこだわり抜いたスキンケアを習慣にすることは、それを使う自分の自信にもつながるはず。

朝のスキンケアを経て豊かな気持ちで仕事に向きあい、がんばった自分へのご褒美として肌を整え、気持ちをリセットして一日を終える。一日2回取り入れるだけの「スキンケアでストレスマネジメント」は、忙しいキャリア女性にぴったりの方法かもしれません。

※ ローズの恵みの保湿成分配合

ディシラ

image via Shutterstock

大森りえ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 部屋の印象を決めるのはソファ。見ておきたい最高級店がオープン

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

    9. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    10. 家でバリスタのコーヒーを。IoTコーヒーメーカーで好みの味を再現

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 人生の密度が濃い人と薄い人、差をつくるのは「レスポンス能力」

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. じつは見られてます! アラフォーの「老け感」は◯元から

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 「伝説の美女」のつくり方。ロングセラーの美容法が愛されるワケ

    9. 習慣をデザインすれば人生が変わる。スタンフォード大教授の「デザイン思考」

    10. 元CA漫画家に聞く CREWたちのチームビルディング

    1. ビジネスシーンの3大密室で問われる女のスキル

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 脱・マンネリ食器。2,000円台でできる、ちょい足しダイニングコーデ

    6. 定時で会社を脱出するのに必要なのは「習慣化」だった? しっかり定時に帰る方法

    7. 料理好きがこぞって認めた、ストレスフリーの最高のキッチンとは?

    8. 謝りすぎる人だけが気づいていない、心理的な負担と解決策

    9. ダイエットにカロリー制限はもう必要ない。米研究チームが発表 [The New York Times]

    10. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    切り替え上手に聞いた、大人のストレス対処法

    FBからも最新情報をお届けします。