『ブシュロン』を代表するウォッチコレクション<リフレ>が、2017年、誕生から70周年を迎えます。文字盤を囲む縞模様のゴドロン装飾が光を捉えて反射するこのウォッチの最大の魅力は、ストラップがインターチェンジャブルであること。インビジブル クラスプ システムと呼ばれる特許技術が搭載され、カラーや素材の異なるストラップへと簡単に付け替えられるのです。

20170609_boucheron_1.jpg
<リフレ>本体337,000円〜(ストラップ2本つき)、別売りストラップ26,000円〜(共に税抜)。70周年のアニバーサリーストラップはパウダーピンクやスパークリングブラックなど使いやすいカラーや、ネオンピンク、インテンスイエローなど全8種。

この度、アニバーサリーイヤーを記念し、新しいストラップが8種仲間入り。パウダーピンクのパテントカーフ、コッパーのアリゲーターなど、50色を超えるバリエーションからストラップを変えることでウォッチの印象はガラリと変わります。

キャンペーン動画をチェックしてみてください。ウェアとの色あわせだけでなく、バッグやネイル、手を口元へ近づけた時のリップとのバランスなど、ストラップを付け替えることでいかにコーディネートの楽しみが広がるか、イメージが膨らむはずです。

幸運をもたらすものとして愛された逸話

なおリフレはシャンソン歌手、エディット・ピアフが愛したウォッチとしても有名です。1948年、彼女は『愛の讃歌』を作詞した後、この歌を初めて歌う時に幸運が訪れるようにとの願いをこめてリフレを購入。歌は大ヒットし、彼女はリフレを幸運のお守りと定め、生涯で21本以上購入したと言われています。

20170609_boucheron_3.jpg

そして、このウォッチには秘密が隠されているのをご存知でしょうか。ケースにふっと息を吹きかけると、文字盤のガラスに一瞬だけヴァンドーム広場の円柱のホログラムが浮かび上がるのです。ブシュロンはヴァンドーム広場に最初にブティックを構えたジュエラー。広場で1番陽当たりがよく、ジュエリーの輝きがいっそう映えるであろうと期待を込めて選んだ場所で、メゾンは大成功をおさめました。

ピアフのように縁起を担ぐわけではなくとも、なんとなく、リフレを身につけていると素敵な運がもたらされそうな予感がするので、まずは70周年を記念するウォッチフェアへ、ちらり現物拝見に行ってみようと思います。

ブシュロン

電話:03-5537-2203(ブシュロン カスタマーサービス)

※2017年6月23日(金)〜7月23日(日)の期間、<リフレ>の誕生70周年を記念した「ブシュロン ウォッチフェア」を開催。期間中にウォッチ本体を購入するとスペシャル特典あり。

ブシュロン