cafeglobeの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. ライフスタイル
  3. エルメスのスカーフから生まれたエスパドリーユ

エルメスのスカーフから生まれたエスパドリーユ

エルメスのスカーフから生まれたエスパドリーユ

梅雨入りしたとたん、梅雨明けとそのあとにくる夏休みが待ち遠しくなります。

自分だけのエスパドリーユ

夏、快適に履けるエスパドリーユ。

明るい単色のものが定番ですが、大人の女性にぴったりのものを海外のインスタグラムで見つけました。

どれも「エルメス」のスカーフでできているんです。

スペインの「Respoke」を立ち上げたのは、バーキンバッグの転売業を営み、『おうちにバーキンを連れてって 幻のバッグをめぐる5年間の冒険』の著作でもあるマイケル・トネロさん。

定番コットンのエスパドリーユに飽きてきたトネロさんは、2年ほど前、古いシルクスカーフを使うことを思いついたそうです。

昔ながらの手法で、スペインでひとつひとつ手作り。スカーフのコンディションや靴のサイズにもよりますが、90センチ四方のスカーフからできるのは、せいぜい3足。

つまり、柄の出方などを考えたら、世界でふたつとないかもしれないんです。

そう考えると、新品ではないとはいえエルメスのスカーフから生まれたエスパドリーユは、リュクス感たっぷりです。

デザインの妙を楽しむ

20170615_hermes_02.jpg

夏にぴったりの海モチーフ。左右で微妙に絵柄がちがっているのもプレミアム感があります。

20170615_hermes_03.jpg

赤い部分が左右に斜めにつながっているあたりは、ハンドメイドならではのきめ細かさが感じられます。

20170615_hermes_04.jpg

ひとめでエルメスとわかる馬のモチーフはほぼ左右対象。だけど、馬具が微妙に違っているあたりがユニークです。

こちらは、エルメスの「Daimyo Princess du Soleil Levant」スカーフ。刀のさやの三つ巴がすぐ目に留まります。

どのペアも、柄の組み合わせが絶妙。一足一足じっくり見たくなるアートのようです。

ポップな柄のエスパドリーユも

20170615_hermes_01.jpg

「エミリオ・プッチ」のキュートでポップな柄は、履いたとたんに気分がぐっとアップしそうです。

村上隆がてがけた「ルイ・ヴィトン」のスカーフが......

こんなに楽しいエスパドリーユになりました!

センスあるネーミング

「Respoke」という社名は、「bespoke(あつらえたもの、注文品)」をもじったもの。つまり、ひとつひとつ注文に応じて作るような製品であり、古いスカーフの再利用という意味が含まれているんです。ネーミングもセンスあります。

ニューヨークの「バーグドルフ・グッドマン」では取り扱いがあるので、機会があれば、手にとって見ることができます。

このエスパドリーユを知ってしまったら、ふつうのものではもう物足りない気がします。

[Respoke,Fashion Unfiltered]

Photos courtesy of Respoke

Writing byぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    4. 裏方だからこそ、力がなくては役に立てない/トランスコスモス吉止幸路さん、石井美彩さん

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

    8. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 気になるSATC続編。キムが提案する新サマンサ役は?

    1. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    2. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 他人に人生をコントロールされないために、絶対に守り抜くべき一つのこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. グルテンフリー、必要ない人には逆効果という研究報告 [The New York Times]

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. アルマーニのグロークリームで最強素肌へ

    9. 箱根駅伝トップ校から学ぶ、チームを伸ばすマネジメントテク

    10. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. ホテルスタッフに聞いた、記憶に残るおいしい大阪グルメ

    3. 見直すべきは◯◯費。プロが教えるお金の貯め方

    4. なぜかお金が貯まらないわけはラテマネーにあった!?

    5. 好かれるとはちょっと違う! 職場で尊敬される人になるには

    6. 走り続けていたら、みんながついてきてくれた/日本マイクロソフト 三上智子さん

    7. 「味わう」を意識すると人生は豊かになる。ソムリエ・佐藤陽一さんの哲学

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    10. すでにアラフォーの半数以上がはじめてる。2018年の自分磨き事情

    エルメスのスカーフから生まれたエスパドリーユ

    FBからも最新情報をお届けします。