マイナスイオンに包まれるマスカラや、VVエリアに着目したブラシ内蔵型コンシーラーなど、ユニークな製品が揃い、新製品発売の度に「うおー!」と唸らされるブランド『フローフシ』から、またまた面白いアイテムが登場します。今度はリップケアもの。

リップもグロスも塗らない、素の唇の色に自信はありますか? 私の答えは「なし(即答)」。昔はリップの色がきちんと出ないほど、赤い色だったはずなんです。が、表皮が薄く、ほぼ粘膜ともいえる唇は、血流が悪くなるとそれが如実に反映されるパーツ。ゆえに加齢とともに、どんどん青みを帯びてきてしまいました。

フローフシの新製品<LIP38℃>は、理想的な唇の血色を実現するのが唇温度=38℃であると定め、リップ温度をコントロールするアイテムです。

唇の色に合わせて温度をチューニング

20170703_flowfushi_1.jpg
<フローフシ LIP38℃ リップトリートメント>全5種 各1,600円(税抜)。2017年7月7日(金)発売。コーラルオレンジの「+5℃」、コーラルピンクの「+3℃」、ベビーピンクの「+1℃」、クリスタルの「±0℃」(WEB限定)、アイスグリーンの「-2℃」。

血行が悪く青くくすんでいる、あるいは色素沈着が気になる場合は「+5℃」、色素が薄く赤みが足りない場合は「+3℃」、ほんのり血色感を与えたいなら「+1℃」、血色はそのままに透明感だけを与えるなら「±0℃」、赤みが強すぎる場合は「-2℃」を使います。

リップ製品に配合されるのは世界初となる成分

このリップカラー・チューニングをかなえるべく配合されたキー成分は、2種類

1つはブランドを代表する独自美容成分、天然ミネラル鉱石から採取するエンドミネラル®(※)。そしてもう1つが、唇フローラです。人間本来が持つ潤う力を高めるため、"潤い菌"とも呼ばれる肌の常在菌に働きかける乳酸菌"ラ・フローラ"が、リップ製品として世界で初めて配合されています。

20170703_flowfushi_2.jpg
唇にぴったりフィットさせるため、斜面角度を32度、日本人の平均的な唇サイズに合わせた8.5mmに設定したアプリケーター。

冒頭でも述べましたが、唇は表皮が薄く、ほぼ粘膜。よってターンオーバーが早いパーツでもあります。約1週間で表皮が生まれ変わるので、ケア次第で早く結果が得られる可能性を秘めているのです。なんて、夢のある話!

唇自体が美しくなれば、食事の際や忙しくてメイク直しができなかった時、「リップはげちゃったかな、いま、大丈夫かな自分......」と不安に駆られる必要はなくなります。素の自分(唇)に自信を与えてくれるケアアイテムです。

※ガーネット末(保湿成分)

フローフシ

電話:03-3584-2624

フローフシ